ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

2017年 04月 08日 ( 1 )

ビジターセンターで今月から始まった「みずがきの星空写真展」、来店するお客さんが奥のギャラリーに行き、熱心に見ていた。まだそれほど多くのお客さんは来ていないが、沢山の星空写真は見る人の目をくぎ付けにするようだ。
・・・そんな写真展のために、今まで撮影してきた元データを処理しなおしたり、先月出たばかりのステライメージ8の処理勉強を熱心にしているが、まだ感覚がうまくつかめず悪戦苦闘している。
昨夜は正月に撮ったしし座のM95からM105辺りの一枚を再処理し、EOS6Dの広い写野からM95を拡大してみた。画像こそ悪いものの、その変わった姿に思わずかっこいいとそこを切り取った。
b0100253_16441018.jpg
直径8万光年の棒渦巻銀河で、地球から3800万光年のかなたに浮かんでいるらしい。1500㎜の望遠鏡でも大きく撮れる銀河は少ないが、こういう小さな銀河を丁寧に撮影して切り取るのも楽しいかなと思う。そう考えたら対象は沢山あり、更なる興味もわいてくる。
・・・時間を見つけては、まだスペースの空いているボードに写真を追加したりして、もう全部で150点は超えている「みずがきの星空写真展」昨日は地元新聞が取材に来てくれた。ここ北杜市には世界に誇るべき美しい星空があり、その環境を保全しながら沢山の方が星空に親しんでくれればいいと、そんなお話をした。
そして、まだ写真ボードには空きもあり、天文愛好会の会員さん、または会員以外の方でも参加したい方はとっておきの一枚や、苦労努力思い出の一枚を飾り付けに来てほしい。
by phyton_info | 2017-04-08 16:53 | 宇宙 | Comments(0)