ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

<   2007年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

どれくらい時間が過ぎたのだろう?気がつくと、どうやら知らぬ間にうとうと昼寝をしていた・・・・
2007年も今日で終わり、ここ増富はとても静かな、穏やかな大みそかとなっている。
すでにスタッフはお休みに入っているのでフィトンチッドは私一人でお店番・・・もともと寂しがり屋の私は「今日だけだぞ」と言いながら犬のセラを教室に入れている・・・
b0100253_12302159.jpg
甘えん坊のセラは私がうとうとしている間も横っちょで座っていたんだろう、室内の日当たりの良い床には猫のゲッピが気持ちよさそうに昼寝をしている。
b0100253_1233283.jpg
まぁ今日は郵便屋さんしか来ないだろうが、年の最後の日まで仕事場に居るのは何となく今年一年がいい年?充実した年?だから自然と足が向くのだろう。
若かりし頃、山の中で星を見て暮すんだ・・・と決意してこの仕事を始めた、色んな事があったがここまで来て良かったと振り返る・・・私の夢は一つだけではないので時間とともに沢山の夢を叶えて行こうと思う。
この静かな大晦日に、すでに次なる野望?(^^)をフフフッと企む私だ・・・・

フィトンチッドは明日、元日も営業してます・・・来て下さいねぇー(^^)
by phyton_info | 2007-12-31 12:48 | 動物 | Comments(2)
あまりフィトンチッドばかりに居るとお尻から根っこが生えてきそうなので、久しぶりに出かけました。
b0100253_7235370.jpg

ここはフィトンチッドより4㌔上流にある町営の宿泊施設「リーゼンヒュッテ」毎年沢山の自然好きが泊る、こ洒落た施設なのだが、冬は路面の凍結などのため休館になる・・・ちょっともったいない感じ。
たまたま支配人が留守番をしていたのでお茶を飲みに寄りこみ、あれこれ互いの一年を振り返った。
b0100253_7285931.jpg
この辺は山と川、空以外に何もない所で、川音を聞きながらの散歩となった・・・雪を踏みしめて歩く山道はとても清清しいものがあった。
増富と言うと冬は雪と氷に閉ざされているイメージが先行しているようだが、そんなことばかりではない・・・冬は冬の楽しみ方が色々とある。
温暖化のせいか昔ほど寒くもなく、雪も少ない、もちろん道路の凍結などはずぅっと上の山の道の話なので、この辺までは簡単に上ってこれる。
何だかんだと増富観光話に花を咲かせた数時間・・・
b0100253_737569.jpg
フィトンチッドに戻ると、待ってました「大掃除」今年一年のほこりを落として、ほら自慢の大きな窓もこんなにピカピカ・・・お正月用の薪を作っていよいよ新年を迎えるべく備える。

今夜はフィトンチッドの忘年会、スタッフ、友達、沢山集まって・・・きっと思い出深い一夜になるだろう。
by phyton_info | 2007-12-29 07:44 | あそび | Comments(4)
b0100253_356716.jpg

フィトンチッドにはこんな鉄瓶がある、最近お客様からよくこの鉄瓶を褒められる。
私の家のお蔵の片隅にあったのをフィトンチッドに持ってきた・・・今では毎日これでお茶を沸かしスタッフと飲んでいる。
良く見ると、片方に龍、もう片方にムカデが描かれている・・・確かここ甲斐の国の武田信玄の戦に赴くときの旗に龍とムカデが描かれていたのをテレビで見た・・・蓋には作り手の名前らしき文字が彫ってある。
もしかして由緒ある鉄瓶?かどうかは不明、作られた年代も不明・・・どなたか判る方、この鉄瓶みていただけませんか?

鉄瓶と言えば、これでお茶を入れると黒っぽい色のお茶になる、昔の人は鉄瓶や鉄鍋で料理し、食していたので「痴呆」?が少なかったと聞いた・・・そんな話をスタッフに聞かせてあげたら、皆感心して その鉄分を摂取している。

「でも何でいつも・・・さんは探しものばかりしてるの」「そうだね、全員天然系とも言えるし・・・」
でも、きっといつか年をとったときしっかりした老人になるべく毎日黒いお茶に蜂蜜を入れて飲んでいる、とても美味しいんですよ(^^)あなたも飲みに来ませんか?
by phyton_info | 2007-12-27 04:11 | 暮らし | Comments(10)
今年も暖冬かと思っていたが何かとても寒い(._.)
通勤途中のデジタル温度計を見るのが怖いこの頃・・・

とか言いながらいまだに私は裸足、何か矛盾してるかなと思ったり。
先日からテレビではクリスマス一色・・・何か自分もクリスマスらしい事をしなきゃ・・・と思っていたらケーキも食べずに朝になっていた・・・明け方に食べたのはチョコの味だった。

どうやらこのまま皆勤賞を迎えるであろうフィトンチッドも明るい天然スタッフ達の?おかげでアッと言う間の2007年が過ぎようとしている。

大晦日から寒波がやってくる・・・との事、この辺はかなり冷え込むだろうが幸い路面には雪もなく天気も良さそうですので、是非私たちの顔を見にいらして下さい。

年末年始、休まずやってますよ・・・・ぉ
by phyton_info | 2007-12-25 19:20 | つぶやき | Comments(4)
何とホワイトクリスマスです★
b0100253_14432154.jpg

子供たちは校庭で雪合戦!私は今夜サンタさん?愛のキューピットに変身します。
b0100253_1446125.jpg

素敵な演出できっと結び付けてみせます。 な~んて、そればかりはわかりませんが・・・
個人的に愛のキューピットになるのは好きです。きよしこの夜・・・
by phyton_info | 2007-12-24 14:50 | 自然 | Comments(2)
先日テレビからバイオリンによる「G線上のアリア」という曲が流れてきた・・・「あっ聴いたこと有る」・・・と思い、目をつむって聞いていたら熱いものがこみ上げてくる自分がいた。
どういう背景で作られた曲かも全く知らないのだが、色々な苦しみから解き放たれた時のような・・・どうせ周りに誰もいないし泣いたって・・・っと思ったのだが、かみしめたその曲をすぐにリコーダーで吹いてみた。
b0100253_414440.jpg
とても気持ちの和らぐ?融ける?その音色に、自分の背負ってきた重たい荷物?を下せるかのような感覚にとらわれた・・・忘れっぽい私は普段使ったことのない携帯のダウンロードで、今それを聞いている、繰り返し・・・なぞるように・・・
b0100253_465540.jpg

正月の2日にはフィトンチッドの星空教室が行われる、今年の星空教室の目指すところは「アストロセラピー」・・・?宇宙と一体になり心洗われるような星の見せ方に加え、リコーダーの音色?と何故かキノコ鍋で、・・・細かい解説などなくても、大人は泣ける・・子供には夢を与えられるような、素敵なイベントにしたい。
その中の一曲に「G線上のアリア」を加えたいと思う。はたして泣かずに最後まで吹けるだろうか?
by phyton_info | 2007-12-22 04:18 | 宇宙 | Comments(2)
たまに思う、片方の脳みそばかり使ってたかなと・・・
そういう時は頭が凝り固まっているのが分かる、誰もが自然にやっている事だが、脳みその?意識の置き方を組み替えると楽になる・・・。

私の場合足首の組み方と、その振り子みたいな動きでそれをする。

左ばかり使っていると感じた時には左足を下にして振り子運動?すると次第に意識が頭の真中を通り、やがて右へと移っていく・・・逆もそんな風に反対にする。

これをしばらくやっていると凝り固まった頭の中の組み換え?最適化?が出来る。
ほらっ・・周りを見れば皆似たようなことしているでしょ?

考えることのジャンルに合わせてこれをすると楽にこなせます。

右で星を見たり、左で語ったり・・・大した頭ではありませんが気分転換には最適です。

詳しくは脳科学の本をチラリと眺めて下さいね(^^)
by phyton_info | 2007-12-20 23:49 | つぶやき | Comments(2)
日々物作りをしているフィトンチッドだが、たまにこんな仕事も舞い込む。
b0100253_5122295.jpg
これは須玉町から依頼を受け「小さい頃の遊びの思い出を書いて」とという事で、数年前に取り組んだ絵本。
締め切りが厳しく、編集者からの催促に追われ、ヒィーヒィー言いながら書き下ろした一冊・・・
小さい頃はかなり危険を伴う遊びをしていたので、教育委員会から「これは載せられない」と判断された原稿もあった。
原作が私、イラストは家内の兄・・・もう残り少なくなった本?だがとても懐かしい思い出だ。
b0100253_5203835.jpg

こちらは家内作の「友情の花・・・」という絵本。
原作が家内の兄、それをアレンジしカラーの絵本に仕上げた、本来私たちはこの手の仕事は大好きなのだが、何を書くにも締め切りが有るので・・・これまたヒィーヒィー言いながらの書き下ろし・・・。でもそうやってアオッテ?くれる人が居なければ、のんきな私たちには出来なかったなと、苦笑しながらも感謝だ。
いつか、再び自然や暮らし、宇宙の事なんかの本を時間をかけて書き下ろしたいと思うこの頃だ。でもその時になればまたヒィーヒィー悲鳴を上げながら編集者に追われるのだろう・・・?まっそれも有り?
by phyton_info | 2007-12-20 05:35 | あそび | Comments(4)
あっという間に一年も終わろうとしている。
やり残した事も多々あるが、とても充実した一年だった、昨夜尊敬する大工さんと「人のために生きる事の幸せ・・・」ということについて話した、何もかもお金が絡む今の世の中、中にはそんな考えの出来る人も居るはずです。

まだまだ未熟な自分に苦笑しながら人生について語りあった・・・そのあと星を見たものだから余計にその言葉が胸にしみた。

常日頃思うのだが、観光業?は感動を売る、得る仕事なんだなと・・自分が感動しなければお客さまも感動を覚えないだろう、お客様が感動してくれるとその感動は倍になり自分に返ってくる。
その味?が辞められなくて長いことこのフィトンチッドを続けている・・・

綱渡りの危なっかしい私だが、いつもの「まっ良いかっ」の精神で笑えるのが嬉しいこの頃だ。
b0100253_17175175.jpg

このフェルトネズミのように小回りの利く?新年を迎えたい。
by phyton_info | 2007-12-17 17:21 | 暮らし | Comments(2)
今朝起きたらこんなことになっていた
b0100253_21332271.jpg

そうこの冬初めての積雪・・・あたりの景色がとても幻想的だった、と思ったのは私だけ?
そう、ここは山の中・・・移動するには車は必需品なので、多くの人が困惑しただろう。

この辺の車は四駆が多いが、それでも皆 路面の積雪は嫌な事だろう。
かくいう私の車も四駆なのだがタイヤがノーマルだ・・・スタッドレスという言葉が合言葉になるこの時期にのんきかなと思う、幸い数センチの雪なので、天邪鬼の私は「よし、二駆で行ってみよう・・・」と出かけた。
こんな時にワクワクするのも私くらいだろう・・・最後の峠はピカピカのアイスバーン、かなりの車がここで引き返していた。 結局そのままフィトンチッドに到着(^^)あたりの雪かきをしてストーブを点ける、やがて日も高くなり雪はどんどん溶けて行った。
 数人の来客が皆、双子座流星群見ましたか?と聞いたが、あの夜はとても寒く薄着の私は五分見てるだけですぐに中に入って・・・の繰り返し。
でも沢山の明るい流星が走った、とてもファンタスティックな一夜だった、
b0100253_21593152.jpg
火星が接近中で夜空が一番賑やかなこの時期は、ここに生れて良かったと実感する。

追伸・・・増富の路面に積もった雪は太陽と融雪剤によりすでに残ってませんので安心してこちらにお越し下さい(^^)
by phyton_info | 2007-12-16 22:05 | 暮らし | Comments(205)