ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

小さな宝石を糸で結ぶ・・・

3日の晩、届いたばかりのEOS6D改で画角を見るために撮影したすばる。ずはるは古くからの日本名で、小さな宝石を糸で結ぶ・・というような意味があるらしい。今まで色んな望遠鏡で何度も何度も撮影してきたすばるだが、フルサイズカメラでの撮影は初めての事。前回一枚物を調整した画像を載せたが、今回少しばかりの時間に(あわてて)11コマをコンポジッとしてみた
b0100253_2314925.jpg
。画像処理しているうちに、あれっ?すばるはどんなだっけ?と深みにはまっていきそうなところを抑えて調整した。途中フラットが効きすぎたり、サイズが違ったりで、やり直したが結局ダークもフラットも適用しなかった。肉眼で見ても望遠鏡で見ても美しいすばるだが、なかなかお気に入りの写真にはまだ遠いと感じた。星空の夜には沢山の天文家が撮影に来るみずがき湖、皆遠くから重たい機材を積んでやってくる。しかし私はその星空の元に住まい、頑張ればいつでも撮影できる環境だ。何だか多忙になってしまいいつでもとはいかないが、大型の機材でなくても出来るときにシンプルなシステムで星空を記録し表現もしていきたいと思うようになった。
by phyton_info | 2016-12-09 22:32 | 宇宙 | Comments(2)
Commented by KEN at 2016-12-10 21:38 x
こんばんは!
EOS6D改、やっぱフルサイズは潜在能力が高そうですね
「いつかはフルサイズ!」とは思うものの、やっぱり手がでません^^;

あぁ、しかしいつも思うのは「いつでも撮影できる環境だ」が羨ましいなと
まあ本気で老後は九州に住もうと考えているので、今は我慢して遠征に出掛けるしかないですね
でもな~、せめて自宅から1時間圏内で天の川が見える環境だったら
なんて思ってしまったりします
Commented by phyton_info at 2016-12-11 15:38
KENさん、6Dの画角には驚きました。またノイズも少なく写りも良いです。私には高い買い物でしたが、使ってみて良かったと思います。おっしゃる通り私の住んでいる環境は天文をやるのに最適で、撮影にも備え付の機材やAC電源も使えるのは幸せです。皆さん遠くから観測に来られて頑張っていますが、少ないチャンスだからこそ計画的に良い写真が撮れているのではと感じます。私のような環境に住む星屋は稀で、こういう環境から天体写真や天文情報を発信するのも誰かの役に立つかなと思っています。いずれ星空環境の地に移る予定とか・・九州の事は見当がつきませんが、アクセスのよい観測地が色々あるといいですよね。是非みずがき湖もその一つにして、天文活動を続けてください。