ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

<   2008年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

この暑い夏にフィトンチッドでは、すでに秋?用フェルトを作っている。

b0100253_1021145.jpg


これは羊の原毛を草木染したもの。 草木染とはいえ、いろんな色がある。
b0100253_10243843.jpg


これは家内が作ったフェルトスイーツ?ケーキ?なんかとても美味しそうだ。 近日販売予だ!

b0100253_10275243.jpg

う~んこの辺はポニョ?をイメージしたのか、なんとなくポニョに似ている草木染フェルト人形。
いずれも店頭にはすでにありますので見て下さい。

ネットでも近日中に販売いたします。
by phyton_info | 2008-07-31 10:33 | あそび | Comments(1)
今夜はいつもの天の囁きが一変・・・ゴロピカ、ピカゴロ・・・昔の人は天が怒っていると感じたのも無理ない(._.)
私も幼いころ雷が怖くて耳をふさいでいた。
目の前を走る閃光におののき、バキーンと言う大音響に泣き叫んだ事だろう。

それを家の父は幼い私を土砂降りの大音響の、走る閃光の庭に連れ出し「雷なんて怖くなーい」と無理やり見せられたものだから・・・当然今、雷が怖い(._.)

決まって恐怖映画には雷も付き物で・・・「ギャァーぁ」となるシーンを見た事もある。
今夜はフィトンチッドにお泊り・・・何か起こるかも?

しかし今は幽霊とかより雷の方が怖い(-_-;)時々ゲッビが一点を見つめて目を見開いているのは何故?
夜中に宿直室をドンドン叩くのは誰?カメラに映った白い光は何?

「あぁ」少しだけ涼しくなった。でもみんな本との事・・・ここは昔の学校だから。

あなたも来て見て聞いて・・・。
by phyton_info | 2008-07-26 22:21 | 宇宙 | Comments(223)
あなたは水ロケットというものを知っているだろうか?多分テレビなんかで見たことあるはず。
ペットボトルを組み合わせロケット状にし、底から水を少し入れて・・・後は発射台に取り付けポンプで空気を入れる・・・。
今まで馬鹿にしてかかっていた水ロケット、3 2 1発射とレバーを引いてたまげた(o|o)何と100メートル以上飛んで行っちゃって・・・よそのお宅の田んぼの方にドカンと落ちた・・・。

これからが大変だ、スタッフのヒロ君と息子と三人で藪の中に分け入り機体を探すのだが、発射地点から100メートル以上離れているので なかなか見つからない。

しかも私は短パンにゾウリという軽装で草むらを探す・・・蛇がいないだろうか?とビビりながら草を踏む。
「チク・・チク・・」と何か所かに痛みが走る・・・やられたっハチに刺された。
ヒエーッと逃げている間に足二か所、腕二か所・・・計四か所のハチ刺され。
刺されてからの20秒間が一番痛みのピーク。

小さいとはいえ黒スズメバチなのでなかなかの激しい痛みだ・・・フィトンチッドに逃げ帰ってキンカンを塗る。

なんで毎年私はハチに刺されるのだろうか?今は痛みより痒い感じだが、自然の驚異を再認識出来た?

なかなか見つからなかった水ロケットも30分程で見つかり、痛みをこらえながらサイド空気を詰めて発射・・・ボーッと音をたてて飛んでいったのは隣の家の屋根・・・マイッタ。

遠慮しながら屋根に登らせていただき機体を回収。

とても楽しい水ロケットだが飛ばす場所を考えないとろくな事は無い。

もうちょっと改良をしてお盆の水ロケットイベントに備えるつもりだ。
by phyton_info | 2008-07-24 03:15 | 宇宙 | Comments(0)
b0100253_12102520.jpg

外は炎天下、しかしフィトンチッドの中はクーラーいらずの良い風が…
知らぬ間にうたた寝していたようでガバッと開いたドアに驚き窓辺を見上げると…あっ国蝶オオムラサキだ、超綺麗…
こんなに涼しいから、うたた寝の続きでもしようかな?涼しくてすみませ~ん(^^)
by phyton_info | 2008-07-21 12:10 | 自然 | Comments(3)
朝から私の膝元で何かを訴えるネコのゲッピ(=^・^=)

「そろそろ生まれそう」
と言ってるのだと分かった。

満月1日前にいよいよ破水・・・!

b0100253_1053425.jpg

1匹目は逆子のためシッポから出始めた。
なかなか頭が出ないので、私は赤ちゃんの足をつまんで引っ張って手伝う。まるで助産夫さんだ。

b0100253_1094927.jpg

およそ一時間半、次々に生まれた赤ちゃんは合計6匹、しましまやシャム?みたいなの・・・。
いろんな模様だ。

b0100253_1015021.jpg

いよいよ今夜はジュピターの番だろう、また「助産夫」さん頑張ります。
ぜひ見に来てね!

b0100253_1018251.jpg

by phyton_info | 2008-07-18 10:20 | | Comments(1332)
フィトンチッドの招き猫「ジュピターとゲッピ」どちらもお腹がボテーッとして・・・

b0100253_10155492.jpg


b0100253_10163926.jpg


今にも子猫が生まれそう=^_^=  今度の満月くらいかも?
夏休みフィトンチッドに来れば、生まれたばかりの子猫に会えるかも。
同時に里親も募集します。
また賑やかになります・・・。
by phyton_info | 2008-07-16 10:22 | | Comments(10)
私の自宅はバス停まで二キロある・・・田舎と言うより山の中だ。
普通に猿やイノシシ、鹿、熊が出てくる・・・自然・・と言うと聞こえは良いがほとんど「もののけ姫」みたいな世界だ(--〆)
車が無ければ生活に不便するが、このところのガソリン高騰でいささかまいっている。

でもその原油高騰がうまーい方向に進んで、山林の価値が上がるのを密かに期待している。
あなたも冬になればストーブを使うだろうが、これだけ石油が高くなると、きっとかなり節約をしていることだろう・・・。
今になれば石油ストーブと薪ストーブのコストはそんなに変わらないと思う、もう少し薪ストーブ使用者が増えても良いと思う。

もちろん全然危なくなんか無いですよ(^^)v使い方を守ればこんなに快適な暖房は他に無いくらい。
先に触れた車のガソリンだが、いっそのこと一リットル1000円位になればこの辺では再び馬が走るかも知れない・・・通勤に馬やロバ、遠出にはラクダ?なんて時代がホントに来るかも知れませんね。

きっと車より、コストは安いし乗っていても気持ちいいよね。保険もかかるのかな?対人とか、対物とか?

何はともあれ、こんな窮屈な時代を生き抜くにはそんな考えも出てくるんです。

話の続きはフィトンチッドに来たときにゆっくり話しましょう。
by phyton_info | 2008-07-14 10:27 | 暮らし | Comments(1)
梅雨明け間近のこの頃、なかなか星が見えないなぁと、思っていたら昨夜キレイな木星が光っていました。しばし夏の夜空を楽しんで就寝・・・

b0100253_1512250.jpg


b0100253_152825.jpg

来る8月12日夜、天文界の一大ページェント「ペルセウス流星群」が見られます。昨年は皆でシートに寝転んで観測・・・。

b0100253_1554520.jpg

私は笛を吹いて、流れ星の流れるのを促進?した。
今年はいったい幾つの流れ星が流れるでしょう。あなたもお願い事考えて、8月12日の夜フィトンチッドに来ませんか?絡待ってます♪
by phyton_info | 2008-07-12 15:14 | 自然 | Comments(9)
我が家にはカブト虫のなる木がある。
なぜか毎年たくさんのカブト虫がその木に群がってくる・・・どうやって捕るか・・・そう木を蹴飛ばすのだ。するとバタバタカブト虫が落ちてくる。一蹴り20匹くらい・・・。

そうやって集めたカブト虫200匹をオリに閉じ込めてフィトンチッドに置いていたことがある、とある夜フィトンチッドの玄関を開けた瞬間腰が抜けそうになった・・・すべてのカブト虫がオリから脱走し、壁や天井にガサガサとへばりついていた。

カブト虫がチョット怖くなった瞬間だった。
想像出来ますか?・・・・ねっ怖いでしょ。

あなたも沢山のカブト虫に会いに来ませんか?
by phyton_info | 2008-07-10 01:38 | カブトムシ | Comments(139)
梅雨明けまではもう少し、この時期私の住む岩下地区では蛍が乱舞している・・・もう20年も前からだろうか?
この素晴らしい蛍という名の小宇宙を写真に撮りたくて・・撮りたくて・・・しかーしまだ未だに撮れてない(T_T)歩いても行ける川原なのに・・・しかも星より簡単に撮れるというのに・・。

実は以前にも書いたがこの年になり少しだけお酒が飲めるようになった。そっそれが原因だ((+_+))蛍の乱舞が始まる頃、私はご機嫌で一杯やっている。

家内に「お父さん蛍写さなくていいの・・・?」と聞かれた頃にはすでにオネムの時間。
「明日に撮るよ」と言って何日経ってしまつたことか・・・(^_^;)いったい私に蛍は撮影出きるのだろうか?
今夜こそとっと昨夜カメラを用意していたら突然の雷雨・・・。

「何てことだ・・・っ」とか言いながら「安心して一杯やってしまった」 いかんいかん、蛍を追い続けて二十数年・・・一体私に蛍は写せるのだろうか?

アンドロメダ星雲より撮るのが難しい・・しかしアンドロメダよりはるかに近くて遠い私の蛍という名の小宇宙・・・スタッフのヒロ君は普通に「夕べ蛍、綺麗でした・・・こんな感じです」と普通に私にその小宇宙を見せる・・・(^_^;)

アンドロメダ星雲までは230万光年・・・蛍までは230メートル・・・これがとてつもなく遠い世界に感じている自分がいる。

フィトンチッドに来ても蛍の話題は禁物ですよ・・・。

でもあなたが見たいと言ったら私も見に?撮りに行けるかも?こういうのはきっかけが必要なんだなきっと・・・。

今日も蒸し暑く、ビールが待ち遠しい・・・。また寝ちゃうかも?

蛍やーい・・・(^_^;)
by phyton_info | 2008-07-07 17:00 | 宇宙 | Comments(0)