ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

銀河系外宇宙・・・

土曜の晩、どうしても撮影をしたくて次の日の仕事がきついのも承知でテラスに望遠鏡を組み立てていた。撮りたい天体はいろいろあって、何から撮ろうかと頭の中でぐるぐる考えて、まずはアンドロメダを撮ってみた。宙の状態がとてもよく、アンドロメダもよく写り、気を良くしながら次なる対象天体NGC891を探し始めた。
891もアンドロメダ座にあり、微光星をたどれば容易に導入できると思っていた。探し始めてからすでに15分が過ぎ、一向に891を捕えることが出来ない。ファインダー内の微光星を辿り、その配列から主鏡にも入っているはずなのだが眼視で確認できない。場所が違うのか・・?目を凝らして何度もチャレンジするがやはり見えない。
半分諦めていたとき、30年前にこの天体を撮影した時の事を思い出し、891はとても淡くもしかしたら目に見えていないだけで、写野には入っているのかも・・・。そこでISO6400に上げ20秒の露出をしてみた。
なんだー、ど真ん中じゃん。
ようやく本撮影に取り掛かった。
b0100253_2017392.jpg
エッジオンタイプの銀河891は中央に暗黒帯が横切りすごくカッコいい銀河だ。今回は180秒を10コマ撮り、うち8コマをコンポジットした。少し強く処理したため暗国体が崩れてしまった感がある。すごく懐かしい感じがして、30年前に撮影した時の記憶がよみがえっていた。
b0100253_20194158.jpg
大きくトリミングしてみた。やっぱりカッコいい銀河系外宇宙だ。無理してでも撮りに来て良かった。とはいえ私の自宅は10分のところ、遠くから暗い空を求めて遠征に来る天文家には申し訳ないほどの環境下。
よし、このまま朝まで撮ってやろう、一ケタまで冷え込んできた星空の元でテラスに寝転がり肩肘ついて星図を見始める。
何度も大きな流星が飛ぶなか、星空三昧が続くのだ。
by phyton_info | 2014-09-22 20:25 | 宇宙 | Comments(0)