ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

<   2008年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

昨日までの冬型の天気もゆるみ、ここフィトンチッドにはたっぷりのお日様が降り注いでいる。
b0100253_11393955.jpg

雪の積もった山道を長靴でザクザク歩いていると、ガマの穂を見つけた。
b0100253_1141166.jpg

後ろを振り返るとフィトンチッドのある(日影地区)の全貌が見える。
b0100253_11425271.jpg

一つ山を越えると(日向地区)と言う所があるが、日の当たり具合が昔、村の名前が付けられたのだろう。
それらの小さな村々が集まって、増富地区と呼ばれている。だいぶ前から過疎化が進み、この冨里分教所も廃校となり、私たちはここへフィトンチッドを構えた。
b0100253_1152123.jpg

窓から差し込む日差しをたっぷり浴びながらも傍らではストーブの炎がまだまだ絶やせない。
b0100253_11541352.jpg

もうすぐ節分、次第に増富温泉も春へと向かう。こんな静かな山里に足を運んでほしい。
by phyton_info | 2008-01-30 11:56 | 自然 | Comments(18)
晩秋からの薪割りとこの寒さで私は冬バテしている、体もちょっとだけスリム?になった気がする・・・が最近お腹が減ってしかたない(-_-;)勇んでフィトンチッドに出勤するとすぐに昼飯の心配をする、御飯が並ぶと私は無言で口いっぱいに頬張り、一気にたいらげる・・・結構みっともない早食いの大食いだ、だからか力もあると思う・・染の大きなタンクを運ぶたびマンガみたいに地面に足がめり込む感覚さえある、これもひとえにご飯のおかげ。

ご飯を抜いた日の私は見る姿も無い・・・声がか細くなっている、一言「ダメだっ」と言ってお勝手で何か食べる。
この夕方の時間かなりお腹が減っている、すると色んな物が食べ物に見えてくる(-_-;)外に積もった雪に醤油をたらしたら美味いだろうな?と言ってから虚しくなった・・・山の土をどんぶりに盛って食べたら美味いだろうか?

こういう事を考え始めると増富の春も近い・・・。
by phyton_info | 2008-01-26 17:19 | つぶやき | Comments(331)
フィトンチッドには4匹の動物がいる。
赤いメス犬のセラ、とても甘えん坊の9才、町の放送に合わせて唄う歌がとてもカン高くて色っぽい?
b0100253_111817100.jpg

こちらは1才のメス犬ムーちゃん、人が来るとクルクル回って甘える。背中の毛が黄色くゴワゴワしているタワシみたい・・・どちらも良い番犬だ。
b0100253_11311912.jpg

室内に入ると、ネコのジュピターとゲッピがいつもストーブの横で温まってる。
b0100253_11332413.jpg

b0100253_1134568.jpg

多分こんなに幸せな猫たちは少ないだろう。この犬、猫たちの連携プレイでお客様が来る事が3分位前から察知できる。この招き猫と招き犬たちを大事にしながら私たちは生活している。すべてメスなのは特に理由はないが・・・
あっ!スタッフもか・・・。
by phyton_info | 2008-01-25 11:39 | 動物 | Comments(4)
この寒さも手伝って皆暖房用の灯油や車の燃料、はたまた電気ガス代の値上がりでとても大変だ、フィトンチッドでも節約を心がけてはいるが何時お客様が来るかわからないので明かりや暖房を小さくしすぎてはならない、幸い暖房については薪ストーブが主なので以前より格段に灯油の消費量は少ない、この原油高騰で近年薪ストーブの売れ行きは凄いらしい・・・ここ増富温泉でも民宿などが薪ストーブに切り替えている。
温暖化や環境問題が叫ばれるこの時代世の中のエネルギー転換が進むことは必至だ・・・車もより燃費良く、そしてバイオ燃料への転換・・・こういう事態にならなければ思いもつかなかった技術などが発表されている。
色んなものの値上がりもあり私も生活が大変だが、視点を変えるとビジネスチャンスでもあることに気づく・・・ホームセンターで薪を売り出しているのもその一種だろう・・こんな田舎なんか・・と考えがちだった私を含めた田舎者が重宝がられる時代に入ってきた。
あと三年もすればガソリンスタンドは昔ながらの「燃料屋」として薪や炭までも扱うようになるだろう、「いやだなぁ」と思っていた原油高騰も視点を変えることによって環境問題を考える上で良い経験?傾向でもあるかな・・・と思ってるのは私だけではないはずだ。

勝手にこんなこと書いてしまったが混迷した世の中色んな野望?を描いてムフフとするのは楽しいが、横にあるヒーターの灯油が少なくなっていくのは切ない事だ・・・それにこの寒さも一層切ないこの頃ではあるが・・・・・。
by phyton_info | 2008-01-23 04:58 | つぶやき | Comments(5)
一度やってみたかった蜜蝋作り、大工さんの所へ蜂の巣をもらいに・・・
b0100253_175161.jpg
この蜂の巣が蝋で出来ている事、今の子供達はあまり知らないかもしれない。私も聞いたことがあるくらいで、実際に挑戦するのは初めてのこと・・・。
b0100253_17101383.jpg
見よう見まねで大きなボールにお湯を沸かし、蜂の巣をガサガサと入れてみた・・・するとみるみる蜂の巣は溶けていく、途中巣のゴミをアミですくいながらおよそ五分煮てみた。
b0100253_1713393.jpg
やがて冷めると上の方にかなり厚い蜜蝋が固まった・・・まだまだ燃やすための芯も器も用意してないが、記憶にある何とも良い香りが思い出される。課題は沢山残ったがこんな風に?やるのだろうと思いつつ作った、このあとどうすれば良いのか教えてほしい・・・

追伸・・このところの寒さと重い染物のせいか?体がきつい、その甲斐あってかお客様から「おやせになりました」?と聞かれ また薪割りをしてしまう愚かな自分は笑える、フィトンチッドの犬猫がこの春に赤ちゃんを産むであろう予感・・・是非あなたのところで貰ってほしい。 
by phyton_info | 2008-01-19 17:29 | 昆虫 | Comments(9)
染めの事である。ここに来て、毎日寒い日が続くので明るい色を染めたくなった。
b0100253_15371227.jpg

b0100253_15374345.jpg

ピンクに黄色・・・頭の中の春は、こんな色?なのかな。いくら火をつかう染め小屋でもかなり寒い。「早く仕上げねば」とあせりながらも、こんな感じに・・・
b0100253_15394163.jpg

b0100253_1540978.jpg

最近なかった私の春色・・・なんとか日没までに終わった。
そんな中、私は別の春。味覚の春・・・?を探した。まだ可哀想かと思ったが10個程のふきのとうを採取・・・。
b0100253_15433352.jpg

小さく刻んで・・・
b0100253_15442797.jpg

フライパンで炒めて完成♪
b0100253_15451344.jpg

ふきみそだ。こんなに早くふきみそを食べるのは始めてかも知れない。ちょっと得した寒い一日?だった。
by phyton_info | 2008-01-17 15:47 | 染め | Comments(1570)
今朝フィトンチッドに来てみると、地面は凍りつき、あちこちにバリバリの氷が・・・
b0100253_9424664.jpg

「寒ぶっ」と思いつつも染めの釜に火を入れ、負けじと仕事?昨年末から取り組んでいた大型のフェルト人形も完成した。
b0100253_9471957.jpg

身長60㎝大作だが、まだこの娘の名前が決まらない。良い名前をつけたいのだが、ブログ上で募集しようと思う。自然や星にちなんだ名前お待ちしています。
by phyton_info | 2008-01-15 09:50 | 自然 | Comments(246)
恥ずかしい?事なのかも知れないが、夕べ鏡に自分を写した・・・あたりまえな行為なのだろうが私にとっては今年になって初めての事・・・普段あまり鏡を見ないので「へーっこんな顔なんだっ」と・・・見なきゃ良かった(-_-;)鏡からはみ出しそう・・・息子がそっくり?との事なので何となく分かっていたが大した顔ではない事を自覚。
b0100253_653111.jpg
早起きの今朝増富観光協会で制作中の氷のオブジェ「氷山みずがき」を見に行って来た、おぉぉっなかなか大きく成長しているではないか・・・これは増富温泉中心部に作っている。
来月3日に氷祭りが開かれ沢山のお客様で賑わう事だろう、でもこの寒い増富で更に氷祭りとくればゾクゾクしてきます。
でもこの氷のオブジェ、私の記憶では山梨県内で一番早い?元祖のオブジェ・・・考えた人は大したものだと感心する。
b0100253_741650.jpg
鏡開きの今日、フィトンチッドでも神事の「お田植」をしようと準備をしている、また一年で最も日の出の遅い今日を過ぎれば何となく春が近くなるような気がしてきた・・・昔ほど寒くはない増富・・そしてみずがきの森に冬景色を見に来てほしい。
「癒し」という言葉を超えた何かがここには有るはず・・・。
by phyton_info | 2008-01-11 07:21 | 暮らし | Comments(11)
このところの暖かさでまるで春のような増富温泉、暖かな突風により吹き飛ばされた染め小屋の屋根も、大工さんの技で復旧・・・より快適な染め小屋に生まれ変わった。
先日から取り組んでいた梅染めの毛糸もほら・・・
b0100253_18471721.jpg
微妙な色合でしょっ(^^)最近の私の染めには無かった淡いピンク?にオレンジがかった・・・ぅーん表現は難しいけど、初心に返ったような基本の?色・・・

こういう色を近頃忘れていたような・・・チョット気候も手伝ってルンルン?した気分を味わった。
昼食を摂ると太陽は南中、ストーブが消えているのも気づかず、遠い夢の彼方に居たらしい・・・
ふと気付くと隣の椅子でも約一名、コックリと船をこいでるような・・・呑気な人間・・・いやいや犬猫までも、この辺が自営の強み・・眠いまま仕事するより10分寝るようスタッフには伝えてある。

この暖かさもどうやら今夜でおしまい、週末には雪の予報がテレビから流れている・・・まだまだ長い増富の冬、チョット薪割りに疲れているけど、薪をまだまだ沢山頂ける事になっているのでせっせと割って環境、経済、体力、感動・・・の一石四鳥の営みを続けていこう。
by phyton_info | 2008-01-09 19:13 | 染め | Comments(646)
昨日から妙に暖かな風が吹き、昨夜は怖いくらいの風が・・・・恐る恐るフィトンチッドにやってくると・・・色んなところに被害が(-_-;)電線は垂れ下がり、板やテーブルが゛ちらばっていた・・・もしかして「春一番」?とか思うほどの風・・・
いやぁな予感の染め小屋に行くと何と屋根がない・・・吹き飛んでしまった・・・
今日は梅の小枝で絹糸を染めるつもりで来たのにガッカリ(._.)
気を取り直して校庭の片隅に・・・やっぱりあった(^^)
b0100253_10575413.jpg
ふきのとう。1000メートルの増富にも春が来ていた・・・ちょっと嬉しくなって中止のはずの梅の枝を押し切りでボコボコ切って・・・
b0100253_1102723.jpg
グツグツと今煮込んでる最中(^^)
今日は青空の染め小屋で?梅を染めるぞ・・・・八八八ッちょつと情けなや(._.)
by phyton_info | 2008-01-07 11:03 | 自然 | Comments(2180)