ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

<   2008年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

寒さが続く増富、樹々はハゲハゲのツルツルになって、葉っぱはみな落ち、それを農家の人が袋にたくさん集めている。 もうすぐ12月、本格的な冬になる前にストーブの薪をたくさん作ろう・・・と決めていたが、少しずつ割って燃やしている。

b0100253_15562985.jpg

私「ずくなし」・・・めんどくさがりやと言う意味です。
今年もやり残した事がたくさんあるが、やるつもりのなかった事に成果も出た一年。
少し早いがジブリを聞きながら色々回想してみる。原油高や景気悪化のニュースにほんろうされ、自分を見失いそうにもなった。毎日来るお客様に励まされながら 今日の日まで来れた。もうすぐ11月30日で、フィトンチッドは満23才になる♪ 若気の至りで?はじめたお店も今では普通にお仕事になって、楽しみに来てくれる人も増えた。

b0100253_1693388.jpg

若い頃の私、スリムな写真を見つけて、クスクスお客さんが笑うと、私までゲラゲラ笑ってしまう。ずっしりメタボだが、まだまだ全力疾走できますよ。

外は日が出てきました。
by phyton_info | 2008-11-27 16:11 | 自然 | Comments(14)
やろうやろうと思っていた茜染め・・・晴れの日に思い切って染めた。

b0100253_14341654.jpg

麻のコースターやテーブルセンターは、釜に入れると、みるみる赤い色を吸う・・・。
気持ちを落ち着かせて、染色棒を扱う。この間集中していたので、出来上がりがこんな風に・・・。

b0100253_14351262.jpg

b0100253_1435451.jpg

これは色んな場面での記念品として使われる。

b0100253_14402415.jpg

なかなかいい感じかと自分なりに思う・・・。学生時代、化学は嫌いだったが、今になって化学記号を必死で解読する毎日。
by phyton_info | 2008-11-25 14:41 | 染め | Comments(0)
激しかった一年もあと一か月ほど・・・フィトンチッドの庭もバリバリに凍りつく今日この頃。冬のあったか作品「フェルト携帯ケース」が出来上がった。

b0100253_13525347.jpg

これはネコが蓋部分に抱きつき、蓋を閉めてるイメージのもの。

b0100253_13545788.jpg

フィトンチッドのネコゆりちゃんがモデルだ・・・。

b0100253_13561389.jpg

こちらはネコの顔が二つ・・・???なんか変ってる・・・。
何でこんなにネコなのかというと、フィトンチッドには、3匹のネコがいるからだ。それらが皆モデルとなり、作品が生まれる。

b0100253_13592220.jpg

昨今のペットブームにより、フィトンチッドの犬ネコはお客様に好評で、まねきネコ、マスコット犬になってきた。お世話は大変だがありがたく可愛い存在だ。
by phyton_info | 2008-11-21 14:05 | フェルト | Comments(2)
b0100253_142598.jpg
トゥレットという名の暗いトンネルを、持前の明るさとバイタリティー、天然?という名前の光で照らし歩んできた数十年・・・家族も、仲間も皆ドキドキハラハラしながら私を見ていた事だろう・・・。

その私も今ではこんなに大きく?なり、不安だらけの心も星空に洗われ、邪念さえ犬猫たちにより取り除かれた・・・。

トゥレットが出ないと逆に心配する友人、お客様も現れ みなそれが出ることにより私を実感しているかの様にさえ思える。

こんなに重度で複雑な障害を丸ごと受けとめていてくれる地域に敬意さえ覚える・・・こんな私を「須玉の星」とさえ呼んでくれる市職員もいる・・・。

しかし完治したわけでもなく症状は出るが、今では自分で容認している、これぞ完治に近い何物でも無いのかも?

星空教室で満月に吠え、まるで狼男だが、それを素晴らしい演出だとさえ言う人も現れた。

自己嫌悪の塊が人の心に触れ春の本谷川のように溶けだす・・・。

そのうち気体になって飛んでっちゃエっと思うが、私にはまだこの障害が必要なのかもしれない。
トゥレットがあってこそ語れる真実や私なりの真理がここにあるからだ。

今まで、またこれから出会う人を驚かせ、奇異のめで見られることもあるだろう、そのたびに前述した数々の人の言葉に助けられ起き上がる自分を想像できる・・・。

校訓だった「百折不倒」にはまだまだほど遠いが私という名の小宇宙はここに存在している・・・。
微かな光しか放てないが、あなたが思い悩んだ時には細胞を超新星爆発させて あなたの糧になれるかも知れない・・・。

あなたが私を励ましてくれた分、私はあなたに向かって光るよう努力します・・・。

初冬の深夜、オリオンが高く昇りました。来年の事ばかり気になっていた私が、明日の事を明日考えます・・・

おやすみなさい(*^^)v
by phyton_info | 2008-11-19 01:58 | 宇宙 | Comments(1)
穏やかな小春日和、増富温泉の木々はまだ葉を残している。

紅葉が遅かったせいだろうか? 教室に差し込む冬のやわらかな光・・・。

まだ日影の残る校庭を眺めていたら・・・まだ有るかな・・・
b0100253_1124574.jpg
深紅の薔薇が露の中にいた・・・。ここの地名が「日影」という地区名なのが良くわかるほど、朝夕の日差しは弱い・・・。
b0100253_11284739.jpg
前の山を越えると「日向」という地区になる・・・うーんなっとく。
校舎の根っこに置いてある無垢のトチで作ったテーブルには暖かな光が集まっている。猫たちのお気に入りの場所だ。
b0100253_11321246.jpg
山桜の葉は少しずつ落ちて行く・・・。
フィトンチッドの教室に戻り 客を待つが今日は暖か、お昼寝の支度をせねば(*^^)v
by phyton_info | 2008-11-17 11:37 | 自然 | Comments(2)
近頃当たり前に聞く「田舎暮らし」という言葉・・・
定義は難しいが、田園、もしくは森林、自然の多い地域で暮らすということなのだろう。

かなり前から使われていた言葉だが今ではステイタス?みたいなものなんだろう・・・。
私はここ須玉町に生まれ育ち、町暮らし?の経験に乏しいので数か月に一度下りてく町は何て刺激的なんだろう・・・と思う。

コンビニやスーパーに行くのも数か月に一度・・・(T_T)ホントは行きたいんだけど・・・((+_+))

自然と町の中間点・・・あたりに住むのが田舎暮らしなのかな?なんて勝手に考えている。
フィトンチッドで仕事をしていると、良く田舎暮らしの問い合わせをうける

良く話を聞くと、田舎でこれがしたい・・あれがしたい・・・何をしたいって思ってる人の方が少なくて、田舎に癒しや、居所、逃亡?のイメージの人の方が圧倒的に多い。

でも私はそれこそが田舎の持つ魅力なんだと思う・・・・しかし魅力と魔力は紙一重であり、憧れだけで田舎に住むのは難しい・・・

でも諦めないで・・・。

中には私のような愚かものの魔力に引き寄せられ、実際に田舎暮らし、山暮らしを満喫しているひとが大勢いる。

秘かな野望に想いを馳せているところに、ミカリンが猫のうんちを踏んでしまいここでお終い。

続きはまた今度ね(*^^)v
by phyton_info | 2008-11-15 14:13 | 暮らし | Comments(0)
気が付くと、新しいフェルト人形が置いてあった。いつの間にか作ったらしい。

b0100253_15305134.jpg

私に似合わず多忙な時を過ごしていたので、ほとんど気が付かずに新作が作られる。

b0100253_15324015.jpg

見ているだけで、温かくほのぼのしてくる。そう、もう冬だから羊の毛が恋しいんだな。

b0100253_15353341.jpg

この品物たちは、誰のもとに行くのだろう。
世間はもうクリスマス商戦・・・どおりで松ぼっくりがたくさん売れるはずだ。
by phyton_info | 2008-11-13 15:43 | フェルト | Comments(0)
夕べの月は、大きな傘をかぶり天気の下り坂を教えていた。

b0100253_11254192.jpg

月に虹傘がかかると、30時間以内に80%の確率で雨が降るという。
今は曇っているもののこの後雨が降るだろうか・・・?紅葉も一段落し、ストーブを燃やして物作り・・・。

b0100253_11293836.jpg

外では落ち葉をはき、「落ち葉たき」だ。煙の匂いが心地良い。

b0100253_11334120.jpg

教室にはクラシックがかかり、そろそろ来るであろうお客への準備。
今日も穏やかに時は流れる。
by phyton_info | 2008-11-11 11:36 | 自然 | Comments(216)
今夜はお月さまが隠れるんだよぉ・・・祖母に言われて表でその時を待った。
自分が何歳なのかさえ分からない幼子だった・・・・。
満月は次第に消え始め、その現象に幼子は驚愕した・・・・。
b0100253_1715386.jpg
「あれが三ツ星さんだよ」っと東を見ると縦に三つの星が並んで上ってる・・・それがオリオン座だという事を知ったのは何年もたってから・・・

「オリオン座」なんて良い響きなんだろう・・・
この季節南東から昇るオリオン座を見るたびに遠い昔の記憶が蘇る・・・・。
by phyton_info | 2008-11-08 17:12 | 宇宙 | Comments(2)
朝の寒さは「ごむしんだから」勘弁してほしい。車のフロントガラスはガチガチになっていた。
b0100253_15411894.jpg

増富に上るにつれ日も昇り、見事な紅葉・・・。
b0100253_15435550.jpg

「よしっ今日は染め物だッ!」と、とりかかる。
b0100253_1547850.jpg

これまた重労働なんですよぉ~
b0100253_1548597.jpg

すおうの多色染めやら何やらと頭の中は、「ごむしんだからそんなにやらないで」と、悲鳴をあげている。

スタッフに「おてんたら」を言ってるうちに完成!
b0100253_15504382.jpg

なかなかキレイな染めでしょ?
b0100253_1552888.jpg

所々に出てきた「ごむしん」「おてんたら」は、甲州の方言です。

「お願いだから」「おせじ」と言う意味ですが、若者はあまり使わないかも・・・。
by phyton_info | 2008-11-06 15:56 | 染め | Comments(0)