ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

22日のカタリナ彗星・・・

昨夜、溜まってしまっていた書類を作るべく、夜になってから再びビジターセンターにやってきた。
午後まで降っていた雨は上がったものの、夜の冷え込みでアイスバーンになり危ない道路状況だった。ご飯を食べすぐに書類に取り掛かり、割合早くひと段落着いた。
冷たい空気を吸おうと外に出ると綺麗な月が出ていて、だんだん気持ちが星空へと寄っていった。
22時ころにはついに観測所を開け、機材をセットし始め、試験的な撮影を始めた。あれこれ試しながら時間は過ぎ、もう夜中の2時。もうすぐ月が沈むころ。
この時間は特に眠気が来る時間、でも少し頑張ればまたまたカタリナ彗星が見えそうだっ。
午前3時40分頃、東の山の上にカタリナ彗星を確認し、撮影体制に入った。
b0100253_18362696.jpg
あまり彗星の情報を確認していなかったが、大よその場所に双眼鏡を向けるとすぐにそれと分かった。BKP300のファインダーでも簡単に導入でき、構図を調整後すぐに撮影を始めた。
BKP300 F1500mm ISO1600、100秒×25コマを彗星核でコンポジット・・なのだが、何だか少しおかしな感じか。細かな構造が見えてきたのでまあいいか・・で処理。彗星はゆっくりと移動していて、モニターに上がるたびにワクワクしながら見ていた。
今回使用した天体望遠鏡がこれ・・。
b0100253_18434535.jpg
スカイウオッチャー製のBKP300だ。架台はタカハシの160Jに載せノータッチガイドで撮影した。
少し前にも報告したが、現在私は天体望遠鏡の販売店をしている。今回彗星撮影に使用したBKPシリーズ明るくシャープなニュートン反射、ミラーの精度も良く、コマコレクターと併用で良好な星像を結ぶ。口径130mmから私の使っている口径300ミリまで色々なラインナップがあり、嬉しいのがとても安価で販売していること。ここビジターセンターでも各機材販売しているので、興味のある方は実機と共に見に来てほしい。
もちろん私の所でもかなりの安価で販売中。
冬は寒いけど星はとても美しい天文オンシーズン。観望に撮影に、星に少しでも近づいてみませんか?
by phyton_info | 2015-12-22 18:51 | 宇宙 | Comments(0)