ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

カテゴリ:自然( 562 )

ご存知の通り紅葉の忙しさでPCも開けない日々が続いていた。今月上旬の三連休には体がおかしくなりそうな忙しさで、そこにきのこの最盛期も重なった。どーなるのかと思ったよ・・・。
そして今日は9日、まだ忙しいながらも少しは落ち着き、昼ご飯を食べることが出来るようになった。
ほこりをかぶってしまったカメラを取り出したのは昨日、どんより曇ったみずがき湖畔に一瞬だけ写真を撮りに行った。
晴れの紅葉も好きだが、どちらかというと曇ったり雨上がりの方が水鏡となるのでそんな時に好んで写真も撮っている。
b0100253_14173896.jpg
みずがき湖の紅葉は深い色へと進み、見ごたえがある。まだまだ来週も行けそうだ、そのころには大好きな12分の紅葉が見られそう。切なくも美しい12分の紅葉だ。
ピークから折り返そうとしているみずがき湖の紅葉、次第に移ろう景色がようやくここに来て意識できるようになった。
天気も晴れたり曇ったりの予報、色々な天気の時に見てみるのがお勧め。きのこ汁、甘酒も人気だよ。
by phyton_info | 2017-11-09 14:22 | 自然 | Comments(0)
いやーな台風も去り、一段と冷え込んできたこの頃・・そう、みずがき湖の紅葉は一気に進み、とても綺麗になっている。ただ、写真を撮っている時間が無くて・・お店出来ない、ですから実際に確かめに来ては?
例年好評のきのこ汁も始まっている、アミューズメントコーナーでは尾崎英道彫刻展も開催中。
こう冷え込んでくると星空も綺麗になる、長雨や天候不順で今まで星がなかなか見えなかったが、11月の11日土曜夜7時頃から、みずがき湖ビジターセンターで星空観望会を開催予定。この観望会はライトダウン山梨という、街の明かりを消して夜空の星を見上げようというキャンペーンの一環で、北杜市での開催はここビジターセンターだけだ。参加は無料、夜は冷えるので防寒着が必要だ。
晴れていたら是非ビジターセンターに集まってほしい。
大型望遠鏡で秋から冬の天体をお見せできるはず。

・・・しばらくは紅葉の忙しさにのまれているが、葉が落ちたらゆっくり天体観測をしたいと願っている。
by phyton_info | 2017-10-30 20:00 | 自然 | Comments(0)
10月ももうすぐ終わろうとしているころ台風21号がやってきた。それも衆議院選挙と同じころに接近したものだから日本中が心配し混乱もしたようだ。
私の住む地域では大きな被害は無かったものの、辺りの道路が冠水したリ、シイタケ組合のビニルハウスが倒木に潰されたりした。
いまだ河川の水は多く、ここみずがき湖へも流れ込み、茶色く濁った水を貯めている。
b0100253_12122839.jpg
今はとても忙しい時期で余裕がないため、少しでも安定した天気を望んでいるのだが、先ほど聞いたラジオでは台風22号が発生するとかしないとか・・・。
勘弁してほしい。
by phyton_info | 2017-10-24 12:14 | 自然 | Comments(0)
あれよあれよと季節は進み、気が付くと前庭の満天星つつじが紅葉している。どおりで紅葉の問い合わせや観光会社からの電話が多いわけだ。
b0100253_20431711.jpg
いつもならかなり早くから紅葉のお知らせや、紅葉キャンペーンを打つのだけど、色々な事が間に合わずにここまで来てしまった。こちらの満天星つつじの前で写真を撮る人も多い。
b0100253_2046527.jpg
もうすぐ山にも色の変化が訪れ、20日頃からは賑やかなみずがき湖へと変わるだろう。
日本人が大好きな紅葉、今年も素晴らしい色づきを期待したい。もちろん外国の方も増えてきているので、静かな山里の秋を満喫してほしい。
by phyton_info | 2017-10-07 20:49 | 自然 | Comments(0)
降りそうで降らない、明けそうで明けない今年の梅雨。今日は朝からいい天気で強い日差しが射していた。気になっていた田んぼのヒエやオモダカ草の草取りに汗を流し、あまりに汗がひかないものだから裏技、軽トラにエアコンを入れひんやり涼んだら再び作業した。
午後になり、ビジターセンターに行くと、色んな所に色んな紫陽花が咲いていて、他にも何か咲いてるかな?と公園を散策した。
b0100253_21255270.jpg

名前もわからないが清楚な感じの紫陽花、薄い青みがかった色で涼しげに見える。
b0100253_21272151.jpg
こちらは先ほどの寄りふんわりした紫陽花、歩いてみると色々な紫陽花があり「ふんふん」と感心してしまう。
b0100253_2128484.jpg
この野草知っていますか?「ネジバナ」といい、その名の通りネジネジとしていて、らせんの花だ、ビジターセンターの東側に沢山咲いていた。
b0100253_21303852.jpg
梅雨の7月ともなると、もう野生のきのこも生えてくる。茶色で小さくそして群生していた。名前はわからないが、山にも食べられるキノコが生えているだろうなと、松茸が頭をよぎった。そう、我が家のきのこハウスでは今キクラゲが大発生していて、連日増富温泉に納めている。昼間の農業の合間に少しだけ山に入って散策したくなってきた。
by phyton_info | 2017-07-07 21:34 | 自然 | Comments(0)
急に暑くなったり寒くなったりのおかしな天気は続いていて、今年は春が来るのも遅かったし、山野草や山菜も遅れている。でもようやくみずがき湖も新緑淡い緑になってきた。
b0100253_20351446.jpg
こんな山の色がたまらなく良いと思う。
by phyton_info | 2017-05-09 20:36 | 自然 | Comments(0)
今朝は少し空気が冷たく、上着を羽織って出かけた。・・・そう、もうすぐ地元神社の春祭りで、私も神社の氏子総代だから、境内の掃除に出労した。メンバーは地元長寿者クラブのおばーちゃんたちがメインだ。
神社の駐車場に少し散りかけた桜の枝が垂れ下がっていた。
b0100253_2122830.jpg
こんな景色をゆっくり見ていたいが、この後慌ててみなと合流し、枯れ枝枯れ葉を集め、少しずつ綺麗になる神社、二時間ほどをかけ掃除は終わり、ご苦労さんと解散。
・・・今日は火曜でビジターセンターはお休みなのだが、お休みの方が何倍も忙しくなってしまったこの一年なのだ。ガンバ・・。
by phyton_info | 2017-04-25 21:05 | 自然 | Comments(0)
一度は暖かくなっていた気候も、少し前から真冬に逆戻りし、昨日は小雪が降った。数センチの積雪と厳しい寒さに増富に来る人も少なかった。
朝みずがき湖に到着したとき、湖はどんなだろうかと長靴で雪を踏みながら湖畔ロックフィルに立ってみると・・。
b0100253_19543939.jpg
湖面に積もった雪と、白い山肌、そして綺麗なみずがきブルーの空。冷たい空気もピリッと身が引き締まり美味しく感じた。反対側増富大橋は・・。
b0100253_19563229.jpg
こちらも青い空が白い雪が綺麗。まだ数日は寒い日が続くらしいから再び三度の全面結氷となるか?午後には道路の雪もすべて溶け普通に通行可能に、でも冬だからもちろん安全運転で。
by phyton_info | 2017-02-10 19:59 | 自然 | Comments(0)
気温以上に寒さを感じた今朝、きのこの出荷を終えてビジターセンターに向かいながら塩川トンネルから右折し、湖畔紅葉ラインに入った。100メートルほど進んだところで左を見ると、みずがき湖が全面結氷しているのが確認できた。凄く綺麗な光景だった。
b0100253_2110585.jpg
先日にうっすらと積もった雪が風に吹かれて氷上の波紋になっていてずっと向こうまで続いている。この場所から見るみずがき湖はかなり大きく見えるのだ。再び車に乗り込み増富大橋を渡り湖畔を反時計回りに周った。今日なカーブを上りあげ、県道に合流し下り始めると、そこは鹿鳴峡大橋。
b0100253_21201121.jpg
車を停めてみずがき湖を見下ろした。正面からこちらに向かい眩しい太陽が射す。ここでも波紋のような模様が美しく広がる。
ここまでくる間に、近くの施設の子供たちや、猟師の車などとすれ違い、寒さの中でも日曜日は少しにぎやかだ。ビジターセンターに戻ると案の定沢山のお客さんが来ていた。寒さの中来店してくれるお客さんと楽しく話しながら忙しく一日を終えた。
by phyton_info | 2017-01-22 21:29 | 自然 | Comments(0)
降るとか降らないとか・・天気予報は変化し、昨夜のうちに2センチほどのさらさら雪が積もった。今朝みずがき湖に来ると、湖面の上に真っ白な雪が積もっていた。
b0100253_12252563.jpg
こんな風になると湖の全面結氷が始まる。これからしばらくは厳しい寒さが続くので、綺麗な真冬のみずがき湖が見られる。
b0100253_1227645.jpg
増富大橋側は更に寒いらしく、雪も多い。これから新月期となるので天体写真を撮るのにもこの雪や結氷が星空を一層美しく演出してくれそうだ。
幸い道路に雪はなくノーマルでも来られるが、今は厳冬期、スタッドレスタイヤを履いて安全運転で来ることをお勧めする。
by phyton_info | 2017-01-21 12:30 | 自然 | Comments(1)