ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

誰もいない星空の下で・・・

16日夜、あまりに綺麗な星空に誘われ星空に漕ぎ出していた私、新しく組み替えた二台の望遠鏡の追尾テストをしていた。今後に備えてと、追加購入したガイドカメラをそれぞれのガイド鏡に取り付け、二台のパソコンを操作し作業は進んだ。
EM200のガイドにPHD2を使おうとしたがなかなかうまくいかず、PHDに切り替えようとしたが、そのアイコンが見当たらない、そうだ、3台目のパソコンに入っていると気づき、一階に降りて探し始めるも、広いセンター内、パソコンを何処にしまったのか思い出せない。何度も諦め別の作業をするが、やはりPHD2だとダメだ。
冷たいお茶で頭を冷却させ、3台目のパソコンを探し当てた。・・・しかし今度はパスワードを忘れていて起動しない。こんなことをしているうちに大きな月が上っていた。
ようやくパスワードを突き止め、ガイドカメラとつないだのが夜中の1時だった。本音はもうやめて寝てしまいたかったのだが、頑張って追尾テストを続けた。
そして、何か天体を・・と、M13をEOS6Dに入れてみた。こちらのEMは手動導入なのだ・・・。
b0100253_21452286.jpg
眠い目をこすりながら露出開始、300秒の追尾+180秒をコンポジッとした。追尾はおおむね良好で、25cmF4の反射にフルサイズ一眼、すごく広い写野が嬉しい。
・・・少し前まではどちらの望遠鏡も手動導入、ノータッチガイドで撮影していたのが、短期間で自動化出来たのは嬉しいし、愛好会や天文仲間のアドバイス、そして何より家族の理解というのが大きい。
テスト撮影も終わり、明日に片づければいいか?と思ったものの、朝から仕事もあるので重たい観測所をよいしょと閉めめ始めた、もう月は高く、辺りが白く明るい、気温も下がり肌寒かったが少しだけ星空を仰いだ。今夜のみずがき湖には誰もいない。あたふたしたものの綺麗な星空を独り占めしていた。
by phyton_info | 2017-06-20 21:54 | 宇宙 | Comments(0)