ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

<   2009年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

明日からいよいよ新年度、みずがき湖ビジターセンターの正式な管理者になる。
b0100253_1705934.jpg
4日のオープンに向け スタッフ皆必死で動いてる。

私はと言えばスタートダッシュが早すぎたためか少々ばてている。

寝ても寝ても眠い・・・・今夜はフィトンチッドでゆっくり休息をとろうかと思う。  

オープンの4日夜には「増富ラジウム星人天体観察会」も予定され、私は体がもつだろうか?

巨大な望遠鏡を用意したので何とか晴れてほしい所だ☆彡

オープンの日にはささやかながら先着100名様にプレゼントを用意したので のぞきに来て下さい。

場所は、現フィトンチッドより2キロメートル下流の塩川だむ湖畔だ。

大きなビジターセンターという看板が目印。当日は私もビジターセンターにいます。・・・がセンターが落ち着いてきたら今までどおりフィトンチッドで、美味しい珈琲を入れながら染めものをすることにしている。

フィトンチッド ビジターセンター どちらとも宜しくお願いします(*^^)v
by phyton_info | 2009-03-31 17:14 | 暮らし | Comments(0)
今朝からあくびが止まらなかった、何か眠くてしかたない。

午前はあくびをしながらみずがき湖にて品物を並べてはみたもののいかんせんセンターが広いので、とても商品を埋めきれないでいる。

お腹がグーっとなり、フィトンチッドで昼食・・・・すでに寝ていた。

スタッフと時間で待ち合わせていたが眠りが深く何にも考えられなかった。

お陰様で今は気分、少し爽快・・・ロボットの如くお客様の相手をし、ロボットの如くインパクトレンチでネジを締める。
やれば出来るもんだなぁ・・・と驚き・・・(*^^)v

私はチックもちの変な奴に見られがちだが、何で何で・・・皆タイ勢が理解してくれ、こんな私に協力してくれる。
チックは辛い障害だけど、皆にはくしゃみみたいなもので、自分では止められないんだよ・・・と説明する。

自分に気持ち良く素直に物事やってる時は忘れてるんだけどな・・・こんな時は笛吹いたり、歌を歌ったり。

でもでも一番気持ちいいのは 疲れてる時の昼寝とうたた寝・・・・

人間寝てる間に脳の歩調整えてるのですっきりするんだね(*^^)v

他にも脳みそのデフラグみたいな体操をして気分を変える。

体の一部でも、五感でも、時々心地よい刺激を与えてやることがイイね。

私の提唱している、空の一升瓶体操試してみませんか?私は一升瓶の枕で吸い込まれるように眠りにつきまする

見てくれは悪いけど効きますよ(^v^)

そろそろお腹が減ってきたのでここを後にします。
by phyton_info | 2009-03-28 17:15 | 暮らし | Comments(4)
季節が逆戻りしたようなこの頃、強風に舞う雪を見ながらフィトンチッドとみずがき湖を行ったり来たり・・・・。

ビジターセンターには大型のエアコンが付いているのだが使い方もまだよくわからない、幸い業務用のファンヒータを持っていってるのだが、昨日の凍るような寒さの中 あえなく故障・・・ビエ~ん・・・

寒いっわ合言葉にスタッフ皆で手分けして準備。

この大不況の中 どれくらいのお客様が増富に来るか? 少し不安もあるが「やる」と決めたこと・・・日々前進の毎日だ。

そろそろ都市部の方々もストレスたまったころ・・・?それに子供たちの春休み(*^_^*)自然と山と温泉しか無いけど、この増富に秘められた壮大な森羅万象のスケールを見に来てほしい。

夜にはしし座をメインにおとめ座、北斗七星、遅くまで粘れば夏の天の川も見えてきました。

まだまだ寒い増富だけど、寒いほど綺麗で感動的な星空味わいませんか?

最近練習中の テルーの唄も飛び出すかも・・・・♪

皆さんが来るまでにストーブ治しておきますね。

季節の変わり目、体調管理に気を付けて・・・・。
by phyton_info | 2009-03-27 11:38 | つぶやき | Comments(1)
手作りで進められている天文台作り、もうすぐ完成。

b0100253_14174169.jpg

小屋自身が動いて、望遠鏡が現れるしくみだ。

b0100253_14183931.jpg

みずがき湖畔も星空はバツグン!視界もフィトンチッドより広いだろう。

b0100253_14211517.jpg

こんな素晴らしいロケーションで見る夜空は、キレイだろうな☆彡陽も傾いて来て、作業はここまで・・・。

b0100253_14225517.jpg

次は41㎝ミラーを取り付けて、いよいよセッティングに入る。ドキドキ、ワクワクの傍ら、少し張り気味の体が辛い。明日はフィトンチッドで薪燃やして、ゆっくりしようかと思う。猫も生まれたし(=^・^=)

b0100253_14261743.jpg

by phyton_info | 2009-03-25 14:28 | 自然 | Comments(0)
b0100253_22164884.jpg

やっと生まれました、ジュピターの子供です。
可愛くてなかなか仕事になりません…

色んな模様で小さめですよ(^^)
どうぞ可愛がりにいらして下さい。
by phyton_info | 2009-03-22 22:16 | 自然 | Comments(136)
フィトンチッドの天然スタッフ・・・今日はぜ~んぶお休み。

大きくて静かな教室を独り占め(#^.^#) 久しぶりの一人時間・・・。ごろごろしても怒られない、ちょっと幸せ。
もうすぐ生まれそうな子ネコの事を考えてダンボールで巣?を作り、思い出したようにコーヒーを入れる。

音楽も止めて自分でテルーの唄を歌う♫

先日書いたように 星空教室用の笛を練習できないでいるため笛よりももっと好きな?歌で星空の演出をしようと決めた。
教室の合間に突然歌いだす作戦だ・・・(*^^)v なんだか最近花粉のせいかくしゃみと鼻水がひどいため

笛を吹いていてもたら~っと流れてしまうのに気づいて・・・でも笛の演奏してるとすすれないしふけけないし・・・

かっこ悪っ・・・。だから歌にたどりついた(^_^;)

今日はとても暖か、フィトンチッドの校舎うらの田んぼを猿の軍団が走り回っている。

天気に誘われて餌を探しているのだろう・・・幸い校庭には犬たちがいるためか寄ってこない。

庭のあちこちで オオイヌのフグリが小さな青い花をつけている、学名で「ベロニカペレシカ」というこのはな・・

これを見かけると増富も春なんだなぁってワクワクしてくる。

やる事は山積みで山崩れを起こさぬようカレンダーに書き込んで頭にメモして・・・こんな毎日、今日の一人暮らしは貴重な整理整頓タイム。
風も穏やかな増富で大きな栗の木の先っぽを眺めている。
by phyton_info | 2009-03-21 14:38 | 暮らし | Comments(2)
暇さえあれば吹いていた笛・・・最近は、ほとんど吹かない。

b0100253_1449561.jpg

リコーダーにケーナ、ペニーホイッスル、横笛・・・どれもそれぞれに個性があって、自分でこの一本?が決められないでいる。
「ラジウム星人天体観察会」などで、自分で酔う様に吹きまくりたいのだが、練習もしないし笛も決まらない。
今日あたりから再び、アルトリコーダーを引っ張り出し、自信な~く吹いてみる。

b0100253_14552594.jpg

良い音なんだけど、前みたいに体が反応してこない。こりゃ当分練習しなきゃ髪の毛から足の先の爪まで、感覚を研ぎ澄ましたように、一体になって吹いてみたい。無理かなぁ(^.^)
by phyton_info | 2009-03-20 15:06 | つぶやき | Comments(2)
暇さえあれば吹いていた笛・・・最近は、ほとんど吹かない。

b0100253_1449561.jpg

リコーダーにケーナ、ペニーホイッスル、横笛・・・どれもそれぞれに個性があって、自分でこの一本?が決められないでいる。
「ラジウム星人天体観察会」などで、自分で酔う様に吹きまくりたいのだが、練習もしないし笛も決まらない。
今日あたりから再び、アルトリコーダーを引っ張り出し、自信な~く吹いてみる。

b0100253_14552594.jpg

良い音なんだけど、前みたいに体が反応してこない。こりゃ当分練習しなきゃ髪の毛から足の先の爪まで、感覚を研ぎ澄ましたように、一体になって吹いてみたい。無理かなぁ(^.^)
by phyton_info | 2009-03-20 15:04 | つぶやき | Comments(0)
自宅の西側の窓からオリオンが沈もうとしている。

春の夜らしく霞みがかった夜空に、三ツ星と 小三ツ星が何やら暗号のように並んで不思議だ…

それらの右側には牡牛座のアルデバラン、有名な昴も沈みそうだ。
いよいよ冬の星座ともお別れの季節…

この時期 家の東側には春の大曲線がアーチを描き、その先に乙女座のスピカがあるはず。
麦星とも言われ、春を告げる明るい一等星…
色んな時代の春が思い出される。

今ごろ宇宙ステーションの若田さんも見ているだろうか?


星空の見えにくい時代、淡い星雲さえ見えるこの増富の環境が素晴らしい★

私は獅子座生まれ、今ごろ南中しているであろう獅子座、この足の付け根には遥か遠い別の宇宙群が広がっている…
最近、不思議な事…宇宙人すら当たり前に感じられるみずがきの森。
ここで、ラジウム星人やみずがき湖底人?

を思うのは楽しくもある…

シリウスも西の山にかかり始めた、この光が八年前の光…
その頃はまだ若くて無謀だった私…

少し年を重ねて万物を心で見、心で聞け?

と森羅万象が教えてくれた。

時間に逆らいもしたいが、時間に任せているこの頃が心地よい(^^)
時々、北斗七星の形を頭に浮かべるのが楽しみになっている…。
by phyton_info | 2009-03-18 21:26 | 自然 | Comments(0)
ビジターセンターのオープンも近くなり、作品は急ピッチで作られていく。

b0100253_15273659.jpg

急ピッチでも確実に色をのせたり、確実に合わせたり・・・毎日くたくたにまるまで作業は続く。

b0100253_15292252.jpg

4月4日のオープンイベント「ラジウム星人天体観察会」に向け、望遠鏡の整備や天文台づくりも進む・・・。
久々の大仕事なので、はりきってやってはいるが、夕方にもなると、しんどくてロレツが回らない、何ともわからぬ、ふとした事でツボにはまり、皆で大笑い。果たして、無事オープンとなるだろうか?
当日は晴天であってほしい。
by phyton_info | 2009-03-17 15:37 | つぶやき | Comments(13)