ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

<   2008年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ほら!こんなに大きくなった幼虫(^^)

b0100253_15382875.jpg

東北に送ります。
子供たち喜んでくれるかな・・・。

b0100253_15402449.jpg

見たくなかった方、ごめんなさい。

7月に入ればカブト虫捕りができます。 ぜひ参加して下さい。
by phyton_info | 2008-06-27 15:42 | カブトムシ | Comments(1)
タイトルを見て写真を見たくない方がおられると思うが、今夜は写真は載せません・・。

自分でカブトムシの幼虫掘ってるとまるでイモ掘りをしているような感覚になる。
100匹のカブトムシは衝撃的かも・・・?

チャンスがあったら写真載せますね(^^)

あちこちで大雨や災害が発生しています、皆さんのところはどうでしょう?「みずがきの森から」で以前紹介した「天然天気予報」思い出してください・・・自然は事前に気象を察知する能力があるようですね。

この辺で数年おきに大発生する「シナンダレ」という生き物を見に来ませんか?
今年あたり大発生するんでは?とドキドキしてます・・・。

あなたのところで見られる自然現象や昆虫、植物の情報を教えてくれませんか?

この梅雨時にジンワリ香る甘酸っぱい匂いもフィトンチッドなんですよ(^^)ここで森の生気を存分に吸い込んで充電・・・?ちょっと古臭いけど・・・そんな気分転換してみませんか?

今日何組も断ってしまった手作りケーキ・・明日は用意してますので是非お茶しにきてください。

明日も私はフィトンチッドにおります(^^)声かけてね・・・。
by phyton_info | 2008-06-25 19:12 | つぶやき | Comments(240)
車から降りると甘酸っぱいフィトンチッドの香りが辺りに漂う。この大雨もそれを自重しているようだ。

雨と言うのは、いろんな予定が狂うものだが、ずっと気になってた毛糸の藍染を決行した、校舎の一番西側にある染め小屋は火と水で、まるでサウナのようだ。

b0100253_14374342.jpg

単調な雨音に順調に染めは進み、5㌔の青い毛糸が染まった。
紫陽花のような、こんな青が染めたかった。

b0100253_14393281.jpg


夏休み前にたまった仕事は山?ほどあるが、それを考えるより、帰り道のホタルの光が気になる。

昼の仕事はあるし・・・夜ホタルの写真も撮りたいし・・・

ええ~っ こんなんじゃ星見てる時間がなくなる。

今日から少し不規則な生活パターンをくわだてている。

b0100253_152020100.jpg

by phyton_info | 2008-06-24 15:22 | 染め | Comments(0)
最近あまりテレビを見てないので、天気の様子も分からない・・・(-_-;)

朝晩はとても気持ち良い気温だが昼間の暑さは梅雨明けを思わせる暑さだ・・・。

こんなに厚い洋服をまとっている犬たちはさぞかし大変な気持ちだろう。
b0100253_17101898.jpg
このセラ、夕方の六時の「遠き山に日は落ちて」・・・の音楽に合わせてとても上手に歌う?んですよ(^^)

是非、夕方の時間帯にもフィトンチッドに来て観て・・・本当にうまく歌います・・・。

町の方はかなりの暑さでしょうからあなたもどうぞお体ご自愛ください。
by phyton_info | 2008-06-17 17:15 | | Comments(135)
このところ梅雨も中休みらしい、夜になると星ぼしがチラホラ・・・しばらく見てると天の川まで見えてきた(^^)

こんな気候になると外で焚き火して星やホタルや、はたまた鍋なんかも食べたくなる。
私も最近になって少しだけお酒が飲めるようになったのでフィトンチッドの庭で楽しい宵の宴をしませんか?

テントを持ってくれば泊まる事も出来ます・・・ちと犬たちがうるさいけど・・・。

皆で懐かしのアニメソングなんか歌って、いつでも連絡くださいね。

星の解説なら任せて下さい(^^)でも酔っても出来るか不安?怖い話もありかな・・・。
by phyton_info | 2008-06-16 08:09 | 体験 | Comments(124)
早起きをした今朝、みずがき山に向かって車を走らせた。
b0100253_1413473.jpg


緑も濃くなり、川の流れがあたりの空気を浄化している。
この川の水・・・上流に何もないので飲料にも出来るほどだ。さすが日本百名水だけある。

ふと脇を見ると、アヤメが咲きそうだ。
このアヤメには深い思い出があり、私の好きな野草のひとつだ。
b0100253_14164947.jpg


校庭には真っ赤なバラが咲いている。
「赤を撮るのは久しぶりだな」と思い、撮ってみるがなかなかうまく撮れない。
b0100253_14204256.jpg


草花に話しかけ、今日の日が良き日になるようお願いした。するともう一つの赤・・・みかりんの車だ。もうそんな時間か・・・。花に水をあげながら静かな一日が始まる。
by phyton_info | 2008-06-15 14:25 | 自然 | Comments(225)
20年ほど前は、科学者の警鐘として位に言われていた「環境問題」・・・何年も経た今になりテレビ新聞、そのたぐいの雑誌やサイト・・・。

溢れんばかりの環境に対する意識?気運が高まってきたこの頃。何をするにも炭素を吐き出す社会、情報や憶測が独り歩きして、肝心なところが見えてこない。

ガソリンの高騰で出控えている方も多い筈・・・「一人ひとりが出来ることから・・・」と言うが一旦便利、楽、という感覚を味わってしまった私たちにはなかなか実践するのが難しい問題だ。

私はたまたまこんな秘境に生まれおち、小学校の時までは舗装道路もなく(T_T)雷が発生するたび停電になり、道路には馬が行きかっていた(._.)

そのころの生活はとても充実していて、太陽の傾き、月明かりを巧みに応用し、魚が沢山捕れる日・・・とか地バチが一番多い月廻り・・・何かを自然と身につけられたものだ。

小さいうちから自宅のストーブの着火や薪風呂、コタツに入れる炭のおこし方・・・今でもこくめいに蘇ってくる。

電気、とは大切な物だが、力が足りないと何時も父がぼやいていたのも思い出される。

一旦停電になると何日かは復旧しないので、その間は全くのオール非電化住宅になっていた・・・
お風呂に入る時は蝋燭を、トイレにも蠟燭・・・蝋燭が大活躍していたのを思い出す(^^)

何年か前からオール電化住宅なるものがはやってきたが、あれは炭素の塊だと思う。

これから家を持とうと言う方が居たら、是非「オール非電化住宅」などはいかがだろうか?

家族の会話も広がり、友人が訪ねてきても感動の嵐・・・(^^)ランプの明かりで飲むお酒は格別だろう。

酔い覚ましには表に出て、満点の星空や、青い月を見るのも良いだろう。

スイカやビールは小川で冷やして・・・。

生き物としての自分を再発見できるような気がします。
by phyton_info | 2008-06-09 11:03 | 暮らし | Comments(119)
スタッフ4人態勢で始まった今年・・・フィトンチッドにもいろんな新作が並ぶ。
b0100253_11434530.jpg

12センチ程の楽器を持つフェルト人形は、表情も楽しく売れ筋だ。
b0100253_11453798.jpg

定番になりつつあるペンサックは、いろんな動物たちをモチーフに・・・。

スタッフ4人がそれぞれに個性を発揮している。

私は?と言えば、染めものをする機会が多くなり、今では肌に優しい綿糸や麻のストールを染めている。
b0100253_11491396.jpg

染める時はフィトンチッドの天然キャラが出て、染め小屋は賑やかだ???XXX?☐☐☐・・・? 

忘れてはいけない新人のヒロ君・・・フィトンの天然に染まってなるものか・・・。と気張っているが、君もいつか天然色に染まるでしょう。

とちの木の花も満開で、朝の空気は気持ち良い。
b0100253_1155375.jpg


b0100253_11561454.jpg

この写真からフィトンチッドを感じていただけるだろうか?
by phyton_info | 2008-06-08 11:59 | 自然 | Comments(0)
先日から取り組んでいる白樺染め。
b0100253_4583533.jpg
草木の命を色に託すことの喜びを感じた染めだった・・・。
糸も布も、とても柔らかな感覚と色合いだ(^^)
b0100253_55872.jpg
もう一つ柔らかな・・・と言えばこの子猫・・・。残りの一匹だったが、ようやく貰い手が見つかり、道端に出していた「子猫差し上げます」の看板を外した。

フィトンチッドから貰われて行った子猫はすでに50匹以上・・・。中には一日に三回目の色が変化するという珍しい猫もいた。
みんな元気にしているだろうか?
by phyton_info | 2008-06-04 05:15 | 染め | Comments(2)
私のお店は「フィトンチッド」という名前だ。
このフィトンチッドには深い意味が有るのだが、皆さんは知っているだろうか?  

そう樹木や植物が発散する揮発性の物質の名前だ・・・森の中を歩くときに感じる清々しさや心地良さ・・・これらの感覚を与えてくれるのがそれだ。

このフィトンチッドは本来自分で身動き出来ない植物の、対細菌除去手段に使う殺虫剤のようなもの。

だからヒノキなどで作られたお弁当箱や檜風呂、桜餅に使われる葉っぱ・・・数限りないほど殺菌、殺虫には効果がある。

ところがこのフィトンチッド、人間が吸い込むと大脳や体の機能を活性化して、気持が落ち着いたり心地良さを感じる。

この物質、色んな抽出方法が有るのだが、私のお店では、草木染めをするときに用いる、火にかけて植物を煮出す方法を、毎日のように繰り返している。

いつもは、染料として煮出すのだが、もし煮出した液が欲しいという方は連絡してほしい。

これからだと、ヨモギ、桜、樹木の皮や葉っぱ・・・。

これらを染色とは限らず、何らかの事に活用できないかを模索中だ。

どなたか、お知恵を貸しては貰えないだろうか?色んな意見を聞かせてほしい。
by phyton_info | 2008-06-02 08:17 | 自然 | Comments(128)