ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

BKP300鏡筒の謎・・・

前から一部で言われていた、BKPや、ケンコー製の大型反射鏡筒の謎。一生懸命極軸を合わせ、順調な追尾をしていると思ったはずが、「あれっ動いてる」なんてことが度々あって、天文仲間と話したのが、鏡筒バンドからのズレだ。
それら大型反射鏡筒は、ミラー部分がとても重く出来ていて、それを保持するためにバンドのネジを固く締めていたが、先日やっぱり動いていた・・5ミリくらい下がった。
b0100253_15214218.jpg
天体を追尾して天頂付近に達するとそのズレが発生しやすくなる・・ようは、鏡筒が下にズレ落ちるのだ。天文家の皆さんがあれこれ対策していると聞いて、私も簡単に出来そうな対策を施した。バンド内側のアールの部分に4か所ゴム版を張ってみた。これでどうなるかはまだ試してない。

なかなか晴れないこの頃だけど、少しの時間を見つけては望遠鏡の整備も続けている、BKP300の天体導入用に、ケンコートキナー製MILTOL200ミリを300の鏡筒背中に搭載し、眼視での導入をサポートしてもらおうとしたり、大型の星雲撮影用のMT160を整備したり・・、大変だけど楽しみでもあるこれら整備。
来月の新月期には満点の星空が見られるだろうか?
少し蒸し暑さを感じるみずがき湖でお客様と星の話に花が咲く。
by phyton_info | 2015-08-23 15:31 | Comments(0)