ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

<   2009年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

山の中に住んでいて情けないことだが、私にも怖いなと感じる奴らが居る。

あぁ想像しただけで恐いシャカシャカ歩くクモ。
今度見つけたら秒殺だ!
突然身体に跳ねるカマドウマ…
何で俺に向かって跳ぶかな!
秒殺。
顔に向かってパタパタする大きなガ…

販売機にいっぱい着いてる…
くわばら。

この三つがこの世から消えれば夜も怖くない…
考えただけで寒くなってきた。

殺生は好まないが あやつらは秒殺。

もっと大きくて怖いのも居るが…
またの機会に。
by phyton_info | 2009-08-29 22:10 | 自然 | Comments(1)
b0100253_954491.jpg


一足早い紅葉・・・ではない。増富の若い友達による森のライトアップだ。

夜風に吹かれとても気持ち良い時間だった。

b0100253_9562854.jpg


いよいよ?まさしく隠れ家が風になったフィトンチッドも私には、とっておきの場所。

b0100253_1005262.jpg


フィトンチッドサイトの“廃校へ泊ろう!”を見てネ♪


中では、こんなにカワイイ子が生まれた。

b0100253_1023221.jpg


b0100253_1031148.jpg


ゲッピに守られスクスク育っている。今回は5匹、また里親探してます。

b0100253_1043878.jpg


フィトンチッドもみずがき湖も時はスローモーションで流れる。
by phyton_info | 2009-08-27 10:07 | 自然 | Comments(0)
16万kmを超えた私のランクル…

先日ヘタっていたサスペンションをキツキツなやつに変えた
でもイマイチしゃきっとしない。

マニュアルの70 自慢だが 好きなんだが、すれ違う旧式ジムニーがカッコ良く見えたりする。

先日の晴れた夜、縁側に腰かけて木星と銀河を見てたら

前に停まってるランクルのシルエットが良いなぁ〜って

ランクルと木星は凄く似合う(^^)

でも浮気な私は時々小さな四駆に惚れたりする。

助手席には好きな煙草とカメラを置いているが

後ろには望遠鏡とキャンプ用品、人が乗る隙間はない。

夏の終わりに小森川林道を走る計画だったが、未だに時間が無いよ…

数々の難局を走破してきたランクルだが
今はただの通勤車…
朝になったら車内を掃除してあげよう。
窓から木星やアンドロメダが良く見えるよう。

自分の激変期に乗ってきたランクル、

また夜遊びに連れていきたい(^^)
by phyton_info | 2009-08-26 01:26 | 自然 | Comments(24)
b0100253_14322313.jpg

朝晩の気温の変化が大きくなったこの頃。
増冨はとてもファンタスティックな夕焼けが美しい。

私はフィトンに行ったりビジターセンターで接客したりと、飛び回っている。

レジを担当しながら近頃よく売れる作品がある

このフエルトカラーゴムだ、可愛いのとお手軽な値段からか良く売れる。

フエルトは家内が担当しているが、その細かい技術に感動する。
秋の気配からか、流行からかフエルトは人気だ。

もちろん?私の染め物も高額ながら 好きな人が買っていく。

今では当たり前の事になってしまったが、自分の作ったものを誰かが買ってくれる…

こんな素晴らしい感覚の商売はなかなか無いだろうな、と少し自己満足(^^)

フィトンチッドでは
小さな子猫が生まれ
みずがき湖では沢山の方とふれ合う。

大変なこともあるが、以前よりは幸せ?のアベレージが高くなっているのかも知れない。

そろそろキノコ、松茸の季節。

沢山働いて、思いきり山で遊びたい。

そんな願いを叶えてくれそうなほど良く売れるフエルト作品にも感謝かな(^^)
by phyton_info | 2009-08-23 14:32 | 自然 | Comments(0)
山梨県立の普通科高校出身の私・・・でも色んな事で普通ではないかも?学業も不真面目・・生活態度も悪かった。
売られたケンカは全て買う・・・というか殴られてやった。
殴って気が済むなら歯が折れようが制服が破れようが、とことん犠牲になった・・・。それによって現在の私は形成された。
普通に学校に通い、普通に仕事につき、普通に生活する事が幸せとは感じなかった、普通という事は、いわゆる普通であり、何も特徴もなく、主張も、工夫も、悩みすら少なく、平凡・・・いわば大勢に埋もれて生きると言うことと理解している。
普通でない事の尊さ、を多くの人に分かってほしい。
私の場合普通でない事が多々あるが、生まれ持った素因のトゥレット障害・・・理解してくれる人は稀であるが、この障害により得た物は計り知れない・・・・
感覚の鋭いこの障害、一瞬にして空気が読め、その人が重い?人か軽い人かも瞬時に判断できる。
この鋭い感覚こそ、普通でない尊さだと思っている。
 皆と同じで無い深い次元での醍醐味がそこには有るのだ。
神は存在するのか?宇宙の真理は?・・・・普通では考えない事柄まで我々障害者は考え悟っている。

フィトンチッドを創業した理由の一つにもそれらは深く関わっている。
自分とは何者か?自分の存在意義、地球の意思、宇宙の存在意義、常にそれらを念頭において私たちは生きている。
世間で鬱病がまんえんしていると聞く。
鬱病の人は一日に数百回に及ぶ自己嫌悪に悩まされているだろう・・・・でも私たちトゥレットも一日に数百回に及ぶ嫌な場面をクリヤーしている。
これからフィトンチッドの進むべき道が自ずと見えて来たような気がする。
自然好きから・・・悩み多き人びとのためにも、この異空間・・・廃坑フィトンチッドをホスピタリティー豊かな集いの場所にしていこうと思う。
この秋から、フィトンチッドは 心疲れた人々、また増富の自然に感銘した人のための寄宿舎にしょうと思っている。
このブログを見て感じた人は、是非フィトンチッド・・・廃校に泊まろうに問い合わせてほしい。
私のカルマはそういった人々の役に立つ事なのかも知れないと、最近思い始めている。
もし共感して下さる方が居ましたら、連絡下さいね(*^^)v

私はここに居ますから・・・・。普通でないことへの誇り、勲章があなたにはきっと有るはずだから・・・・。
by phyton_info | 2009-08-20 02:07 | つぶやき | Comments(14)
若いころ色んな車に憧れ 次々と買い替えていたのを思い出す。

しかしここ何年もランドクルーザーに乗っている、もうこの辺で車遊びはいいやと思っている。

仕事がら運転する機会も少なくなり、何よりも楽チンな車が良いかなぁ・・・

そう私のランクル、マニュアル車なんです・・・なかなかないでしょ?・・・とかいって実は年のせいか右足のクラッチ踏むのがキツイ現実もある。

あれだけ山遊びが好きだった私が・・・珍しく仕事になんか没頭してるものだから家族も 知人も山へは連れて行ってない。

山の空気を腹いっぱい吸って、ランクルのアクセルを全開にして・・・思い出しただけで今にも行きたくなっている。

私の住む岩下という集落は北杜市の中の辺鄙なとこナンバー2位にバス停もなく、明かりもなく、ましてや自動販売機すらない。

夜になると鹿が鳴いて、はなはだもののけ姫の世界みたいだ。

しかし自然の懐は増富に負けないくらい深く、その清流や、鉱物、木々、植物・・・どれをとっても素晴らしい。

お盆も終わり、すっかり秋めいた岩下の林道をグリグリと走破したいものだ。

そうそう、鼻の手術ごの経過は良好で、中の骨を取ってしまったせいか、私の顔はスッキリしていて前のようなむくみは無い。

一説によるとあいつ・・・カッコ良くなった?という噂もある?ので、ぜひプチ整形?した私の顔を見に来てほしい。

自分でも若返ったような気がするが、これは欲目だという事はいがめない。

でも 冷夏だといわれる今年の夏、今日くらいの暑さがあと二週間位続いてほしいものだと考えている。

皆さんは元気にお過ごしですか?

夏バテの方は居ますか?

夏らしいことしてない忙しい方、フィトンチッドに集まってビールでも飲みませんか?

木星の強い光をつまみにしてね(*^^)v
by phyton_info | 2009-08-17 15:56 | 自然 | Comments(143)
南の木星が強い光を放ち

銀河は光る雲のように流れる。

時々走るペルセウスが山に消えていく。
盆の入らしく岩下の夜は賑やかだ

賑やかなのは 虫の声
分かるだけで四種類の虫が鳴いている。

地球の音だなって、縁側に寝転がって涼んでみるも

辺りは真っ暗なので
私はパンツ一丁(^^)

縁側で地球の音を拾う。
悪戯心から一発豪快にブッっと力む

う〜んこれも地球の音だな。
by phyton_info | 2009-08-13 22:59 | 自然 | Comments(0)
台風が去り、大きな地震とともに、増富にも暑い夏らしい気候が舞い降りてる。

私の術後の経過は順調で、外観の傷跡もなく 澄ました顔で過ごしている・・・
b0100253_12554976.jpg
私が留守の間、色んな出来事や、新商品開発などがあり、この度 ラジウム星人マスコットを売り出すことになった。

何か力が抜ける?くらい変わった?マスコットで・・・この脱力感が良いって早速売れ始めている。
b0100253_1259218.jpg
値段は1000円大きさも携帯ストラップとしてちょうどいい感じ。

四月からラジウム星人を宣伝してきた甲斐もある、またこのラジウム星人の発想、開発、実践に携わってくれた多くの方に感謝している。
暫く入院していたからか、見るもの皆美しく見えたりして、思わず好きなカメラを押している。
b0100253_1331589.jpg
夏と言えばこの星型をしたキキョウ・・・青い深い色が何とも宇宙的な花。これを見なけりゃ夏じゃない?
b0100253_1345590.jpg
このユリも好きな花の一つ。
香りがたまらない。まだまだ夏に見たいもの紹介したいものは沢山ある、順次紹介していこうと思う。
by phyton_info | 2009-08-11 13:07 | 宇宙 | Comments(7)
私が、染めものとは何たるものか?を追求した結果生まれた私のTシャツ・・・実は臭い。

選択しても、ソフランしてもやっぱり臭い・・・。

染物ついでに その場で脱いで染重ねた自慢のTシャツ・・・今日も臭い。

柿渋と藍で染まった玉虫色?のつもりのTシャツ・・・遠くから見ると凄いって誉められるけど、近くによると臭いんだなぁ。

今夜はTシャツお洗濯するけど、明日もきっと臭いだろう。
by phyton_info | 2009-08-08 22:08 | 染め | Comments(0)
退屈な入院生活から解放され、
真っ先にビジターセンターに着いたが、
あまりにも突然現れたのでスタッフも唖然とした様子…

今回の入院も高じて、自分の半生をたどってみた。

もちろん薔薇色なんかではない、

点だけで生きてた幼少、
線が繋がった少年期、
面積を感じた思春期、
立体を悟った青年期、
現在過去未来、と三次元を結ばねばならぬ今。

私は生かされて居るのだが、生きてもいる、
カッコつけるわけではないが、人や動物のために、
彼らが喜ぶ為に生きている自分が好きなのだが

時々、一人きりで泣きたい夜もある。

涙を流すのは最高のストレス発散、

次の日は立ち直ってる。
涙は時に癖になり、流さずには居られない?
無理矢理涙の心境に持って行くのも好きだ。
今思えば、そんな繰り返し。

楽しい歌より悲しい歌を好む。

分析すれば切りがないほどネガティブなのかもしれない。

心の奥に潜む闇を、自然から伝わる五感で浄化して

私は前に進んできた、
これからもこのパターンは変わらないだろう。
何かを起こす前に、どん底の気持ちを味わう、
それでまた前に進む。
今夜のコオロギの声はサラウンドだ

こんな環境で私は一人床につく。
by phyton_info | 2009-08-06 23:51 | 自然 | Comments(0)