ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

<   2009年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

蛍が沢山飛んでいる・・・そんな情報から夜遅くに撮影に出る・・・うーん・・確かにいっぱいいるけど動かない飛ばない光が短い・・・

大した写真は撮れずじまい。
b0100253_22906.jpg

諦めて寝るつもりが・・・何か晴れてるなぁ。

木星も上がって、銀河も走ってる。
b0100253_22102966.jpg
明日の事は地球の自転が何とかするさ。
梅雨時の星空を楽しんで就寝・・・
 
       やっぱ寝不足だわ(-_-;) 

                         高校生の夜更かしにも似た感覚・・・

                                           欲張りすぎだね・・・。
                                
by phyton_info | 2009-06-28 22:18 | 宇宙 | Comments(2)
気になっていた赤い薔薇・・・今朝フィトンチッドに行って眺めてきた。
b0100253_11135237.jpg
強烈なものが心に染みていくような感覚がしてくる。
b0100253_11145752.jpg
山の分校が 何か大人の隠れ家見たいに感じられる。辺りには蝉が鳴き、ここが相当な山中だとあらためて認識する。
b0100253_1117017.jpg
猫のゲッピも庭に出てきて足にスリスリしたりして、やつぱここは隠れ家かも?
b0100253_11182098.jpg
留守がちなフィトンチッドにお詫びの張り紙とメモ帳を置く・・・それをジュピターが???の顔をして見ている・・・
b0100253_11201662.jpg
もし留守でもパラソルの下でやすんてください・・・と書いてきた。太陽が次第に高くなり、分校の教室に入る、独特な木造りの香りと古い香りが入り混じって、懐かしさと時の流れを感じる。
b0100253_11231760.jpg
窓の下の庭梅が真っ赤な実をつけ、分校フィトンチッドがとてもしっとり演出される。
来店されるお客様は留守かなぁ?と思うだろうが、気軽に私に電話してほしい、みずがき湖店から車を走らせます。それからいつも留守中に、犬たちにごはんをやってくれているお客様?いつも有難うございます。
この夏はなるべくフィトンチッドも営業しますね・・・(*^^)v
by phyton_info | 2009-06-26 11:29 | 自然 | Comments(3)
鹿鳴橋の見えるレストランで書いている。

夜風にあたろうとテラスに出ると、ダムの水門の音がザーっと聞こえる・・・曇っていて星空は見えないが、軒下の風鈴の音が一層涼しさを誘う。

忙しさにかまけて、ブログも書けない日々が続いていたが夜になり少しだけ体が楽になり これを書いている。

本来私には多忙という言葉は皆無で、仕事は一日一つだけと決めていた、一つだけの仕事でも集中するとそれなりの成果も出ていたのだが、最近は体や脳に事あるごとにそのスイッチを入れ、暗くも明るくもなる。

そんな昨今だから今は情緒にかけている・・・赤い薔薇を見ても赤いとか綺麗といった表現しかできず、何か昔の熱いものを何処かに置いて来てしまったかのようだ・・・
落ち着いた・・・?なんて言葉に落ち着きたくはないし、老けこむにも早いし・・・熱いものがどんなものかは経験上分かっているのに、なりきれない・・・(T_T)

明日は熱く生きようとするが何時も自分で自分の邪魔をしている現実がある・・・。

当分このジレンマは続きそうだが、今度の誕生日を機会に回路を入れ替えようかと思う。
by phyton_info | 2009-06-24 22:49 | つぶやき | Comments(30)
山の神からのいただき物を味わい、夏にはトラツグミの不思議な鳴き声を聞きながら夜は明け・・・☆彡

太陽の下で思い切り遊び、学ぶ。

夜には宇宙案内人が何兆何億回のいとなみを星空の下で語る。

秋には、紅く燃ゆ生命たちを体に感じ、焚火の煙で なんとなくしんみり・・・・夜は更けていく。

冬には、雪はもちろん 夜空の星ぼしのパキパキ・・という音を心で聞く。

一分一秒も待たず、生命の記憶を 次の世代に伝えようとしている。

何か一日過ごすだけで、自然界のドラマを体感・・・・☆彡

大地の声、天の囁きが 一年中めまぐるしくも、一つの旋律の中に存在する。

ここ十六夜の森は、俗世間すら忘れさせる事ができる神秘とロマンあふれる森だ。

是非、一度この地にいらっしゃいませんか?

私たちも あなたとの出会いを心待ちにしています。
b0100253_22545386.jpg

by phyton_info | 2009-06-18 22:56 | 自然 | Comments(2)
突然の雷雨が襲ってきた昨日・・・私は蛍が見たかったのに・・・
b0100253_17352496.jpg
朝、フィトンチッドに行くと綺麗な薔薇が咲いていた、何かほんのりした気分になる。
絶妙なグラデーションが心のバネをピョョよーんと揺さぶっているみたいだ(*^^)v
b0100253_17382738.jpg
ビジターセンターに戻り、歴史資料コーナーをガサガサやっていると・・・何っ?     実はこれ昔のアイロンだとのこと・・・とても変わったこのアイロン、柄杓の中にオキ・・火がついた炭・・を入れ、熱くなった所で布のしわをとる、?
うんうん、柄杓の底が丸くカーブしていてツルツルに?光ってる。
b0100253_17425572.jpg
こちらはワラの長靴、なかなか良いでしょ(*^^)v今の時代お洒落でエコかも・・・。他にも沢山面白いもの有るな。
b0100253_17445735.jpg
夕方になり、まだ日が当たってる。。。なんて思いながら二階のレストランに駆け上がる・・・オオーっ・・・綺麗なおひさまが沈んでく。このポジションからの みずがき湖いつ見ても良いなぁ・・・・
b0100253_17474479.jpg
視界をだんだん東に移すと。。。こちらも絶景、同時に変わった形の橋が見えるなんて チョッと良いでしょ?このみずがき湖には大きな主・・魚?が居るというが、色んな理由から釣りは禁止になっている。たまに跳ねるんだよね、ぴょんぴょんと
きっとデッカイ魚がいるはずた゛。ここでも蛍が見られるかも・・・ほーっほーっ蛍。。。。
by phyton_info | 2009-06-17 17:53 | 自然 | Comments(0)
昨夜のラジウム星人天体観察会・・・絶妙なボケと突っ込み・・・宇宙案内人やってて良かったと思えるひと時でした。
b0100253_2211257.jpg
土星、アークトゥルス、ベガ・・・雲の間から顔を見せてくれました☆彡
こんな私でも幸せとファンタジーに満ちた貴重な時間です。

また星空のもとで会いましょう・・・まだお会いしていないあなた・・・みずがき湖のラジウム星人天文台で宇宙に浸りませんか?
湖に星が映ったとき・・・あなたの、私の願いが叶うのかも知れませんね(*^^)v

いつも有難う・・・。
by phyton_info | 2009-06-14 22:19 | 宇宙 | Comments(0)
お店を閉めようとする頃、いつも聞こえる変な音・・・?パシャーン パシャーン・・・ピぴぴーっ・・・?ドスン・・?

ほとんどが誰もいない二階から聞こえる。

風でもないし・・冷蔵庫でもない・・・う~ん?     何か住んでいるかな・・・みずがき湖店始めて三か月経つけど、今だに原因分からず。
まっ誰か居るんでしょう、寂しくなくてちょうどいいや(^_^;)

明日はラジウム星人天体観察会がある・・・神秘的な宇宙とチョット怖い?お話?・・・なんぞも含めて遊びにいらっしゃいませんか?
そろそろ蒸し暑い季節、みずがき湖の星空と、?でカラッと涼しく行きましょう。

もう日が落ちて また例の音が聞こえてきそう(^_^;)

でも良い空間です ここは。
by phyton_info | 2009-06-12 18:37 | つぶやき | Comments(0)
だれにもそう言ったものが有るのかも知れない・・・もちろん私のように大きなハンデではなくとも、私はそういう自分がとても嫌でいつも逃げ出したいと思っていた。
逃げても逃げても付いてくるハンデ・・・夢にまでみるハンデ・・・数十年の歳月が流れ、いつの間にか仲良くなっていた。
このまま仲良く死するまで多分一緒だな・・・でもこれが私の根源・・・生きる力なのかも知れないと思い始めた。
そしたら笑っていられるような気がする・・・。
by phyton_info | 2009-06-10 17:39 | 暮らし | Comments(2)
昨日 増富からの帰り道、ものすごいカゲロウの大群にでく合わせた。

川原沿いに走る町道を東から西へとその大群は途切れずに車のウインドにぶつかる・・・バチバチ凄い音をたてて。
毎年この時期に見られるカゲロウたちの一斉羽化だ・・・それを食べようと岩魚達が跳ねる・・・。

子供のころから不思議だったこの現象・・どうやら月の満ち欠けに起因していることがわかった、数日前確か満月・・・それに合わせて命たちは一斉に誕生、羽化し羽ばたく。

帰宅して父が「あの大きい月を見てみろ」といった位の明るい満月・・・雲の中に入ってもこうこうと輝いていた。

これで蛍たちもそろそろ姿を見せるであろう。

余談だがこのカゲロウの大発生・・・子供のころにはパットて野球の練習代りに一匹二匹・・・と打ち込んだ記憶がある。
可哀想だが私たち山村の子供にはそれも、己も自然の一部と化して、当たり前にやっていた。

百匹くらいやると 勇んで自宅に帰ったものだ。

あなたの周りでも今夜あたり蛍たちが舞うかも知れない。
by phyton_info | 2009-06-08 17:05 | 宇宙 | Comments(243)
もともと好きな企画書作り・・・今回は少々きつかった。

私は音楽やテレビが鳴っている時に良い企画は書けないのだが 今回はそこを押してやっていた。

音楽を頭の一部で消し去り、別の頭の中を絞って・・・言葉を作る・・・凄く集中するので チック症も忘れて ひたすらペンを動かす。
暗号のような乱れた文字だが最後まで書きとおした。
集中するって難しい・・・普段なら五分位しか集中・・できない私・・いや、三分かな?三分経つとカラータイマーが鳴って ただの人間に戻ってしまう。
企画はウルトラマン、仕事はボクシング・・?三分やって一分休むから(*^^)v

六月に入り梅雨の予感・・みずがき湖の周りは濃い緑に覆われ湖に映る景色が見事だ、訪れる人もいつもと違い、ゆっくり自然に浸ろうとしてか?双眼鏡やカメラ、地図を片手に持っている人が増えてきた。

私たちスタッフもより専門的な知識が問われる季節・・・星に染めに自然に動植物に・・・勉強する事は沢山ある。
時間のあるお客様とはフィトンチッドまで行ってお茶しながらゆっくり話す。

わりと自由の利く季節なのだが先にあげた企画書づくりの季節でもあるので、常にアイディアを自分内にキャッチ発信するアンテナは鋭く磨いておかねばならない。
企画も夢も何通りも持っているのが良いなと思うこのごろ・・・どこまで行けば何処まで走れば夢を掴んだ事になるのだろう?
まだまだずーっと先の事ですね・・・。精進します。
by phyton_info | 2009-06-04 15:37 | 暮らし | Comments(0)