ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

ミルトル400㎜f6.7+EDフラットナーで・・

久しぶりの更新。
少し前にトラブルで修理に出していたパソコンは初期化となり、今からいろいろな設定のやり直しをすることとなった。ただデータは何とか取り出してもらい、天体写真も消えずに残ったことは良かった。
日頃のバックアップを面倒くさがり、このパソコンは壊れないなどと信じていた馬鹿な私なのです。
・・さて、このPCが壊れる前に自宅の庭で撮影していた天体写真だが、お世話になっているケンコートキナーさんからの依頼で「ミルトル400 f6.7」+「EDフラットナー」の組み合わせでのテスト撮影を行った。以前のテストでミルトル単体ではコマ収差が目立ち、周辺の星はゆがんでしまっていたが、今回ケンコートキナーさんで開発されたEDフラットナーを取り付けるとこのような画像となった。
b0100253_222249.jpg
自宅の屋根に迫っていた大熊座のM81.82と周辺銀河をiso1000、360秒×8コマコンポジット、ス5テライメージで調整したもの。
星像も小さくシャープになり、周辺の収差も消え、とても良好だ。M82のバーストもわかり6センチ屈折としては良い写りだと思う。(調整の未熟さは勘弁)
下にフラットナー無しの画像を紹介しておく。
b0100253_2211680.jpg
「北極星に近づいたラブジョイ彗星」と見比べてみてほしい。対象天体は違うものの、今回発売されたEDフラットナーの効果がよくわかると思う。
ミルトルを所有していて、またはこれから購入を検討している方、EDフラットナー使用でとてもシャープな天体写真が撮れるはず。
また、今回の撮影に合わせて購入したQHY電子極軸望遠鏡だが、買ってよかったと思える優れもので、今後の撮影も楽しみにしている。
まずは近況報告まで。
by phyton_info | 2016-06-12 22:20 | 宇宙 | Comments(0)