ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

みずがき湖に星は降る・・・

銀河の下で望遠鏡を操り銀河の下で時々寝る、梅雨本番のこの日は夜遅くから奇跡的な回復を見せ、みずがき湖に到着するころには満点の星だ。
少し勘違いの望遠鏡ミスをしながらも撮影は続き、銀河系中心部か白鳥座辺りの銀河に向かっていた。
この貴重な星空に是非撮っておきたい天体があった。そう網状星雲だ、超新星爆発の残骸が今でも広大な宇宙を漂う姿が網のように見えることからそう呼ばれている。
b0100253_17333754.jpg
網状星雲の位置も頭に覚えているので星図を見ることなく手動で導入し、カメラファインダーで確認しながら構図を決めた。この天体はとても淡く、肉眼では見ることが出来ない。5分間露出したモニターに微かにその姿は浮かび、画像処理でより詳しい形が現われてくる。
あまりに淡いので星雲を強調してカラーバランスが分からなくなってしまった。しかし網状の星雲が漂う姿はお分かりいただけるだろう。
日にちを一日間違えてセットしたためにどうしても流れてしまう恒星、このときは原因が分からなかったので露出を短くして対応した。
すでに銀河は西へと角度を進め、気が付くとイルカ座、ペガサス座、カシオペアも高く上がり、秋の星空になろうとしていた。
もう時間が無い、夜明けが始まる、焦る気持ちに一つの流星が落ちた。
by phyton_info | 2014-06-27 17:43 | 宇宙 | Comments(0)