ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

b0100253_11302551.jpg

私がフィトンチッドという工房をはじめて21年経つ。
フィトンチッドとは、本来樹木が発散するとき発性の癒し成分の
名前なのだが皆さんは耳にした事があるだろいうか?
21年前は、この言葉がまだ市民権を得てなかったので、
電話口で
「フィトンチッドと申しますが、」
なんて言うと、布団屋さんとよく間違えられた(-_-;)
領収書もピッドチンド?とかホテンチップ?とか色々。。。(笑)
「私たちの工房での活動や作品、自然体験を通じて、心の森林浴をしてほしい」というのが命名の理由だ。
b0100253_11385571.jpg

21才になったフィトンチッドは作品もいっぱい!
元小学校なので、小さいながらも校庭もある。
ぜひ、この連休中に懐かしい空間、フィトンチッドと色彩豊かな草木染めを見てほしい。
増富ラジウム温泉のすぐ近くなので、皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。
b0100253_11462927.jpg


追伸:ただいまフィトンの子猫も可愛い盛り(=^・^=)
    犬たちも大歓迎しますよ
by phyton_info | 2007-04-29 11:50 | 自然 | Comments(0)
b0100253_12415074.jpg

この辺ではカブト虫の幼虫のことをノケサと呼ぶ。
昨年の秋に生んだ卵がもうすでにこんなに大きく成長している。
我家の木くずの中にはこのような虫が100匹以上いる。
これから夏に向け、この木くずを食料として、
もっともっと大きな幼虫になる。
そして7月中旬にさなぎとなり、やがて立派なカブト虫として
地上にはい出てくる。
b0100253_12593150.jpg

フィトンチッドではこの幼虫を掘る教室を行っている。
カブト虫の幼虫に興味のある方は是非連絡してほしい。
都会ではなかなか見られない野生のカブト虫の幼虫の生態を
ぜひ観察してほしい。
箱などに木くずと一緒に持ち帰れば、自宅でも成虫まで育てることができる。
そしてまた、そのカブト虫に卵を生ませればあなたの家でも
カブト虫狩りができるかも・・・
b0100253_12595110.jpg

by phyton_info | 2007-04-19 13:05 | カブトムシ | Comments(47)
b0100253_10162713.jpg

ここ増富温泉には本谷川という清流がある。
水温がとても低く、真夏でも足を入れると痛くなる。
今日は、この本谷川におり、水晶を探してみた。
実はこの水晶、私が勝手にユリアスの涙と名付けた。
宇宙の神様の流した涙が結晶となり、本谷川の清流に
眠っているという物語なのだが、こんな風に自分なりに解釈すると、
小さな水晶にも愛着が湧くものだ。

探すこと2分、次々とユリアスの涙が見つかった。
もちろん水晶なので、六角柱なのだが川の流れによって
少々変形や白褐色になっているものが多い。
b0100253_1026595.jpg

大きさは1センチくらいから大きなものでは10センチくらい。
探し始めると全然飽きない、この水晶とり、
あなたも増富に来た時に清流を覗いてみたらいかがだろうか。
目が慣れれば次々と、この水晶が見つかるはずだ。
b0100253_10301080.jpg

by phyton_info | 2007-04-14 10:33 | 自然 | Comments(217)
b0100253_11173637.jpg

今日はフィトンチッドに行く途中、母校である旧岩下小学校に寄ってみた。
ここで私は、6年間の小学校生活を送ったのだ。
外観は、まだしっかりしていて、当時の面影たっぷり・・・
わずか16人の小学校であったが、当時の思い出が蘇った一瞬だった。
ここでソフトボールやサッカーまでは良いが、ヘボ追い、魚とりなどに明け暮れ
勉強なるものは殆どしなかった。
いろいろ母校が潰されずに残っているのは珍しいとの事。
実際私が仕事をしているフィトンチッドも旧冨里分教所という小さな学校だった。山梨にはこういう古い学校?廃校がたくさん残っている。
そんな所を巡ってみるのも結構楽しいかもしれない。
b0100253_11255189.jpg

ここ須玉には、時代がとまったかのような場所が点在しているので、ぜひ立ち寄ってほしい。
b0100253_11282994.jpg

増富温泉にもようやく桜が咲き始めたので、
もう一度遅咲きの桜の花見に来ませんか?
渓流の魚影も濃くなってきましたよ。山菜ももうすぐ!
 
by phyton_info | 2007-04-11 11:34 | 暮らし | Comments(217)
季節も春らしくなり、草花が芽を出す。
毎日フィトンチッドを運営しながら、今日は何をしようかと考える。
通常の経営者なら緻密な計算と計画で動くのだろうが、
私の最近は、とくにこれと言う予定はない。
その日の天気で大体の仕事を決める能天気な性格だ。
今日は晴れていたので、なんとなく染色モード!
絹のストールをカワイイ色に染めてみようと取り掛かる・・・

b0100253_12185240.jpg


b0100253_12202068.jpg


この取り掛かるのが大変な事で、いったん染色作業に入ると、
体も頭も忙しく、発火?しそうなくらい考えがぐるぐる回る。
一色でもいい色が出れば、事は順調に進むのだが・・・。
今日の染め物は、なかなかいい色が出た?
出たと言えば、最初から結果が判らないような気がするが、
今ではそうでもない。
染め液につけながら色を創造するのだ。
途中、変な色になりかけても助剤や時間、濃度などで調整して何とかカワイイ色をひねり出す。
最近やっとこの感覚が判ってきた。
何色に染まった・・・とかではなく、色をひねり出す・・・。
これが昔は出来なかった、何事もそうだが、自分の理想とする結果に向けて、
ひねり出す事を心がける毎日だ!
なんて、そんなにカッコ良いもんじゃないけどね。

b0100253_12212399.jpg

by phyton_info | 2007-04-05 12:22 | 染め | Comments(0)