ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

明るいラブジョイ彗星・・・

頭の中はすっかりアイソン彗星のことを忘れていて、気持ちはもっぱらラブジョイ彗星、昨夜は良く晴れていて、自宅の上にある宙友の観測所には何人かの天文家が撮影に来ていた。私は撮影するつもりはなく、見学ということで現場に行っていた・・が、いったん自宅に戻るとどーもラブジョイ彗星のことが気になり、何と・・0時ころみずがき湖へと向かってしまった。少し無謀とも感じていたが彗星には勝てなかった。
機材をセッティングして、私のセッティングは30分で終わる超スピードもの・・・夜食を食べながら何を撮ろうかと星図とにらめっこした。  時間に余裕があったので彗星までの時間は冬の天体を撮影して過ごしていた。
そろそろ・・と明け方4時近くにラブジョイ彗星は上がってきた。前より明るく肉眼でも見ることが出来た。
b0100253_2159107.jpg
これは15ミリの広角レンズ、かんむり座の左の方に彗星がちょこんと見えている、でも広角だと殆ど気づかないくらい小さい。
b0100253_215911100.jpg
今度は85ミリ中望遠、さすがに長い尾が写って、綺麗な彗星だと分かる。実は写真の時間は前後していて、これらを撮る前にちゃんと望遠鏡でも撮っていた。
b0100253_2211422.jpg
今まで良く分からなかったMTへのレデューサー装着が、なんと簡単なことで出来て、期待しながら鏡筒を向けた、焦点距離が750ミリくらいだろうか?  長い尾の一部ではあるが、核から複雑に伸びる尾は印象的で、眼視でみても綺麗に見えていた。
b0100253_2251833.jpg
撮っているうちに、もつと拡大したくなって、今度はコレクターを装着し、1200ミリにした、核はとても明るく青?エメラルドグリーン?の色が凄く綺麗で思わず自分で歓声を上げてしまった。
ラブジョイ彗星を撮影できる時間は限られていて、その中でレンズやパーツを取り換えるのはほんとに忙しくややこしい、終わるころには疲れ果ててしまい、そのまま投げ出して爆睡したかった。
一旦部屋でお茶を飲んだあと、薄明の空の中、望遠鏡をかたつけ、しばし眠りに就いた。

追伸・・今日一日の仕事は体が重くだるく・・しかし綺麗な彗星を励みに最後まで頑張りました。
by phyton_info | 2013-12-08 22:13 | 宇宙 | Comments(0)