ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

<   2007年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

b0100253_11131874.jpg


昨年の9月にストーブの試運転をして以来、
私はずっと火の番人をやっている。
もう外は春めいているのだが、朝夕は冷えるので、
一応火を入れておく。
一冬という薪の量は、ものすごいもので、
山に薪とりに何度通った事だろうか。
この冬もまた薪の事が毎日頭から離れず、
スタッフが出勤して来る前に教室を暖めておく。
そして一日、皆の「寒いだ」「暑いだ」のリクエストに応える。
まるで、炎の魔術師になった気分である。
まだまだこのストーブの活躍するのは続くのだが、
外にはすでに来冬の薪が用意してある。
フィトンチッドの薪ストーブも少しは、環境に役立っているだろうか?

b0100253_1174334.jpg


増富温泉郷は寒いというイメージが定着しているようだが、
この教室はとても暖かなので、ぜひ立ち寄ってほしい。
そして、お茶を飲みながら自然や宇宙の話に花をさかせましょう♪
今日はどんなお客様が来るんだろうか?
また楽しみな晴れの一日が始まる。

b0100253_1192269.jpg

by phyton_info | 2007-02-27 11:14 | 暮らし | Comments(5)
夕日も落ちかかった頃、心待ちにしていたお客様がやって来た。
ここで定番の「とちの木」を案内。
そして、犬や猫たちとたわむれ、外はすっかり暗くなっていた。
「おすすめの服ないですか?」
の問いに最近染め上げた新作のチュニックをすすめる。
やはりフィトンチッドに来たら好きな物を試着するのが良い♪

b0100253_102425.jpg


二人とも何か太古にタイムスリップしたかのような装い。
二人と卑弥呼みたい・・・
これで街を歩いたら、きっとみな振り返る!!
でも悪い意味ではない。
それを見た人は、一種心に安堵感を植込まれるような感覚だろう。
二人が街を歩いている姿が爽やかな春風のように想像できた・・・(^^)

b0100253_1025313.jpg


気が付くと、もうお腹が空いていた。
そこで、フィトンチッド自慢の
「超デカしいたけ」のバター焼き!
薪ストーブで、ジュワ~ッ、香ばしい香が広がる。
日帰りの皆さまには、こんなサービスも印象的なのかも・・・
「味って場所を思い出す感覚でもあるからな」なんて、自分なりに考えた。
お見送りに外に出ると西空に三日月と金星が輝いていた☆彡
お二人とも帰りながらずっと金星が目前に見えていたはず、
何かとても充実したひと時であった。

b0100253_10255834.jpg

by phyton_info | 2007-02-22 10:28 | 暮らし | Comments(26)
b0100253_948373.jpg


増富温泉をめざして上がってくると、
途中視界のひらけた「みずがき湖」がある。
四季を通じて、とても美しい景観だ!!
この湖の東側に「ヨッシャーの水」と言われる不思議な水が湧き出している。
ぜひ皆さんもこの水を飲んでみてほしい。
何と炭酸なのだ!
少々塩分を含み「じゅわァ~~っ」と、口に広がる、美味しい水♪
昔はこの水から塩をとったと言われる。
はじめは抵抗ある味かもしれないが、飲んでるうちにクセになりそう!
夏場の疲れた時、この水を飲むと一瞬で生き返ったような気分(^^♪
又、アトピー性皮膚炎や胃腸病によく効くと言われている。
地元の人でも知らない人は沢山いるらしい。

b0100253_956293.jpg

この水を後にし、湖を一周してみたが今年は暖冬・・・
湖の全面結氷も見られず穏やかな湖面が光っていた。
b0100253_1083173.jpg

by phyton_info | 2007-02-16 10:10 | 自然 | Comments(21)
b0100253_10272066.jpg


今朝起きたらとても暖かい。
なんとなく散歩したくなり、フィトンチッドから歩いて7分の場所にある
山梨巨樹100選の「日影のとちの木」まで出かけた。
足元には、まだ少々残雪があるが、その木が見えると足どりも軽い!
何度来ても
「オオーッ」と、声をあげるほど大きな木だ。
幹の回りは前に測ったら18mもあった!
根元に立って上を見上げると、その姿に圧倒される。
「やはりデカイ」
地元の子供は、そこに巨樹が立っている事を知らないと言っていた。
樹齢は1000年とも言われている。
5月には立派な白い花をたくさんつける事だろう。

b0100253_10375653.jpg


帰り道、夜降った雨が朝の日を浴びて湯気のように煙っている。
よく見ればそこにガマの穂があった。
「へェーッ」
こんな所にと思ったが、とるのは写真だけ!!
今年も沢山の人がこの巨樹を見てくれるとありがたい。

b0100253_10451385.jpg

by phyton_info | 2007-02-10 10:48 | 自然 | Comments(31)
b0100253_1639713.jpg


大昔からここみずがき山周辺は、水晶の産地です。
今でこそ鉱山は閉鎖されてしまいましたが、本谷川沿いには、
今でもキラキラひかる水晶を見つける事ができます。
ただし、やみくもに探してもたいがい見つからない!
やはりコツというものがあるのです。
一つ見つけると、目が水晶モードになり、次々と・・・
また、だんだん大きいものが目につくようになります。
この水晶の原石を拾ったらペンダントやストラップにして、
持ち帰るのがオススメ♪
b0100253_16404867.jpg

100%ここ地元の思い出やおみやげとして、末長く心に残ります。
単純な石拾いなのだけれど、人間、特に女性は光物に目がないので、
イベントを開いても子供よりお母さんのほうが絶対ハマル!!!
このやみつきになる水晶探しは、時間も忘れるはず、
清流の音を聞きながらの水晶探しは、一種の癒し効果もあるのかもしれません。
はじめての方は、どうぞ!フィトンチッドスタッフに声をかけて下さい。
ご案内いたしますよ(^^♪
by phyton_info | 2007-02-08 16:41 | 自然 | Comments(1445)
b0100253_10494771.jpg


ここみずがきの森では、昼の風景はもちろんだが、
草木も眠る、丑三つ時頃の夜空が素晴らしい。
この季節、晴天率は高く空気が澄んでいるため。
夜、ふと外に出ると、その美しい星空に魅了されるのは、
私だけではないはず。
だが、ざんねんな事に寒さだけはキツイ!!!
これさえ心がけていれば、少し目が離れると
冬の代表格「オリオン☆彡」がすぐに目が入る、

b0100253_10543472.jpg


オリオンさえ見つければ、後は、芋づる式に大犬座、
冬の大三角と次々に目に入る!
ちなみにオリオン座は、星座絵図だと下半身がなく、
いつも座っているかのようだ。
これはオリオンがせいさい?だからかもしれない。
もう一つ、オリオンはいつもつぶやいている、
「おれよんだ?」オリオンザ?
天文ギャグもここまで地におちた私である。

b0100253_10530100.jpg

by phyton_info | 2007-02-04 11:00 | 自然 | Comments(678)
b0100253_1115130.jpg


フィトンチッドでは、毎日鉄びんでお湯を沸かしている。
このお湯は、とても体に良い!
日本茶を入れると、あら不思議・・・真っ黒なお茶になる。
これは、染色でいう「媒染」効果なのだ、お茶の成分と鉄瓶のFeが、
化学反応をおこし真っ黒になる。
昔の人は皆、鉄びんをはじめ、鉄なべなどで作った料理を食べていたため
体が丈夫だったのだろう。

あなたも鉄びんのお茶を飲みにいらして下さい。
貧血気味の方、てき面に効きますよ(^O^)
by phyton_info | 2007-02-02 11:23 | 暮らし | Comments(1195)