ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

冬前に撮ろうNGC253・・

20日の夜、良く晴れていたので天体撮影をし、夜中に急に雪が降ってきた話をしたが、この夜は新しく導入したフィルターをテストするのが目的だった。撮ってだしのビュー画像が、画像処理したように写ってる感じの凄いフィルター。これで何を撮ってやろうかとまたまたノープランの私は宙を見上げてバブルを撮るか、馬頭は早い、それで南側の低空少し光害のある領域に達していたNGC253を選んだ。
くじら座βの少し下と認識していたが、自動導入ボタンを押した30センチ鏡筒は予想よりずっと低空で停止した。こんなに下だったか・・。フィルターの効果はどうだろう?とテスト撮影を始めた。
Kさんなどからフィルターを付けたら露出を長くしないと、と言われていたので露出はそのままISO感度を高くしてみた。ISO2000、360秒での画像はオーバーで白くなってしまった。さすが大口径という事か、そこでいつもより少しだけ高いISO1600で360秒の露出と決め、撮影に入った。
b0100253_2246128.jpg
長時間撮影をしたいものの、馬頭星雲も待ってるし、雲も通過するしで結局15コマの収穫となった。処理した画像を見てお分かりのように、銀河などの天体にはLPS-D1の特別な効果は見られないが、おそらく低空の光害はカットされたのだろう。何度となく仕上げたものの、拡大するとまだら模様が目立ち、どこかで強く処理をかけすぎだと思い、一手順ずつどこでこのまだら模様が発生したのかを突き止めながら再々と処理をしていた。
そして、今回はこのくらいだろうと仕上げた。
NGC253を撮り終えるころにはオリオン座も上り、今度は25cmに6Dを取り付けフィルターも装着し撮影の時を待っていた。
暖かな部屋の中で薄着になりくつろいだ、カップ焼きそばも美味かった。
このあとまさかの雪が鏡筒に積もることとなるのだ。
by phyton_info | 2017-11-23 22:54 | 宇宙 | Comments(0)