ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

更に遠くへ、アンドロメダ・・・

日付はもう22日早朝だ、後輩のはち君となかなか晴れないねと、曇り空の下でテラスの床に寝転がり星空を待っていた。時刻は1時半頃、東の宙が少し開けてきた。よく見ると微かにアンドロメダも見える。行けるか?
BKP300をアンドロメダに合わせ、急いでリモコンを押した。ピントなどはそのままでいいやと、とにかく撮影を始めた。
b0100253_2014735.jpg
1500㎜ともなると当然銀河ははみ出し、バルジからおよそ半分を画角に入れたつもりで撮ったのがこの画像。ISO1600 180秒×2コマコンポ。アンドロメダでかすぎ。以前のBKP250 F1000㎜と比べてみた。
b0100253_2045764.jpg
二分の一銀河の撮影には1000㎜の方が良さそうだ。ただ、この1500㎜の焦点距離は他の小さい銀河や惑星状星雲には威力を発揮しそうだ。
・・・また曇ってきましたねと、はち君の言葉に応える気力も無くなりかけ、解散撤収となった。
再び30センチの鏡筒バンドを緩め気合で持ち上げた、館内の床に卸そうとしたとき「おっとっと」危ない、でも堪えてセーフ、危うく倒すところ。・・汗。

まだ色々撮りたい気持ちは有るものの、少しづつ試験的な事も取り入れ進歩しようとしている。この梅雨時も何日も星空を求めて、たとえ短時間でも撮影をした。こりゃ一年中大変なことになりそうだ。
今回の新月期もそろそろ終わり、8月にはペルセウス群も待っている、疲れるけど止められない綺麗な星空観測。是非いろんな方にも体験してほしい。

星を観たくなったら私まで連絡ください。
by phyton_info | 2015-07-23 20:16 | 宇宙 | Comments(0)