みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

今夜は久しぶりに星が見えていて、2時間ほども縁側に寝そべり山羊座やみずがめ座の星々、アンドロメダ銀河などを目に焼き付けてきた。
このところはずーっと天気が悪く、稲刈りが出来ぬまま今日になってしまい、この先もまた雨になる予報が出ていたので急きょ稲刈りを断行し、どろどろぐちゃぐちゃの田んぼで機械を押しながら何とか刈り終えた。こんな大変な稲刈りは初めての事、しかも今になって真夏日の気温になり顔がジリジリ焼けているのを実感しながらの作業だった。そんななか。
・・・家族が、面白いシイタケ見つけたよと見せてくれたのがこれ。
b0100253_22123236.jpg
パン?これパンじゃないの?でも香りも触感もしいたけだ。気候が変だからきのこまでおかしなのが生えたか。我が家のきのこたちは順調に育ち、少しだけビジターセンターに並べられるようになってきた、でもすぐに売れてしまうのでたくさん並べられるにはもう少し時間がかかるかも。
およそ一か月間も天気が悪く、星空の見えない日々が続いていたので、今夜の星空は凄く貴重。もう遅いけどまた縁側に降りて秋の星座を見てこようと思う。
# by phyton_info | 2016-09-27 22:19 | 農業 | Trackback | Comments(0)
一日一日が足早に過ぎ去り、あれはいつの事?なんて思い起こしても遠い記憶になっていくほど。
過ぎ去るのは記憶だけでなく、そう台風16号も太平洋沿岸部を足早に通り過ぎ、各地では被害もあったそう。ここ山梨でも避難準備情報が出たところもあった。
台風が通り過ぎたみずがき湖では一気に気候が変わり、涼しく、公園のあちこちにとちの実や怪しげなキノコも生えてきた。
・・・そして、今年も始まった紅葉。
b0100253_1453593.jpg
みずがき湖公園の樹木はいち早く紅葉を始める。その一番手が満天星つつじ、満天星とかいてどうだんと読むのです。ここにぴったりの名前なので天文愛好会のシンボルフラワーに・・との声も上がっている。
b0100253_14554239.jpg
山々の紅葉が始まる前にこうして低木やもみじが赤くなり、やがてその色は山の樹木に移っていく。こうして公園を歩くのも久しぶりだ。
b0100253_1591528.jpg
桜の木の中に赤い葉を見つけた、何気ない一枚の葉の形と色を見て歩くのも楽しいと感じた。
さあ、いよいよ増富みずがき湖の紅葉がスタートしますよ。
# by phyton_info | 2016-09-21 15:07 | 自然 | Trackback | Comments(0)
17日土曜日のこと、天文愛好会の勉強会当日なのだが、朝から用事が入ってバタバタしつつ何とか昼過ぎにはビジターセンターで準備に入った。情報によると前日から現地入りしていたKさんが周辺にいるらしい、駐車場にはももんがさんの車も停まっていて・・まだ開始時間には早いが、みなの気合の入れようには頭が下がる思いだ。
14時前にはパソコンやらハードディスクやらお茶やら二階に運び、他のメンバーの到着を待ちながら、先発隊でもう勉強会が始まった。
やがて一人また一人と会員が集結し、総勢7名での勉強会が始まった。
・・・中略、内容はかなり濃密な画像処理についての勉強で、学生時代の授業のように静かに説明を聞いたり質問したり、お茶や食事を挟んでおよそ6時間ほども熱心に勉強をした。
普段せっかく一生懸命撮影しても画像処理はお気軽処理の私、Kさんや他メンバーに勧められステライメージでのコンポジットをRAW現像からベイやー配列でのコンポジットに変えてみることにした。
せっかくの勉強会の成果を示さねばとの使命感?から今まで何度もてこずっているNGC253を再々々処理してみた。
b0100253_21223225.jpg
少しは成果が出ていると思うのだが如何なものか?相変わらずフラットが撮ってないためフラットエイドによるなぞり効果でそれとしている。保存形式も変え、各処理の工程には前より数倍の時間を要した。
背景になじんだ透明感みたいなものを出したかったのだが今回も少し浮いてしまった。このNGC253をはじめ、ベイやー配列でやり直すべき天体は沢山ストックがあり、これから先ががおもいやられ・・いやいや楽しみだ。30センチニュートンも自動導入となり、秋から冬場に出来るだけ撮影をしたいと思う。
・・・勉強会は最終的に夜10時ころまで続き、雑談も沢山して有意義のうちに終わっが、実のある内容だったので、途中逃げ出したくなるほど頭を苦しめた場面も。
個人的に思うのだが趣味とは出来る限り追求し、やり遂げる過程では努力、苦しみ、辛さも味わうほうが後の達成感は大きく、日々生活していくうえで掛け替えのない栄養となると感じている。
今回もハードな面、優しいお話し、談笑ありと、これから天体写真に挑戦される方にも大いに役に立ちそうな勉強会、今後も同様の事を続けていこうと話し夜遅くに解散となった。

・・ビジターセンターのお客様で星や宇宙に興味をお持ちの方が増えてきました、晩秋のころ駐車場など市民観望会の開催も検討しています。みずがきエリアが気軽に星空に親しめる場所となるよう工夫していきます。
# by phyton_info | 2016-09-18 21:41 | 宇宙 | Trackback | Comments(4)
台風は来るか来ないか・・。雨は降る?毎日天気とにらめっこしていた。そして刈っちまえ、と田んぼにバインダーを運び我が家の田んぼ一年生の私が稲刈りを始めた。エンジンは調子いいが紐のかけ方分からんし・・それで知り合いのおじいちゃんのところへ聞きに行き無事結束するようになった。
b0100253_2173379.jpg
のどかな山村風景をチラ見しながらこちら必死で稲を刈り、やがてすべて刈り終えた。でも刈った稲の束をウシと呼ばれる棚にかけなければならない。それでいつやるか思案していたが、いろいろかけ持ちなので時間が悪戯に過ぎていくのだ。温和なつもりの私がイライラしているのが見て取られたかもしれない。
b0100253_2114376.jpg
会議が終わったのはもう夕方、慌てて息子と二人で資材を運びウシにかけ始めた。もうすぐ暗くなるのだがようやく先が見え気持ちも落ち着いた。集落の岩山にかかる霧を眺めながらせっせと作業を進め薄暗くなった田んぼで後片付けをした。なんとなく要領を得たのでこの先の田んぼも何とかなりそう・・。少し安心したのでシイタケハウスにもよりキノコの発芽を確認し帰宅した。
今日もみっちり働いて、いよいよ明日はみずがき天文愛好会の勉強会当日。天体画像処理に興味のある方どうぞ明日14時からみずがき湖ビジターセンターにお越しください。
# by phyton_info | 2016-09-16 21:21 | 農業 | Trackback | Comments(0)
勉強会?何の?と思いますが、今回計画しているのは天体写真の画像処理勉強会です。7月に発足した北杜市みずがき天文愛好会のメンバーと興味のある一般の方向けです。日頃暑さや寒さ、虫刺されや獣の雄たけび、徹夜での観測など、苦労に苦労を重ね撮影している天文家の皆さんの写真、それを皆の知恵や技、感や思いつきも含め、良い天体写真に仕上げるための勉強会です。
時・・9月17日土曜日(14時から)
所・・みずがき湖ビジターセンター2Fみずがき天文愛好会特別観測ラボにて
当日はゆっくりお茶もしたりご飯も食べたり、温泉などもいいのでは。夜には満月の光で「月光浴タイム」もいかが。
難しい話もゆるーい話もしながら画像処理について学びます。

参加には申し込みはいりませんが、行けたら行くよ・・的な連絡もらえると嬉しいです。会員以外にもこれから天体写真や星景写真を撮ってみようという方も是非ご参加ください。

みずがき湖はもう秋、売り場には秋の野菜や梨、クルミなどの味覚が並び、涼しい風が通り抜けますよ。
# by phyton_info | 2016-09-11 21:30 | 暮らし | Trackback | Comments(0)
五月から続けてきた田んぼの水見、稲刈りを目前にしてすでに水は止めた。毎日歩いていたあぜ道に大きなカラフルクモの巣が邪魔していた。最初のうちは糸を切って通っていた、そうしているうちにこのクモ君、糸を張る角度を変えて私の通り道を確保してくれた。
b0100253_21385386.jpg
水見に行くたび「おっす」と声掛けして・・見た目は怖いけどすっかり友達感覚。
# by phyton_info | 2016-09-09 21:39 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)
自分はきっと米作りをすることは無いだろうと思っていた。手間も費用も掛かり天候にかなり左右される米作り。買って食べても同じこと・・なんていう話を聞いたこともあった。でも我が家には田んぼも畑もあり、4月に家族とコシヒカリの種をまき苗が育ちつつあった。そんなころじいさんが急死してしまったので、田んぼなどやってられん・・と思ったのだが、せっかく途中まで育てた苗を試しに植えてみるか・・。と五月下旬に田植えをした。見よう見まねの手探り神頼み?あれから5か月ほど、水の管理雑草の管理、畔草刈り、一番厄介なのがシカやイノシシの害獣除け。色々大変な思いもしたが今になってみれば植えてよかった、やってよかった、すべてが勉強になった米作り一年生。
今、収穫を目前にし田んぼの淵に立つと色んなことを思い出す。
b0100253_23575661.jpg
風は秋風、稲の黄色いじゅうたんが風に揺れ、しばらく立って思いにふけっていた。
# by phyton_info | 2016-09-06 23:59 | 農業 | Trackback | Comments(0)
天気予報はくるくると変化し、雨?晴れ?なんだかわからなくなってしまった。ただここにきての残暑は厳しく、ビジターセンターにいても田んぼにいても何処にいても暑いのだ。
・・・ご存知の通り私?我が家は昔からキノコ栽培を生業とし、大量のシイタケその他キノコを生産してきた。そして今年じーさんが他界し、私の育てるべきキノコは今までの三倍になったのだ。夏の初めから暑い中ヒーヒー言いながら作業を進め、新しい菌床へと入れ替え、今では菌が塾生を進めている。
少し前から散水し、最低気温が下がり始めたと思ったら・・・。
b0100253_23271092.jpg
なんと・・。もう出てきたではないか。ちょっと嬉しくてスマホでパチリとしてしまった。秋から来春にかけ大量のシイタケを出荷するのだが、幸い「美味しい」と言ってくれてシーズンには連日沢山のシイタケが売れていく。
シイタケいつ並ぶの?と聞かれて、秋から・・。もうすぐ我が家の肉厚シイタケがビジターセンターや道の駅に出荷となる。今年も沢山のシイタケを食べて万病の予防にしましょぅ。
やっぱ秋もいいなー。
# by phyton_info | 2016-09-05 23:34 | 農業 | Trackback | Comments(0)
台風のスピードが上がらず、予報に反してお天気+暑さの続く北杜市、でももちろん朝晩は肌寒さを感じ、私の楽しみ夜の縁側での夕涼み&星見もいよいよ肌寒さをおぼえている。今夜も雨は降らず南の空に山羊座やいて座の星々が見えている。
九月の第一日曜なので郷役と言われる集落の共同作業が3つ重なり、一日中草刈機をブンブン回していた。夕方近くにようやく郷役を終え、ビジターセンターに向かった。日曜日なので今日も忙しい様だ。
みずがき湖公園を見回すと色んな所に咲いている綺麗な鉄砲ユリが目立つ。
b0100253_21174932.jpg
よく見ると綺麗を通り越してカッコいいという方が似合うかもしれない。敷地を草刈りするときなるべく切らずに残しておいたからあちこちに点在して咲いている。
中央のロータリーにはピンクの百日紅の花も咲いていて、いよいよ秋の花でいっぱいのみずがき湖。でも花をゆっくりとみている暇はなく、ビジターセンターに合流しソフトクリームやらレジやら観光案内も・・。五月以来いろんな方に助けられながら満載の仕事をこつこつとこなし、少し時間の使い方がうまくなったような気もしている。今はきっとこれでいいのだろう。
# by phyton_info | 2016-09-04 21:24 | 山野草 | Trackback | Comments(0)
先日ついに私の30センチニュートンが自動導入化した。搭載する赤道儀は35年も前のタカハシ160J型だ。古い赤道儀も自動導入機に改造出来ることを知り、高価なモータやコントローラに変えた。
「E-ZEUSⅡ」というシステムだ。古い機材はあまり躊躇せずにいじれるので私のような天文屋にはとても楽しい改造だ。
さっそくそれをテストしたのが昨日のNGC7293だ。オートガイドも上手くいくことが分かり増々楽しさが倍増。そしてついに観たぞ聞いたぞ撮ったぞ・・「ステファンの五つ子」
b0100253_22334064.jpg
画像が悪いのは空が曇ってしまいそれを承知で撮影していたため。一枚だけの撮影だが、過去に手動導入で一生懸命・・一度に一時間以上かけて目を凝らして捜し、何年もとらえることが出来なかったステファンの五つ子なのだ。
五つ子とは画面中央やや左の淡いごちゃっとした銀河群がそれだ、距離がなんと一億光年以上もあるという。これだけ淡い天体になるといくら手動導入に慣れていてもそう簡単にはとらえることが出来ないはずた。
それが・・星図で指定してボタンを押すと視野にちゃんと入ってくる。手動人間が自動化に大喜びした瞬間だった。これで増々天文に夢中になること間違いなし。

さて、みずがき湖は?すっかり秋に、昼間の残暑はあるものの満天星つつじやもみじが少し赤くなってきた。秋のみずがき湖や増富温泉は静かでゆっくりと観光できます。そろそろ紅葉狩りの下見にでも出かけてみませんか?
# by phyton_info | 2016-09-02 22:43 | 宇宙 | Trackback | Comments(0)
ブログトップ