ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

カテゴリ:カブトムシ( 7 )

この暑い夏、なんと素敵な熱い夏なんだろう。でも意に反して多忙を極めている私は全くと言っていいほど自然や山に入れない状態が続いていた・・・このままでは私の自然感が腐ってしまうと思い、無理して山に入る
b0100253_1472611.jpg
夜、電気で見回すとこんなところにオニグモの巣が・・・この後蛾が飛んできてクモの巣にとらわれるのです・・・この大きなクモの巣はかなりの時間をかけて作られたようで凄くでかいし広かった。
b0100253_1494351.jpg
早朝お客様に誘われ近くのカブトムシがなる木に行ってみた、毎年の光景だが今年も沢山のカブトムシがなっていた。
お約束でこの後木を蹴飛ばしてカブトムシをばらばらと落とすのです。
b0100253_14115347.jpg
これを体験した人は皆凄く興奮して、木の上から降ってくるカブトムシを「ここっ、そっちも・・・早くっ」って感じで拾い集めるのです・・でもカブトムシの木は年々太くなってきていて、蹴る足も痛く、来年は大きなハンマーを使おうと決心しました。
b0100253_1414444.jpg
わずか数十分でも良いからと車で山を走りながら植物や景色、地形を見ながらうろうろします・・・途中にグラデーション豊かな花を見つけました、マメ科の植物ですか?カラスのエンドウ?・・・あまりの美しさにカメラを向けますが熱くて熱くて・・暑くて・・・写真もいい加減になってしまう自分が居るのです。写れば良いじゃん・・・って私は本来こんないい加減な写真の撮り方は嫌いなのだが暑いとこんなん出ました・・・ってハハっ。
b0100253_1419098.jpg
自然散策のち増富に出勤しながら七月に生まれた子猫もつれてビジターセンターへ・・・そう里親探し。

今日は優しい飼い主が見つかるかな・・・? 
昨日のオーロラ騒動ににて顔がやたらと疲れている私、そろそろ町に下りて髪の染めこを買ってこようかと

今日もジリジリ暑い熱い・・・素敵な夏空の増富なのです。
by phyton_info | 2010-08-05 14:22 | カブトムシ | Comments(27)
我が家にはカブト虫のなる木がある。
なぜか毎年たくさんのカブト虫がその木に群がってくる・・・どうやって捕るか・・・そう木を蹴飛ばすのだ。するとバタバタカブト虫が落ちてくる。一蹴り20匹くらい・・・。

そうやって集めたカブト虫200匹をオリに閉じ込めてフィトンチッドに置いていたことがある、とある夜フィトンチッドの玄関を開けた瞬間腰が抜けそうになった・・・すべてのカブト虫がオリから脱走し、壁や天井にガサガサとへばりついていた。

カブト虫がチョット怖くなった瞬間だった。
想像出来ますか?・・・・ねっ怖いでしょ。

あなたも沢山のカブト虫に会いに来ませんか?
by phyton_info | 2008-07-10 01:38 | カブトムシ | Comments(139)
ほら!こんなに大きくなった幼虫(^^)

b0100253_15382875.jpg

東北に送ります。
子供たち喜んでくれるかな・・・。

b0100253_15402449.jpg

見たくなかった方、ごめんなさい。

7月に入ればカブト虫捕りができます。 ぜひ参加して下さい。
by phyton_info | 2008-06-27 15:42 | カブトムシ | Comments(1)
近頃、昆虫を嫌う人が多いような気がしませんか?虫?とみると逃げ回ったり雑誌でパチンと叩いたり・・・はたまた殺虫剤をかけまくる?そんな虫たちの気持も考えてやってください。
でもこの昆虫は皆さんそんなに嫌いでも無い筈・・・
b0100253_14425836.jpg

そう虫の王様カブトムシ、私はこやつらに蜜をあげながら「おい、美味いか」?と話しかけてみた・・すると「キーキー」と返事をするではないか、あまりにも美味そうに蜜を吸うカブトムシの背後から近付いて・・・背中をポンッと・・・すると驚いてピクッとお尻を上げ、蜜から口を離す。びっくりしたなと、また「キーキー」と鳴く。
b0100253_14492124.jpg

今度は水道の脇にいた、ガの蛹・・・チョット突いたら「やめてよ」とピクピク動くではないか・・・。
やはり、こんなに小さな昆虫にも意識が有るのかなと考えさせられる、このようにして私の虫とのコンタクトはエスカレートし、誰もが嫌いであろうアシナガバチにまでおよんだ・・・本来何もしなければおとなしいこのハチ、私がレンズを近づけると、それが嫌なのか「刺したろか」?とカチカチ羽音をたてる。
b0100253_154258.jpg
このように、昆虫とはいえ、真剣にコンタクトを試みると、見事なまでに会話?コミニュケーション?がとれるのです。このあと私は先ほどのカブト虫に「おいカブト」?と話しかけた・・・するとやはり「キー」と返事をしたのです。
是非あなたも試してください・・・虫嫌いが治るかも(^^)
by phyton_info | 2007-08-01 15:12 | カブトムシ | Comments(4)
b0100253_944580.jpg

気候も良くなり、秘家の幼虫もだいぶ太ってきた。
今日はフィトンチッドの仲間とたくさん幼虫を掘ってみた。
b0100253_948064.jpg

「キモッ」
「デカッ」
「感触が・・・」
さまざまな感想をもちながら必死に掘る。
b0100253_950105.jpg

全部で150匹いた。
ダンボールにつめ、千葉の友人の所に送る。
もしかして途中で箱から「モゾモゾッ」と這い出てくるかもしれないなと、思いながらもとりあえず梱包、無事届きますように。。。
又、幼虫ほしい方はフィトンチッドのサイトを見て下さいね。

b0100253_9544358.gif
b0100253_9551393.gif
by phyton_info | 2007-05-25 10:06 | カブトムシ | Comments(24)
b0100253_12415074.jpg

この辺ではカブト虫の幼虫のことをノケサと呼ぶ。
昨年の秋に生んだ卵がもうすでにこんなに大きく成長している。
我家の木くずの中にはこのような虫が100匹以上いる。
これから夏に向け、この木くずを食料として、
もっともっと大きな幼虫になる。
そして7月中旬にさなぎとなり、やがて立派なカブト虫として
地上にはい出てくる。
b0100253_12593150.jpg

フィトンチッドではこの幼虫を掘る教室を行っている。
カブト虫の幼虫に興味のある方は是非連絡してほしい。
都会ではなかなか見られない野生のカブト虫の幼虫の生態を
ぜひ観察してほしい。
箱などに木くずと一緒に持ち帰れば、自宅でも成虫まで育てることができる。
そしてまた、そのカブト虫に卵を生ませればあなたの家でも
カブト虫狩りができるかも・・・
b0100253_12595110.jpg

by phyton_info | 2007-04-19 13:05 | カブトムシ | Comments(47)
毎日夏らしい天気が続き、標高1000メートルでもやっぱり暑い。下界では皆どうしてるかな?と、気になる日々・・・。
今朝、家のカブトムシが成る木?に行って来ました、いるはいるは・・・いったい何匹?我が家ではカブトムシを捕る時この木に蹴りを入れます。
どうなるかって・・・・?そう、カブトムシが降って来るのです。パラパラと、一回蹴るとおよそ20匹位落ちてくるので家内と二人がかりでバケツに入れるのです。ちょっと信じがたい話ですが、本当です。まだカブトムシ捕まえてない子供たち、朝早くに来てね・・・カブトムシが寝ぼけているうちに捕るんだよ。連絡先はフィトンチッドのホームページから見てね。b0100253_1114762.jpg
by phyton_info | 2006-08-07 05:19 | カブトムシ | Comments(0)