ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

<   2015年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

予想に反して良い天気になった。青空と強い日差しが眩しい。ここはビジターセンターの一階テラス。
b0100253_1404380.jpg
平日を中心に、一階で食事を提供していて、みな、この気持ちの良いテラスで食事している。風に吹かれる特等席だ。
すぐ前にはみずがき湖、そして鹿鳴峡大橋が見える。
b0100253_1442952.jpg
テラスの外へ歩いていくと、みずがき湖畔だ、静かで雄大な景色に涼し風が通り抜ける。毎日見ているこの景色だが、日に日に微妙に変化する色や雲、匂いがまた心地よい。
お昼時のお客さんには、相変わらずベーコンカレーが人気、たくさん食べてゆっくりくつろいで、明日へと英気を養ってほしい。
by phyton_info | 2015-05-31 14:09 | 自然 | Comments(0)
今日は暑い、何という事・・!ここでも暑いのだから下界はどんなだろう?・・・でもビジターセンターの中は天然のクーラー、涼しい風も入り、お客さんもゆっくりくつろぐ。
・・夕方テラスにいると不思議な声?音?
ポンポンポンッ、なんじゃこれ?次はオエオオエオーと、これを聞いた人はさぞかし不思議だろう。
この声の主は多分野鳥だ、ここに育った私はこの時期いつも聞いている声、なのだが、実は姿を見たことは無い。
いったいどんな奴だろう?
涼しくなる夕方のみずがき湖はまた良いものだ。猛暑日の避暑に訪れては如何だろう。

*明日の川上村山菜祭りでここを通る方、お帰りに寄っていきませんか?お待ちしています。
by phyton_info | 2015-05-30 18:48 | 動物 | Comments(0)
それどころでは無いことは承知の上、書類作りが大詰めの26日夜、すらすら進んだと思えば、今度は煮詰まってお茶を片手にテラスで深呼吸。不安な夜でもあった。
ふとしたことで目に入ったオレンジ色の光のことは前回書いた通り。ももんがさんと別れてビジターセンターの階段を上るときには頭の中に星空の構図がいくつもパッパッとよぎっていた。
・・北はいつでも撮れる、とももんがさん。
幾つか浮かんだ構図の中でも南を優先していた。銀河は南から天空に湧き上がり、所どころ星雲や星団の淡い光が目に届く。
バランスまですべて組み上げてあるミルトルセットはそんなに重くない。一気にテラスに持ち出し、北極星を見ながら床に置いた。
極望を覗くとすでに北極星は視野に入っている。コンパクトな望遠鏡はここが良いところ。
迷わず銀河の濃い部分、M8.M20の方へ構図をを取る。撮影開始まではわずかな時間だった。
b0100253_1839980.jpg
ここは銀河の奥深く、星が溢れるほどある領域だ。その星間に漂うガス星雲だ。400㎜でちょうどいい感じだ。南の宙という事も有り、追尾を心配したが、タカハシEM-1もなかなか。大きくしなきゃ分からない。
リモコンで撮影している間は、部屋に戻り書類作りの続行をし、時々状況確認のためテラスに出て深呼吸。外は案外冷えていて、オーバーズボンで作業した。
星の多いこの領域、画像処理しているうちにキラキラチカチカして、見にくくなり、少しトーンを落とした。でもまだチカチカするかな。

おやっ、もう天文薄明の時間だ。あと少しだけ頑張ろう、もちろん両者とも。

PS あれから沢山の方が書類出来たの?なんて聞いてくれました。ご心配をおかけしましたが、昨  日無事提出できました。ありがとうございました。
by phyton_info | 2015-05-29 22:29 | 宇宙 | Comments(0)
少し前から真剣に書類作りを進めていた。提出期限のある重要な書類だ。
中高生の頃から、テストが近づくと睡魔に襲われる・・と、困った症状のある私、今回も考えれば考えるほど眠くなる。期限の近づいた26日、意を決して徹夜で書類を作ろうと、夕方からPCと食料を抱え、部屋にこもった。
一人で静かな場所で、その気になるとどんどん進み、休憩もそこそこでPCとにらめっこしていた。
夜も遅くなり、ふとテラスに出てみた、風にあたって深呼吸するためだ。ぼーっと外を見ていると、暗闇になにやらオレンジの光が一瞬だが見えた。
おやっ?ははーん・・ももんがさん来てるな・・・。階段を降り光の方向に進むと、やっぱりももんがさんがいた。
という事は・・。宙を見ると良く晴れて満天の星ではないか。今期最後の撮影だということで、ラブジョイ彗星の北極星接近などの話をし、しばし天文話に花が咲いた。
では、書類作るので・・と、別れたものの、気になるのは宙、ラブジョイ彗星・・。
今は余計なこと考えちゃいけない・・と、部屋に戻る途中に赤道義に乗ったミルトル60EDと目があってしまった・・。
片方の足はPCのある部屋に、もう片方は外へと向き、おかしな体制になる。
ええーい、撮っちまえー。
こんな時ミルトルセットはすぐに出せ、すぐにセッティングできる頼もしい相棒。そしてこれが・・。
b0100253_16515164.jpg
北極星に接近したラブジョイ彗星だ、先日より更に近づいていた。画面左の明るい星が北極星だ。
北極星をクローズアップで撮るなんてことはしたことが無い。ラブジョイのおかげでひっそりとした北天に注目が集まったはずだ。
ブジョイ彗星は7.9等、まだ明るく大きい、半年も天文ファンを楽しませてくれている。
・・やばっ、書類作りしなきゃ・・。
露出をたっぷり、180秒22コマにして、部屋に戻り再びPCに向かった。
by phyton_info | 2015-05-28 16:57 | 宇宙 | Comments(2)
高く燃え上がる炎・・そう、増富火祭りの夜に、フィトンチッドではジュピが子猫を出産していた。
b0100253_2334152.jpg
今回も二匹、こちらは雄の黒っぽいしま。凛々しい―。
b0100253_2344041.jpg
こちらは茶トラの雌、なんて美人なんでしょう。うちの猫はみんな美人だ。
ようやく目が開き、可愛さ倍増。
by phyton_info | 2015-05-26 23:06 | | Comments(0)
遠くで鳴く春ゼミ、カエル、鳥の声、ひっそりと咲く山野草、少し湿気のある空気・・。この季節ならではの気持ちよさがあります。
この頃一年を通じてバタバタしている私やスタッフですが、ようやく本業の部分、藍染Tシャツが染め上がりつつあります。
b0100253_1321696.jpg

藍染はとても清涼感があり、これからの季節にピッタリです。
玄関先の百日紅の枝にかけ写真を撮りました。風に揺れていっそう涼しく感じます。
フィトンチッドの染作品少ないぞ・・と、ご迷惑お掛けしていましたが、これから順次染めていきます。草木染、手染めストールも少し並び始めました。
みずがき湖へお越しの際にはどうぞ覗いてみてください。
by phyton_info | 2015-05-25 13:08 | 染め | Comments(0)
先日の天気の良い夜、私は北の宙に居るというラブジョイ彗星を撮影すべく、MILTOL60EDを操っていた。ラブジョイ彗星は北極星のすぐ下に居て、写真には明るくいまだ大きく写り驚いていた。
・・・彗星を撮り終えてもまだ21時頃、何かもう一天体撮影したい・・と、撮影対象をM13に決めた。今回の撮影はMILTOLを入手し二日目の事、星像のテストをしたかったのだ。
b0100253_17432165.jpg
結果はさすが特殊低分散ガラスED、色収差は無い、シャープな写りだった。M13は数コマコンポジットし、フォトショップでカラー調整したもの。細かい球状の恒星が無数写り、広写野も良いものだ。私のピントがもっと良ければ、更に細かくシャープに撮れるはず。
無理のないF6.7というのに納得な感じだ。今後、このMILTOL60EDで、夏の散光星雲も撮影したい。
・・・今のこの時間みずがき湖は晴れ、今夜も撮影したくて仕方ないのだが、何と・・書類作りの時期になってしまった。しばらく星はお預けか?
梅雨時前のわずかなチャンス、撮影は無理でも、大きな望遠鏡を使った、木星や土星の観測、綺麗な土星の環は、感動的。
夜も過ごしやすいこの時期、そんな魅惑の惑星たちを観測しに来ませんか?その姿にきっとあなたも惑わされるかも・・?
by phyton_info | 2015-05-24 17:53 | 宇宙 | Comments(0)
21日の木曜、夕方からの天気が良さそうで、少しうずうずしていた。晴れたら先日入手した望遠鏡で撮ってみようか?
何を撮る?・・噂ではあのラブジョイ彗星が半年過ぎた今でも見えているという。どんな感じだろう?ますます撮りたくなってきた。
夕方になり慌てて望遠鏡を組み始めた、今回はタカハシEM-1に載せてみる。アルミプレートに色んな穴があけてあるので、取り付けはさほど難しくない、メインは400㎜F6.7EDそして対象確認に200㎜F4の共にミルトルを搭載。
b0100253_15163879.jpg

やがて空が暗くなり、あの辺だろう・・とラブジョイを捜し始めたがぜんぜん見つからない、場所を変えて何度もテスト撮影するが見つからない。
何にも資料がないとこうも見つからないものか・・。
仕方なく一階に駆け下りてPCを持ち出し、ようやく捕えたラブジョイ彗星。
b0100253_1572465.jpg
400㎜だが、なかなか良く写り、いまだ大彗星だと感じた。
今回のミルトルでの撮影、私は屈折で撮るのは何十年振り、昔の記憶をたどり、慣れない手順での撮影だった。星像は中心部はとてもシャープでピントをもっと追い込めば更にいいと思う。全体的にフラットに撮れればかなり使えるレンズだと思う。色収差は問題ない。

この夜は急に気温が下がり、上着を着てもまだ寒い、部屋からオーバーズボンを取り出してはいた。
もう少し撮ってみたい、宙は晴れ、雲が来る前に何か撮ってみよう。
寒くとも心はわくわくしていた。
by phyton_info | 2015-05-23 15:07 | 宇宙 | Comments(0)
ケンコウ・トキナーさんの取材は順調に進み、そろそろ夕暮れ、どこかに金星が見えるはず・・。
私もスタッフさんも一生懸命目をこらし、西空に金星を見つけ、ミードの40㎝を向けた。半月のような明るく大きな金星に歓声が上がった。
良く晴れている・・これは天からのプレゼントか?続いて天頂にある木星が輝きだし、今度は東テラスのBKP300で観望する。二本のしっかりした筋模様と少しの微細模様、そして4つのガリレオ衛星・・木星が眩しく感じられるのはなかなか無いこと。カッコいい木星にしばし見入ってしまった。
出来る事なら反射、屈折を問わず色んな望遠鏡で観測したいものだ。

・・・と、今回入手した機材を紹介する。ずーっと欲しかった屈折鏡筒だ。
b0100253_14565348.jpg
MILTOL60EDと50㎜F4だ。屈折は昔に撮影しただけでこの頃は反射。これからこれらの屈折で星雲や彗星なども撮っていきたい。

星空の町、星降る湖と、絶好の環境に生まれ育った私、今回のケンコー・トキナーさんの取材も有り、ますます天キチに磨きがかかりそうな予感もする。

ビジターセンターで開催している星空観測会で木星や土星の環、月面の様子などを観察してみませんか?
by phyton_info | 2015-05-22 15:06 | Comments(0)
良い天気です。
緑も少し濃くなり、増富も初夏の風景に変わりつつあります。
・・さて、実は昨日天体望遠鏡や光学系のメーカー「ケンコー・トキナー」さんの取材を受けました。私が使っているBKP300やBKP250、それにミードの400㎜反射などで観測している風景や、それらの性能、見え味の話、撮影した天体写真の説明など・・楽しくわくわくしながらの取材でした。色々みてみると、私の持っている機材は、ケンコー・トキナーさんの物が多数あります。
b0100253_12284073.jpg
昨夜の予報は遅くににわか雨の嫌な予報でしたが、星が出る事を祈りながら望遠鏡の写真を撮りました。二台並ぶとなかなか良い眺めで、取材のスタッフさんも大砲のようだ・・と驚いていました。望遠鏡やスカイメモなどの撮影の合間にはインタビューも受け、あとは星が出てくれたら・・と夜の撮影の準備をしながら、薄明終わらぬ空の金星も観望しました。
取材は順調に進みます。と、この時サプライズが待っていました。わくわく。
by phyton_info | 2015-05-21 12:36 | Comments(0)