ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

カテゴリ:犬( 34 )

今日も照り付ける太陽、田んぼの中で足をとられながら草取りをした。午後には雷雨となる予報が出ていて、昨日のようにびしょ濡れはごめんだ。空と風と気温を五感で読みながら作業し、もう来るかいつ来るか・・と少しびくつきながら草を抜く。
次第に風が強くなり空が暗くなったのを見て田んぼから上がり軽トラに避難。でもポツポツ位の雨、ちょうど涼しいから外で休んでいた。
車の陰に、やはり避難しているクロがいる。
b0100253_20404450.jpg
この頃は私の仕事中ずっと近くで待っている、犬は暑がりだからせぎの中に座り込んで涼んだり、畔をあちこち歩いたり、近くにいながら捕まらないクロ。何か方法はないものかと考える毎日だ。
降りだした小雨は次第に強くなり、田んぼの作業を断念して自宅に帰った。夜は涼しく、庭では暗がりでクロが寝ている。
by phyton_info | 2016-07-05 20:49 | | Comments(0)
もう何度となく捕まえては脱走するくろ。だんだん縄抜けが上手くなってしまったか?私たちとくろの妙な関係は続いている。
b0100253_1785335.jpg
今は離れてしまったので野良犬状態、このままではくろにも私たちにも近所にも良くない。役所の方には連絡してはいるのだが特に反応は無い。
b0100253_1711758.jpg
横になって深ーい目で私を見ている。何とかしてあげたい。
by phyton_info | 2016-03-22 17:12 | | Comments(0)
今から一年前に現れたくろ、とても人懐こく多くの人が知っている犬なのだが、時には他のうちの飼い犬の餌を食べてしまうなど市役所に苦情が行くこともあるという。今まで色んな人が何とか捕まえようと頑張ってきたが、首輪とかひも、鎖
類の物を見るとすぐに身をひるがえし、捕まえる事が出来なかった。私たちも何度となく色々な方法を試した結果、約半年が過ぎた先日ついに・・。つかまえた。
b0100253_14294663.jpg
じゃれあいながら袖に忍ばせたリードのフックを掛けると「キューン」と鳴き、恨めしい目で私を見ていた。リードを掛けられたクロはほとんど動かなくなり、表情がとても暗くなった。しかし、ついにやったのだ・・。
この二日間なだめてご飯をあげ、褒めて褒めて。すべてが順調に進んでいた。
しかーし。
b0100253_14333620.jpg
どうやって外したのか?くろは昨夜突如私の自宅に現れた。なんてことだ・・。これで振出しに戻ってしまった。まだ飼い主の決まっていない野良犬のくろだけど、また根気よくなつかせ再び三度の捕獲作戦を試みている。つかまってくれたらきっと幸せになれる。。なんて考えるのは人間の勝手なのだろうか?
by phyton_info | 2016-03-07 14:38 | | Comments(0)
一年前に現れたくろ。
b0100253_1512641.jpg
どこから来たのさ?目は深い。
by phyton_info | 2016-02-21 15:02 | | Comments(2)
今日も暑かった、水曜にしてはお客さんが多く右往左往する場面もあった。お客さんも引ける夕方、犬猫のご飯をあげにフィトンチッドへ行くと・・
b0100253_22232419.jpg
当たり前のようにこやつが居た。そう、くろたんだ。
何とか捕まえて首輪をしたいのだが、ひも状の物を見ると後ずさりしてなかなか出来ないまま。飼い主と名乗る人も現れたのだが、一向に帰る気配がない。優しく頭の良いくろたん、何とかお前に首輪を掛けてあげたい。

・・・ビジターセンターに戻ると家内が染ストールに値札を付けていた。色んな色に染まったストールもなかなか綺麗。涼みながら見に来ませんか?
by phyton_info | 2015-07-29 22:30 | | Comments(0)
この雨はいつまで降り続く?大気不安定、竜巻注意、雹が降るかも・・・なんて、天気悪すぎのこの頃。私は相変わらずビジターセンターと、帰り道に椎茸作業と、元気にやっている。先日ハウスで猿追いを担当している愛犬パリスを抱っこしてみた。成犬なので重いのだが、やっぱり動物はいい。
パリスを見ていたら、以前に生まれた子犬のことを思い出し、久しぶりに子犬も抱っこしたくなった。
b0100253_20334723.jpg
写真は以前に生まれたパリスの子、毎回子犬が生まれると家族で可愛がり、目が開く前から部屋に連れてきて顔にすりすりしたものだ。
しかし一か月もすると里親さがしが始まり、日に日に子犬も貰われ、やがて手元には居なくなる。
こんなことの繰り返しを10年以上もやっていて、お客さんが私をブリーダーだと勘違いしたこともある。今はパリスも年をとり子犬は生まれない。
PCの中の画像を探していて見つけた子犬、あの感触が忘れられない。
by phyton_info | 2015-04-14 20:39 | | Comments(0)
私たち関係者が、くろたんとか黒べーと呼んでいる野良犬。いつの日か現われ、あちこち徘徊の末、フィトンチッドに居ついてしまった。
カフェのKちゃんとも相談して、くろたんをしばらく面倒見ようという事になり、その間に飼い主もしくは引き取り手を探そうというのだ。
b0100253_21183331.jpg
くろたんは雄のおそらく10歳以上か。わりと大きく毛足は少し長め、鼻先に髭のような毛がひゅんと生えているのが愛嬌。だんだん慣れてきてはいるのだが、リードにはまだつなげない。赤い首輪を見ると一歩また一歩と後ずさりして、繋がれまいとする。いつの日かちゃんと繋いで、N君の作った立派な小屋に入ってほしいのだが、果たしていつになるか?
性格は優しくおとなしく、めったに吠えないし噛みつくようなことも無い穏やかさ。ただ、過去の経験からなのか?完全に心を開いてはくれない。飼い主らしき人からの連絡も、捜している様子も見当たらないので、おそらく捨てられた・・という事だろう。今はムーちゃんと一緒にいるので何となく元気を取り戻しつつある感じだ。興味のある方はフィトンチッド又は私まで連絡してほしい。

さて、ニュースでも大きく報じられている今日の冬並みの寒さと降雪。こちら増富温泉でもうっすらと積もった。先日までの春の陽気はどこ行った?
ビジターセンターではソフトクリームも仕入れて春営業なのだが・・明日は天気回復らしいので、どうぞみずがき湖畔でソフトクリームなど如何?
by phyton_info | 2015-04-08 21:30 | | Comments(0)
県道の雪は除雪され道は開いた。我が家の近くにはまだ圧雪が有るものの数日で解けるだろう。
家に着くとパリスが迎えに出てくる、うちのパリスは可愛い、女優の桐谷美玲にそっくりだ。
b0100253_19515260.jpg
車を降りると一つおやつをあげる、嬉しそうに私に手をかけおねだりする。ほんとは部屋に連れていきたいのだが家族に怒られるのでいつも外で寝ている。いっそ私が外で寝よか。

明日は天気回復、ラブジョイはどうなっている?
by phyton_info | 2015-01-16 19:56 | | Comments(0)
今日は特別?とても暖かで春のようだ、ビジターセンターの駐車場の雪もどんどん解け、アスファルトが次第に拡大していく。
私は先日の夜、晴れれれば星を撮ろうと、宙友のKさんとハチ君と集まり晴れるまで待機していたが結局晴れることはなく、一晩星談議に花が咲いたのだ。そのせいもあり昨日は眠くて眠くて一日ボーっとしてしまった。

今朝は良く寝たせいで頭も体もすっきりして、あちこちにキノコの届けものに回っていた。
途中フィトンチッドへ寄った時、庭はまだ真っ白な雪にむ閉ざされているものの、日だまりにはオオイヌノフグリが咲いていて、今日の暖かさを満喫しているようだった。
b0100253_15214330.jpg
庭奥には、あの豪雪に耐えたムーちゃんが待っている、ご飯をあげてしばし遊んで、てもほんとに無事でよかったムーちゃん。
b0100253_15224775.jpg
ムーちゃんと遊んでいると玄関か方からジュピターがやってきて嬉しそう、ジュピターにもご飯をあげて、しばしフィトンチッドの中を眺めた。
b0100253_15245689.jpg
屋根からドカ雪が落ちたため、ストーブの煙突が壊れてしまったが、他は目立った被害も無く、一安心・・実は今日豪雪以来初めてフィトンチッドに入ることが出来たのだ。雪の重みで玄関が空かなかったのだ。
こうしてあの豪雪はどんどん解けていき、あちこちで地面が現れてきて、早く春が来ることを祈るばかり。
ビジターセンターも少し被害を受けたけど、今は通常営業していて、お客様も来ている。
明日からはもう3月、渓流釣りも解禁、雪は残っているけど道路は完璧にかいてあります。
春の兆しが見え出した増富みずがき湖へドライブしてほしい。
by phyton_info | 2014-02-28 15:31 | | Comments(0)
16年一緒に過ごしたおばーちゃん犬のセラが死んでしまった・・・
自宅に連れてきて埋葬したが、何とも悲しい出来事、動かない顔を見ていたらいろんな思い出がよみがえった。セラの赤い首輪は娘犬のパリスにつけてあげた。
そのパリスの娘がこいつ・・ミルクだ
b0100253_9463073.jpg
おばーちゃんが死んだことがわかるのか?今日はすごくおとなしくじっとしている   愛くるしい顔は見る人誰もが喜んで頭をなでる・・でもミルクもみずがき湖で里親探しを始めなくてはならない・・手元に残したいのはやまやま・・でも今は仕方なし。
b0100253_9504881.jpg
増富には栗の花が咲き、草木はぐんぐん成長している、自然の中でいろんな世代が生き、交代して命のリレーをする・・今回の犬の世界の出来事はいろんな命のことを考えさせられる出来事だった。
それにしてもこの子はなんて可愛いのだろう・・みずがき湖ビジターセンターに来ればこの子がいるかも知れません。
by phyton_info | 2013-06-28 09:55 | | Comments(0)