ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

<   2008年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

フィトンチッドの校庭を歩いていると、西の方で鳴く鳥の声、瞳のピントを遠くの方に合わせると、白い花のかたまりが見える。そうだ!とちの木の花が咲いたんだ。
b0100253_13164840.jpg

思い立って歩き出した。巨木の真下に立つと、白いふさ状の花が無数についている。
ほのかな香りもあっただろうか・・・。

とても気分が良いので、スタッフのリクエストに応えてリコーダーを吹く・・・。
久しぶりの笛だ、やっぱり気持が良い。
b0100253_13285100.jpg


こういう時は何をやっても気持ち良いから新作糸とシャツの写真撮影・・・。
b0100253_1330385.jpg


b0100253_133122100.jpg


雨上がりのしっとりした空気の中、フィトンチッドという店のネーミングがピッタリだなと自負した一瞬でもあった。


姫神のメロディーが心地よく聴こえている。
by phyton_info | 2008-05-30 13:35 | 自然 | Comments(0)
数日前からとても眠い・・・昼寝はあまりしないほうだったが、ここ数日はお昼すぎには しばし夢の中へ(._.)

午後のお茶を飲んでも何だか眠い・・・。

疲れかな?とか言いながら空きビンを枕に夢に吸い込まれた・・・。

皆の話声に我に返り恥ずかしさをぬぐうが時すでに遅し・・・しっかり大きな鼾を聞かれてしまった(-_-;)

表で仕事してるヒロ君、若くて羨ましい・・・。

今夜はチョットだけ呑もうかな(^^)
by phyton_info | 2008-05-28 17:37 | つぶやき | Comments(0)
先日ふれたように暑い晴天の中、白樺の皮を獲りに出かけて来ました。
b0100253_4301646.jpg
春の大雪に耐えかねて折れてしまった白樺の木から恵みを分けてもらいます。かなりの重労働ですが・・・
b0100253_4331195.jpg

幹が太いため皮は厚く、きっと良い色が染まるでしょう・・・。
辺りを見回すと私はゼンマイの群生の中にいる事に気づきました
b0100253_4365612.jpg
標高1500メートルの森には小川が流れていて、セラと一緒に小川の水で喉をうるおしました。
b0100253_4391985.jpg
セラも帰りたくないようなので、仕方なしに?いつもどうり抱っこして車に乗せ、帰路につきました。
b0100253_441247.jpg
白樺染めは久しぶりですが、紫がかった独特の色を染めようと思います。

染めてる現場見学もOKですので、気軽にお訊ね下さい・・・
by phyton_info | 2008-05-27 04:52 | 染め | Comments(241)
世界中で気候や変動、諸問題が取りざたされている今 何か世界中変だな?と感じている方も多い筈。

今頃の増富は梅雨前の安定した天気になっているはずなのだが・・・今年は何かとっても変・・。
昨年の強い寒波で昆虫たちもやられただろう?と思っていたら、一週間ほど前からスズメバチが妙に多く、フィトンチッドの教室にも毎日のように窓から入ってくる・・・(-_-;)

殺生は避けたいと思い、ほおっておけば?って言う自分も今日はさすがにキレた<(`^´)>朝から20匹を超えるスズメバチの来室に久しぶりにバドミントン部の血が騒いだ・・・<(`^´)>

天井付近をぼーぉぉぉっと飛ぶあいつにはジャンピンぐスマッシュで挑み、窓際をぼぉぉぉぉんと飛ぶやつにはバックハンドで・・・。

何でこんなにハチが多いのか?前にふれたように、ハチが高い所に営巣する年は、決まって猛暑と激しい雷雨・・・それから前にも記憶にある10コを超える台風の襲来・・・。

20センチはあろうかというシナンダレ・・そう大きな蛾の幼虫・・・それも短い毛並みに本体の色は鮮やかなグリーン・・・聞いただけで怖いでしょ?それが、道路を覆うほど大発生することも・・。

もちろん隙間から室内にも沢山入ってくる。

こういう年が十何年?かの周期で過去にはやってきていた(._.)

まだまだ思いつく事は沢山あり過ぎ・・・。

大毛虫の写真も撮りたいけど、アップしたら叱られそうなので図鑑で調べてみてね。

数々の異常事態が発生している地球だが、それらを対岸の火事とは考えずに、自分を戒めておきたい。

追伸・・・スズメバチはたいても、外さないから安心してフィトンチッドに来て下さい。
by phyton_info | 2008-05-23 18:51 | つぶやき | Comments(22)
今年の天気は安定せずに気温の変化が激しいですね。そこで、フィトンチッドの天然天気予報をお伝えします。
b0100253_1351737.jpg

玄関先に吊るした松ぼっくりが開いて来たので、しばらくは晴天が続くでしょう。
b0100253_13572697.jpg

屋根のコメバチの営巣場所が例年よりかなり高い所に集中しているので、この夏は暑くなり、発生、上陸する台風も多いかと予想されます。ちなみに平年は高さ1m程の所に作るのが、今年はなんと2m以上です。
by phyton_info | 2008-05-20 14:32 | 自然 | Comments(4)
緑も濃くなり、自然界は尚更に進行を早めている。
b0100253_484882.jpg
枝の折れた日影のとちの木も、葉っぱが青々と・・・根元の周りには一人静かも沢山咲いている・・・。
その存在感が見事なまむし草。
校庭の西側では家内が藍染をしていた
b0100253_4143860.jpg
今年の藍瓶も元気な色だ事・・・
ゲートの近くではヒロ君がヒノキの皮をむいている。
「この皮、染まりますか」?「やってみようか・・・」窯でグツグツ煮ると赤茶の染液が取れた。
ストールを二枚染めて、校舎に入ると・・・もう夕方なのに北の廊下から 眩しい位の西日が射している。
b0100253_4222399.jpg

この陽を背に笛を吹いたらどんなにか気持ち良いだろう?
笛を持ってブラブラ歩いていたら次のお客様が・・・そうかな?と思ってコーヒー入れてたら、やはりテレビの?映画の?関係の方らしい。

コーヒーが美味しかったのか、お替りをしてゆっくり帰られました・・・そしたら笛をどこに置いたか分んなくなっちやつた・・・(._.)
by phyton_info | 2008-05-16 04:28 | 自然 | Comments(3)
今、窓を開けると・・・ケロケロ、グァッグァッっと何かの歌のような響きが聴こえてくる♪
私は、暗い?曲、神秘的な曲を好んで聴いているが、自然の環境音ほど落ち着く音楽は他に見当たらない。

その音は意識しなければ聞こえなくなり、意識すれば再び聴こえてくる・・・なんて素敵な音楽なのだろう(^^)

雨の音、風の声、木々のざわめき・・・どれを取っても完璧なまでの旋律だ・・・♪私がたまに言う星ぼしのパキパキという音も察していただけるだろうか?

今日の月はボょンとしているが、晩秋の月はピキンピキンというおとがするのだ。

きっと心にそう聴こえて来るのだろうが、何とも神秘的な環境音?だと思う。

これからしばらくは、カエルやイモリの声が響いているので、どうぞ聞いてみたい方はフィトンチッドに来てほしい。

周りがすべて田ぼなので、初めて聞く方にはチトうるさく聴こえるかも知れませんが・・・。
by phyton_info | 2008-05-14 20:48 | つぶやき | Comments(19)
緑も日増しに濃くなるこの頃、今日もフィトンチッドに一番乗り。
b0100253_98061.jpg
いつもどおりジュピターが車まで迎えに来てくれる、犬たちもニコニコ笑って迎えてる。
b0100253_9101878.jpg
北側の廊下はオルガンや笛、昔の鐘が時の止まったような空間に並ぶ・・・
b0100253_9123189.jpg
左側のドアが「ほらっ開けてみて・・」と誘う。
見慣れた光景だが、表のひんやりした空気のせいか、とても締った空間に感じる。今日は朝のうちストーブを点けなきゃ寒い・・・大きな音で女性ボーカルの音楽をかけながら玄関の掃き掃除をした。
b0100253_9172227.jpg

最近よく売れるフェルトペンサックの色が目に程よい刺激をもたらしている・・・
b0100253_9185988.jpg
反対側に並んでいる草木染めの糸たちの色は目にやんわりと心地よい。

さあ、今日も始まりだ・・・チョット寒いけど、誰でもふと立ち寄れるフィトンチッド・・・こんな感覚を求めて長い間お店を開いてる。
校庭に植えたさるすべりもだんだん葉っぱが大きくなり、朝の露がまぶしいくらいだ。
by phyton_info | 2008-05-12 09:33 | 暮らし | Comments(3)
ここみずがきの森で私はいつも星空に浸っているように思われる方もいると思うが、現実はそうさせてくれない(._.)

夜になれば毎晩、振るような星空なのだろうが、仕事がら昼間の活動が多いので 「星空教室」などと括らなければ、なかなかそういう時間は持てない(._.)

夜中に一人起きだして、サマーベッドを車に積み、山の上で見ていた若い頃が懐かしい・・・
このまま星ぼしの隙間からUFOが降りてきて自分は何所か別の星に連れ去られるのでは?なんて言う「恐怖感」を覚えながらも、必死に微光星をたどり、南の山のきわまで辿ると、今度はジャンプして、そのもつと先を見ようとする子供みたいな考え・・・

UFOならともかく、こんな山の中でじつとしていたら、熊に食われるかも?という恐怖に苛まれたり・・・星を見るのは周りが見えないから、心を宇宙に開くから、余計「ガサッ」って音には敏感になる。
今でこそ夜、熊が出てきて襲われたら、それも自然の成り行きか・・・と呑気に構えられるが、横を鹿の群れが通って行く時は、かなりビビってる自分が情けないよ(._.)

またいつか沢山のお客様とともに、みずがきの森あたりで降るような星空を見たいし、解説もしてあげたい。
星空ほど気軽に人生観変えてくれる自然素材は他にはないと思う。今の季節は夜中には夏の銀河が南東から上がってくる・・・その中に点在する、星の大集団や星雲、望遠鏡なんか要らないくらいの、バシッと切れ間の入った銀河を・・・太古の人々が恐れ崇めた、神秘の一瞬をあなたに見せてあげたい。

文章だけでは伝えづらいのだが、そんな降るような星空が見たくなったら、いつでも連絡してほしい・・・少しでもあなたの心に響くような曲を笛で吹いてあげたい。

そんな感覚?感傷に浸れるのも今までの人生振り返ってみての事・・・その話の続きは星空の下で話しましょう。
by phyton_info | 2008-05-10 03:10 | 宇宙 | Comments(9)
なんか子猫がウロチョロして、微笑ましいんだけど危なっかしい。
b0100253_8204272.jpg
うっかり踏みつけないように下ばかり気になって・・・
たまに子猫撮影会になったりして。
b0100253_8224199.jpg
猫好きなかた、この連休はチョロチョロ歩く子猫・・沢山抱っこ出来ますよ。

連日遠くからいらっしゃるお客様いつもありがとう・・・毎日が出会いだったり再開だったり・・・今日はちょつと肌寒い朝ですが、フィトンチッド皆、そろって出迎えますよ(^^)

またまた今日の出会いに心、弾ませてますね・・・(^^)
by phyton_info | 2008-05-05 08:28 | | Comments(10)