ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

<   2007年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

夕べの皆既月食はご覧になっただろうか?おそらく日本中の人が感動したことだろう、あの赤黒い月に私は怪奇月食と名付けた!確かそんな生ぬるい風も吹いていた、何故か望遠鏡を担ぎ走り回ったせいかとても疲れた、知らぬ間に夢に遊び朝を迎えるはずだった!ところが何かトイレに行きたいと感じ、時計を見るとまだ明け方3時半!クヤしながらも立ち上がりトイレに向う、大概この時点で目が冴えてしまうのだが昨夜はもっと夢に浸って居たかった!私は目が覚めぬようほそーい目を開け歩いた、すると不思議と目がさえない、こりゃ良いとばかり目を細~く開けて再び布団へ…そしたらまた夢の続きへ…ご満悦に朝寝坊出来た、これは大きな発見だ!ポイントはやはり目を細~くした事だと信じて疑わない。
by phyton_info | 2007-08-29 17:07 | 自然 | Comments(0)
b0100253_1549164.jpg

いよいよ秋らしくなり、山栗やあけびが実を付けてます。朝晩はとても清々しくトンボもより高い空を飛び交います、夏に生まれた10匹の子猫は来店する方にことのほか好評で、このままの大きさで居てくれたらと願わずには居られません。 しかし余りにも多過ぎるので明日から近隣を周って飼い主を見つける事にしました(T_T)ご希望の方は是非フィトンチッドにお電話下さい、朝起きたらあなたの家の玄関にこの子らが居るかも知れませんよ!
by phyton_info | 2007-08-26 15:49 | 自然 | Comments(1)
「お父ちゃん、このまま真っすぐ歩けば地球の果てに着くの?」・・・・そんな質問ばかり父親に浴びせていた幼い頃、地球の果ては壁みたいになっていて、そここそが地の果てだと確信していた。庭から見える星空が不思議に思えて・・・・ジャンプすればもっと先が見えるんじゃないかと思っていた。
b0100253_1734329.jpg
小さな小学校の天体望遠鏡で月が見たくて先生に無理やりお願いして、暗くなったころ家を出ようとしたら「あんた、歩きながら右に振り向くとお婆さんにカマで首を切られるよ・・・」と姉に脅かされ、それでも月が見たくて学校まで振り向かずに走って行った・・・岩下小学校の校庭からのぞく月はとても大きく明るかった・・・それが宇宙空間に浮かんでいる事を知り、小さいながらとても興奮した。もちろん帰り道は鎌を持ったお婆さんの事などどうでもいいくらい・・・
b0100253_17452512.jpg

それからというもの、毎晩空が開けた畑に毛布をかぶって流れ星を数え、次第に森羅万象への興味が増していく・・・夜という時間は特別なもの、宇宙人を確信し近くにいる熊を怖いと感じなかった・・・あたりは深黒の闇で、自分の掌がどこにあるのかさえも分らない。小さな頭は宇宙の不思議で満杯・・・
ある夜、テレビで岩崎ひろみが「ロマンス」という歌を歌っていた・・・妙に心打たれる曲だった、例の如く「お父ちゃんロマンて何?」と聞くと、すかさず「バカってことだ」と答えた父は天才なのかも知れないと思った。どんな質問にもすかさず答える父は総入れ歯・・・・。
by phyton_info | 2007-08-20 18:05 | 自然 | Comments(1)
連日の猛暑にはすさまじいものがあった、各地で熱中症による死者まで出たようだ・・・ここ増富温泉も過去に例をみない程の暑さで散歩をする観光客もほとんど居なかった、私はと言えば、天然クーラーの入った涼しいフィトンチッドの教室でのんびり昼寝をしたり、冷たいコーヒーを飲んだりして過ごしていた。
b0100253_9552446.jpg
今朝は一変・・・とても涼しく、出不精?デブではない・・の私がランクルで付近を一周してきた。
途中出会う秋の山野草が秋の到来を告げている・・・みずがき湖の湖面も穏やかで
b0100253_9593989.jpg
そこに映る山々や青空が一層の清涼感をもたらす。
b0100253_1033167.jpg

ふと・・増富大橋の欄干に目をやると、「おおっこんな所に立派なレリーフが」
b0100253_106303.jpg
これはみずがきやまだなっ・・
b0100253_1072220.jpg
うんうん、こっちは須玉町の鳥、やませみ。
ゆっくり走らなければ見落としていただろう、ダム湖が出来て16年経つというのに今朝気が付いたんだから何と普段お粗末?というか天然?だろうか・・・しかしフィトンの他の天然スタッフも全員知らないだろう、オオっほっほ ・・・私が第一発見者?恥ずかしい限りである。
すでに夜になるとコオロギの大合唱が始まっている、これに気が付いたのも私が最初・・・他の天然スタッフは知らないはず。私だけ?オオっほっほっ・・・・何か嬉しい、恥ずかしい(._.)
b0100253_10145870.jpg

by phyton_info | 2007-08-17 10:18 | 自然 | Comments(2)
この季節になると色んな虫たちがフィトンチッドの教室に入ってくる。
今朝はオニヤンマ・・・
b0100253_9402450.jpg

一日一匹は入ってくるオニヤンマは、たいがい猫がとって食べてしまうのだが、今日は私が勝った。
「べつに猫と競争している訳ではないが・・・」
b0100253_9423616.jpg

手で羽をつまみ写真をとるのだが、オニヤンマに噛まれると結構痛い。
我慢しながら写真を撮り終え、
「ソレッ」と逃がすと案の定猫がジャンプしてムシャムシャ・・・
かわいそうな事をしてしまった。
今、増富温泉にはたくさんのお客様でにぎわっている。
ぜひ、いろんな方に自然の驚異?を感じてほしいと思う。
そうそうカブト虫、クワガタ、オニヤンマ、セミ、コオロギ・・・etc何でもいるよ!
by phyton_info | 2007-08-11 09:53 | 自然 | Comments(143)
近頃、昆虫を嫌う人が多いような気がしませんか?虫?とみると逃げ回ったり雑誌でパチンと叩いたり・・・はたまた殺虫剤をかけまくる?そんな虫たちの気持も考えてやってください。
でもこの昆虫は皆さんそんなに嫌いでも無い筈・・・
b0100253_14425836.jpg

そう虫の王様カブトムシ、私はこやつらに蜜をあげながら「おい、美味いか」?と話しかけてみた・・すると「キーキー」と返事をするではないか、あまりにも美味そうに蜜を吸うカブトムシの背後から近付いて・・・背中をポンッと・・・すると驚いてピクッとお尻を上げ、蜜から口を離す。びっくりしたなと、また「キーキー」と鳴く。
b0100253_14492124.jpg

今度は水道の脇にいた、ガの蛹・・・チョット突いたら「やめてよ」とピクピク動くではないか・・・。
やはり、こんなに小さな昆虫にも意識が有るのかなと考えさせられる、このようにして私の虫とのコンタクトはエスカレートし、誰もが嫌いであろうアシナガバチにまでおよんだ・・・本来何もしなければおとなしいこのハチ、私がレンズを近づけると、それが嫌なのか「刺したろか」?とカチカチ羽音をたてる。
b0100253_154258.jpg
このように、昆虫とはいえ、真剣にコンタクトを試みると、見事なまでに会話?コミニュケーション?がとれるのです。このあと私は先ほどのカブト虫に「おいカブト」?と話しかけた・・・するとやはり「キー」と返事をしたのです。
是非あなたも試してください・・・虫嫌いが治るかも(^^)
by phyton_info | 2007-08-01 15:12 | カブトムシ | Comments(1)