ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

カテゴリ:山野草( 58 )

秋も次第に深まり、我が家のしいたけも次々と芽を出してきた。少しだけどビジターセンターにも並んでいる。
先日は、みずがき湖公園に何か出てはいないかと林の中をうろうろすると・・・。おやっ?こんなところに何やら大きなきのこが出ているではないか?
b0100253_161262.jpg
何茸?毒かなー。でも綺麗だったのでとってきた、写真をね。今年の山のきのこは少ないというが、まだこれから雨が降れば松茸やシメジ、くろっとなど美味しいきのこが採れるかもしれない。
ビジターセンターに寄ると増富の山入山証ありますよ。
by phyton_info | 2017-09-25 16:14 | 山野草 | Comments(2)
暑い日が続き、私の日焼けも進む。今日は観光協会の草刈り作業で、途中日焼けの黒さかげんコンテストみたいな事をした。もちろんナンバーワン。
さて、毎日作業しているキノコハウスで、仕事終わりにこの日も茂みに潜り良いつるはないものかと探し歩いた。するとなかなかいい感じのアケビのつるを発見、折角なのであけびだけ何本も採取し、こんなオールあけびのリースを作った。
b0100253_20104677.jpg
少しずつ作りためているつるのリースがビジターセンターに溜まってきた。こんなのに松ぼっくりやドングリを沢山くっ付けたらいい感じのリースに仕上がるかも。
・・・夕方には先に草刈りした畑を見回り、ふと足元を見ると、まだ出ていたわらび君。
b0100253_20141289.jpg
春に何度も卵とじでいただいたが、案外わらびの時期は長いのだ。
夏至を通り過ぎ、微妙に日が短くなり、日の射す角度も変化しつつある。なかなか明けない梅雨だが、もう少しまとまった雨を期待したいものだ。
by phyton_info | 2017-07-13 20:16 | 山野草 | Comments(0)
昨日に続き今日も山梨は猛暑日、甲府からは離れた涼しい山里の集落のはずが、どこに行っても何をしても暑かった。
暑さを逆手?にとって、14時の炎天下にトラクタでの耕運と草刈りをした。汗が吹き出し首や背中を伝う、そして駆け込む軽トラ。軽トラにはクーラーが付いているので屋外でも体を冷やせるのだ、今日も大着をしてしまった。
・・・夕方になり、予定していた以上の仕事をこなすことが出来、数日前から気になっていたことを確かめにカメラを片手に我が家の庭を歩いた。
b0100253_22272390.jpg
これは何だろう?ぐるぐる巻いていて花の種子なんだろうが、咲いているところを見ていないので何の花なのかわからない。まるで渦巻銀河のようだ。
b0100253_22284962.jpg
毎年あるだろうに今まで気が付かなかった。ちょっといいモノを見つけ得をした気分だ。
田舎の住人は草にはとてもうるさく敏感で、我が家のバーさんも小さな草に大騒ぎする。なので、草を見つけるとすぐにとるようになり、今のような綺麗な田舎の庭が続いている。
・・・暑いのは好きだが、早く梅雨明けして降る星を見たいこの頃だ。
by phyton_info | 2017-07-10 22:33 | 山野草 | Comments(2)
先月終わりに、地元神社の春祭りを終え、大型連休は後半の5連休に突入している。そして天気は晴れ、みずがき湖にもたくさんのお客さんが訪れ大忙しだ。みずがき湖当たりの山はようやく小さな葉が出たばかりで新緑の始まるところだが、ビジターセンターの道路際には見事な石楠花が満開となり、多くの方が写真を撮っていた。
b0100253_2131582.jpg

日中の気温はわりと高く、テラスで食事をする人も多い。ソフトクリームも多忙しで一日中走り回ってしまった。
大型連休はまだ3日が残り、明日もいい天気との事。みずがき湖畔でのんびり過ごしに来てみませんか?
by phyton_info | 2017-05-04 21:09 | 山野草 | Comments(0)
昨日の強風は怖かったが、今日はさわやかな晴れの天気。
みずがき湖ではもうすぐ桜が満開となりそうで、それを見に来ている家族連れが公園内を散策していた。いよいよ花の季節が到来し、公園内のシャクナゲも開花し始めている。
b0100253_921778.jpg
春の花を見ると少しほっとした気分にもなり、カメラを持って公園を歩いた。ビジターセンターの駐車場入り口の辺りにはこの花も開花。
b0100253_9224978.jpg
毎回お客さんに名前を尋ねられるこの花、なんだっけ?思い出せない。これで雑草が生えなきゃいうことないが、花の季節は草の季節でもあるので、そちらの準備もしなくては。
極端に暑い日、寒い日、風の日・・春らしい気候もなかなかいいもんだ。
by phyton_info | 2017-04-20 09:25 | 山野草 | Comments(0)
今年の四月は例年より気温が低く、色んな植物色んな作物も遅れ気味だ。でも40年くらい前はもっと寒かったと思う。そんなおり、いつ来るかと楽しみにしていた桜前線がみずがき湖へ到着し、早めの樹から花を咲かせている。
b0100253_2023581.jpg
みずがき湖の公園、駐車場には桜が沢山植えられていて、これから四月下旬にかけ見ごろとなるだろう。世間よりはだいぶ遅い桜の開花だが、この新月期には桜の花と星空なんていう素敵な構図で撮れるかもしれない。ビジターセンターでもテラス席がオープンし、沢山の方が景色を見ながら食事をしていて、ようやく本格的春を実感だ。
by phyton_info | 2017-04-16 20:29 | 山野草 | Comments(0)
お彼岸の今日は天気も良く気持ちがいい。久しぶりに気持ちも軽い。
・・・そう、2月の中旬から作業が始まったシイタケの植菌が、ついに先日終了となり今年一年分のシイタケ菌が出来上がった。
長く体力も使う仕事だったので、好きな天文や山歩きも控え、作業に集中していた一か月間だった。
・・・解放された私の目に飛び込んできたのは、草花の芽吹き。
b0100253_13313751.jpg
ビジターセンターにはムスカリの芽が出て、フィトンチッドではフキノトウが。
b0100253_13322684.jpg
正月には確認していたが、今になりじっくりと眺めたのだ。
b0100253_13333654.jpg
陽だまりには美味しそうなアサツキも出ていた。
こうしてようやく通常の生活に戻ったが、今度は田んぼや畑の準備が待っている。
季節は春、星空は夜はやくにオリオンは傾き、獅子ははやく駆け上がり、深夜には銀河も上る頃。
この新月期には再び天体の撮影や観測をしたいと願うが、どうやって撮るの?なんて忘れていることも沢山あるだろう。
by phyton_info | 2017-03-19 13:41 | 山野草 | Comments(0)
ついこの間まで沢山の葉がついていた山々の樹木、いつの間にか葉が落ち一気に冬景色へと変化した。
先日の雪には参ったが、今日はどんより小雨模様で暖かく感じる。
今年は体調が変化したためか?(お太りあそばせ)あまり寒さを感じない。玄関先のロータリには鉄砲ユリの種袋が大きく立っている。
b0100253_1262211.jpg
冬っぽくて美しい形だ。辺りにはまだ少しだけ雪が残り、遠くからクリスマスソングが聞こえそう。でもクリスマスって町場の行事的に感じるので、ここら辺では民謡が聞こえてくるかも。
b0100253_129927.jpg
鉄砲ユリのすぐ近くには頑張りタンポポがロゼッタの中心に花を咲かせ思わず「おぉーっ」と座り込んで写真を撮った。この冬は冬としての楽しみや、美しい風景がいっぱいある増富。
まだまだみずがき湖は凍り付かないけど、もう気の早い水鳥たちがたくさん集まってきている。さあ冬です、冬ならではの楽しみをいくつ実行できるだろう。
by phyton_info | 2016-11-27 12:12 | 山野草 | Comments(0)
台風のスピードが上がらず、予報に反してお天気+暑さの続く北杜市、でももちろん朝晩は肌寒さを感じ、私の楽しみ夜の縁側での夕涼み&星見もいよいよ肌寒さをおぼえている。今夜も雨は降らず南の空に山羊座やいて座の星々が見えている。
九月の第一日曜なので郷役と言われる集落の共同作業が3つ重なり、一日中草刈機をブンブン回していた。夕方近くにようやく郷役を終え、ビジターセンターに向かった。日曜日なので今日も忙しい様だ。
みずがき湖公園を見回すと色んな所に咲いている綺麗な鉄砲ユリが目立つ。
b0100253_21174932.jpg
よく見ると綺麗を通り越してカッコいいという方が似合うかもしれない。敷地を草刈りするときなるべく切らずに残しておいたからあちこちに点在して咲いている。
中央のロータリーにはピンクの百日紅の花も咲いていて、いよいよ秋の花でいっぱいのみずがき湖。でも花をゆっくりとみている暇はなく、ビジターセンターに合流しソフトクリームやらレジやら観光案内も・・。五月以来いろんな方に助けられながら満載の仕事をこつこつとこなし、少し時間の使い方がうまくなったような気もしている。今はきっとこれでいいのだろう。
by phyton_info | 2016-09-04 21:24 | 山野草 | Comments(0)
早いもので8月も7日、立秋となった。5日の昼から恒例となっている高校バドミントン部の賄をしていた。もちろんその間にも田やキノコは待ってくれないので農作業も繁忙期なのだ。そうなるとビジターセンターのスタッフも足りないため週のうち何日かは友人が手伝ってくれている。その間に私の農業部門をフル回転させるのがパターンとなっている。
・・・田んぼの水見の帰り道、山道を回り水路を見ていると、もう秋の草花が咲いていた。
b0100253_23141995.jpg
このギボウシは青紫色の目立つ花で、昔は天ぷらにしたりお浸しにして食べたことがある。すぐ下の水路には沢山の水が流れていて、しばし車から降り涼んでみた。
また少し進むと・・。
b0100253_23164829.jpg
フシグロセンノウが咲いていた。こちらも紅色でよく目立つ花だ。お盆も近くなり、辺りには秋の気配が各所に見られるようになった。夜には東にアンドロメダ座も上がり、今日は汗だくの作業をしながらも秋をいくつも数えた立秋だ。沢山の農業機械を残してくれた父に感謝しながら日陰で油をさした。
by phyton_info | 2016-08-07 23:24 | 山野草 | Comments(0)