ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

<   2015年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

土曜日の晴れ、わりと人でありの一日。
b0100253_20454932.jpg
おおねこたんよ。
明日は雨だね、二月も終わる。
by phyton_info | 2015-02-28 20:47 | | Comments(0)
天気が目まぐるしく変わるこの頃、今日は北海道沖に停滞した低気圧の影響で、予想以上の強風に見舞われた。そのせいでビジターセンターでも色んなものが吹き飛び、後片付けが大変だった。
風のいたずらは本とに困ったもんだ・・・。
一日の仕事を終え、夕暮れ時のみずがき湖を眺めてきた。
b0100253_19484448.jpg
ロックフィルの上に立つとまだ冷たい強風が吹いていて、この冷たい風は春一番とは違うんだろうかと色々考えた。
湖に張った氷は相当厚いようで、いまだ解けていない。ただ、気温は次第に高くなっているので、このように不思議な模様となり、徐々に解けてはいるようだ。
もうすぐ二月も終わる、寒さも何も厳しい冬だったが、今日ジュピターの子猫が生まれていて、おおっと嬉しくなったりもした一日だった。
明日はお出かけ日和とか・・、少し春に近づいているみずがき湖辺りに来てみませんか?
by phyton_info | 2015-02-27 19:57 | 自然 | Comments(0)
昨日とは一転、冷たい雨の一日。天気がぐるぐる変わる忙しい2月、大方の予想通り私は24日の晩に星空の中へ向かった。予報では月が沈む23時ころには快晴となり朝まで続く予定?だった。
晴れているからきっと他の天文家も集結するだろうと思いながら、バイクハウスで作った観測所を開け、わずかな時間で撮影の体制に入った。
宙は晴れている、しかし何を撮ろうか?この夜も悩ましい・・。とりあえず?と言ったら失礼だが、この夜のファーストショットは獅子座のトリオ銀河に決めた。
b0100253_19575059.jpg
リモコンを押してシャッターが切れたのを確認すると私は外階段をそっと降り、駐車場へと向かった。すると予想通り赤いペンライトらしきものがいくつか見え、今夜も誰か撮影に来ているらしかった。暗闇にまみれながら静かに近づいていくと、まだ距離があるのに〇〇さんこんばんは・・と先に声を掛けられ見破られてしまった。声の主はやまねももんがさん、とっくにばれていましたか・・。他にも東京からMさん、ニコン8㎝さんと、それぞれ機材をセットし撮影体制だった。挨拶が終わった頃、上空に怪しい雲の影が・・みるみる一面曇り空になってしまった。仕方ないリモコンが雲の撮影を続けているであろう間に色んな天文話で盛り上がった。
再びテラスに戻り、撮影の状況確認をすると、星が写ったコマは2枚だけ。どうしようか迷ったものの今日になってその2枚から画像処理をした。トリオ銀河も過去に何度も撮っている天体で、しかしなかなか上手く写せなかった天体だ。
昨日の薪割りの後遺症か?マウスを握る手がプルプルピクピクして、スライダーが上手く操れない。
でも今回はこれでいいや。また次回に撮ろう。
みずがき湖駐車場に集結していた天文家達も、3時ころには帰路に着いたようで、昼間のみずがき湖は夜中より静かになっていた。どーゆーこと?・・・。
by phyton_info | 2015-02-26 20:12 | 宇宙 | Comments(2)
今日も暖か、日差しの中シャツになって薪を運び、さっそくヨキで割り始めた。前回みたいに音が良いとかスカッとするなんて余裕は無く、夕方出かける予定があったので高速で薪割り。若いころにバドミントンで酷使しずきた右手肘が悪化しているため、左手を上手く使ってインパクトする。
すべて割り終える前に体がヘロヘロ。腕もジンジン・・。なんとか仕上げてご満悦、再びリッチな気分になった。
さて、今度はシイタケハウスに行ってキノコたちの管理をする。
b0100253_20404473.jpg
こちらは軸も傘も固く立派なナメコ。シャキっとした歯ごたえが美味しい。ゆでて大根おろしと三杯酢がお勧め。ナメコ汁も良いね。ご覧のとおりみずみずしくとろとろ。
b0100253_2043472.jpg
こちらまだまだ成長中の大シイタケ。ほおっておくとどんどんまだまだ大きく成長する。炭火で焼いてお醤油が美味しい・・と色んな人から褒められるシイタケ。
好きな友達はハウスに来て取り立てをお醤油で刺身で食べていたが、生でも美味しいのか?
増富の冬はどちらかというと耐えて堪えて忍んで・・・?みたいなイメージが有るというのだが、今年の冬は忙しい。どんどん日が過ぎて、もうすぐ三月になる。時間の速さに焦ってしまうこの頃なのです。
by phyton_info | 2015-02-25 20:50 | 暮らし | Comments(0)
火曜日の今日、天気は曇りだが気温は引き続き高め。ビジターセンターはお休みなので、ストーブ用の薪を切ったり、きのこの作業、ハウスの破れ補修・・などなどで忙しい一日。
夕方になりようやくみずがき湖へ向かった、ニャンにご飯をあげたあと、湖畔のロックフィルに立ってみた。
b0100253_2031155.jpg
このところの暖かさで氷の上に積もった雪が解け、湖面は複雑な模様と不思議な色の氷に覆われていた。例年なら今頃は寒さと強風が吹き荒れ、黄砂やらPM2.5やら、ごちゃ混ぜの頃なのだが、今年の今は穏やか。このみずがき湖の氷が解けだしたらいよいよ春が来る。
by phyton_info | 2015-02-24 20:06 | 自然 | Comments(0)
予報どおり、今日は春の陽気。朝から気温が上がり甲府の最高気温は21度を超え、ここ北杜市でも17度を超えた。
春のような暖かさの中、ビジターセンターに向かったが、館内はひんやりしていて薪ストーブを燃やした。時々外に出ると、中よりもずっと暖かで、出来る事ならずーっと外で仕事をしたかったくらい。
b0100253_19505198.jpg
午前中に見に行った我が家の福寿草も満開。暖かな陽を受けて咲き誇っていた。
この暖かさは明日も続くという。明日はビジターセンターはお休み、減ってきた薪を切ろうかと思う。今夜の外はまだ暖か、自宅の庭に出たら星がいっぱい光っていた。暖かな日は気持ちも軽くなり、何をするのにも適してる。明日時間が取れれば観測行こうかな。
by phyton_info | 2015-02-23 19:56 | 自然 | Comments(0)
この時期に思い出す二年前のロシアへの隕石落下。1000人以上が被害を受け、建物も大きく壊れ、テレビで見ていても本物なのか映画なのか分からないほど凄まじいものだった。
そんな隕石落下の翌日には直径45メートルの小惑星が地球をかすめるという情報が有り、何だか胸騒ぎがしてそのニアミスの観測に出かけた。
b0100253_20224467.jpg
明野町まで行けば空が開けもしかしたら小惑星を撮影できるかも・・・と明け方の寒空で必死にカメラを宙に向けた。
写真の中央左に薄い線のように写っているのがその小惑星だ。しし座を通過する時間帯には胸がドキドキして何かが起きるのではと一人緊張した。結局何も起こることなく小惑星は地球から遠ざかって行った。
今テレビで異常現象の特集などやっているものだからなおさらに思い出してしまった。今となればいい思い出の撮影だ。
何が起こるか分からない時代、ゆっくり流れるみずがき湖の時間は尊いものに違いない。
by phyton_info | 2015-02-22 20:28 | 宇宙 | Comments(0)
観測所が完成し、今夜はタカハシ160Jで行くぞ・・っと疲れた体にむち打ち極軸を合わせていた。何とか極軸が合ったのはもう日が変わり午前2時ころ。相変わらず撮りたいものがいっぺんに沢山頭に浮かんで、一つに決まらない。導入の手軽さからNGC2903を狙った話を書いたが、この後もあれこれ暗い天体の導入を試みていた。
しかし導入集中力が3分しかもたず、なかなかアイピースに入らない。まごまごしてたら曇ってしまった。
・・・ん?おっ?おおくま座は晴れてるぞ、101に行こう。3分に内に確実に導入する必要があった。
M101は5㎝ファインダーでも、カメラのファインダーでも確認できた。
b0100253_2022894.jpg
真ん中に入れた後はリモコン任せ、宙が暗かったので感度をISO1250に上げて撮影する。180秒×11コマスタック。
ステライメージ、Photoshopエレメンツで画像処理。フラット処理。拡大してみると画質が荒れてしまっていたが、渦巻銀河のカッコいい姿が浮かび上がった。
M101を撮り終えたころ東の山に夏の大三角が上った、このまま待てば夏の銀河も見えそうだ、間もなく薄明の開始時間、土星とさそり座に後ろ髪をひかれながらこの日の撮影を終えた。
出来たばかりの観測所をガラガラと動かして望遠鏡を格納し、しばしの仮眠に入った。
by phyton_info | 2015-02-21 20:32 | 宇宙 | Comments(0)
19日夜、いったん帰宅したものの、外に出ると星空が広がっていたので夕食を済ませ再びみずがき湖に向かった。
昼間には一日がかりで簡単観測所を作り上げ、早速使用してみる機会となった。まずハウスのアンカーを外してハウスを手でガラガラと北側に移動する、そして風で飛ばされぬよう解放時のアンカーに留めて・・これで終わり、二台の望遠鏡が現われている。こりゃ簡単で良い。
お茶を飲んでから早速撮影準備に入る。
この日の瞳はBKP250、タカハシ160J赤道義。この前の観測時に頭が疲れ果てていたため極軸を狂わしたままだった。今回も頭も体も疲労が溜まっているが、そこは気合と根性で乗り越え、少しずつ極軸を寄せていく。・・・。
ようやく極軸が合ったのがもう夜中の二時近く・・何をやっているのやら・・。
いよいよ撮影できるのだが、はて・・何を撮ろうか?撮りたいものはいろいろあるがその天体は暗く、手動導入の集中力が持たないと判断。
そこで星図を広げて見ていると、しし座の頭の近くにNGC2903が有ることが分かり、しかも導入し易いところ。これにしよう・・・。
b0100253_21591195.jpg
アイピースに浮かんだ2903はわりと大きいと感じた、カメラを装着してファインダーでも確認できる。資料を見ると距離3000万光年と書いてあった。無茶苦茶遠いぞ。
宙は時々雲が湧き流れているがしし座の辺りは晴れている時間が長い。ISO1000で180秒、14コマスタック。ガイドはノータッチガイド。撮影中はテレビ鑑賞と夜食タイム。
この天体は初めての撮影、分かりやすい場所にわりと大きな棒渦巻銀河、形もなかなかカッコいい。
初めての天体を写すのは楽しいものだ。
気温は氷点下4度、以前より上下とも一枚薄着で活動できる。星座は春から初夏の物に移り、さそり座と土星が上がってきた。
もう少し頑張れば夏の銀河が見られる・・・。肩腰膝痛と情けないことにコンドロイチンを飲みながら撮影は続く。栄養ドリンクも飲もうか・・。
by phyton_info | 2015-02-20 22:08 | 宇宙 | Comments(0)
昼間は暖かな陽が射し、昨日の雪もみるみる解けていく。ビジターセンターは給水設備の故障のためトイレが使えなかったり、対応に追われてんやわんやしていた。仕方ない、出来る事をしようと以前から考えていた天体観測所作りを今日やる事に決定。
私の観測スペースはビジターセンターの東テラス。
b0100253_2251110.jpg
こんな感じに赤道義はいつでも出してあり、カバーを外して鏡筒を載せ組み立てていた。これだけでもかなり簡単なはずだが、今回さらに簡単にすぐ観測体制がとれるよう秘密兵器を組み立てた。
b0100253_2253323.jpg
組立途中の写真が無く、分かりづらいだろうが、これはバイクハウスだ。大きさは3メートル×2.4メートル、高さ2.4メートルとかなり大きなサイズ。これを観測所として利用できないか・・?星友の田中さんの提案だった。組立は簡単、みるみるハウスになっていく。
b0100253_22554411.jpg
底部にキャスターを付け簡単に動かせる、固定するのにかなり悩んでアンカーを6か所と開店中のアンカーも4か所付け、これで大丈夫と踏んでいる。25センチ赤道義と16センチ赤道義が二台格納でき、晴れていたら迅速な観測体制が取れる事になった。
・・今日は新月期、昼間ころから馴染みの天文家が撮影に来たり、星友、宙友も合流したり、天文のメッカへと突き進んで?いるみずがき湖ビジターセンター。
もちろん今夜私も観測中だ。
by phyton_info | 2015-02-19 23:01 | 暮らし | Comments(0)