ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

<   2015年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

今日も暑かった、水曜にしてはお客さんが多く右往左往する場面もあった。お客さんも引ける夕方、犬猫のご飯をあげにフィトンチッドへ行くと・・
b0100253_22232419.jpg
当たり前のようにこやつが居た。そう、くろたんだ。
何とか捕まえて首輪をしたいのだが、ひも状の物を見ると後ずさりしてなかなか出来ないまま。飼い主と名乗る人も現れたのだが、一向に帰る気配がない。優しく頭の良いくろたん、何とかお前に首輪を掛けてあげたい。

・・・ビジターセンターに戻ると家内が染ストールに値札を付けていた。色んな色に染まったストールもなかなか綺麗。涼みながら見に来ませんか?
by phyton_info | 2015-07-29 22:30 | | Comments(0)
もちろんここ増富も暑い、でもカラッとした暑さでむしむしじわじわみたいな暑さじゃない。全国的な猛暑、この先どうなるのか?
さて、涼しい風の吹くみずがき湖ビジターセンターに色々な染Tシャツやストール類が出来上がりました。
b0100253_1310381.jpg
藍染×スレン染料で面白い絞り模様です。その他の多色の絞りストールも有ります。ずーっと続けているフィトンチッドとしての染色スタイル、しばらくは多色の絞りで行こうかと思います。韮崎や甲府の方はきっと猛暑、やってられん・・と言う人は涼しいみずがき湖辺りに来てみませんか?
by phyton_info | 2015-07-27 13:16 | 染め | Comments(0)
この時期よく増富にキノコを採りに来るというお客様、年間券を買ってかなりの松茸や山のキノコを採るという。
ビジターセンターにはキノコ採りの後にソフトクリームを食べにいつも寄ってくれる。
キノコに詳しい方で、色んな種類のキノコの食べ方なども教えてくれる。そして・・貰ってしまった「たまご茸」・・キノコについては保守的な私、でもその方が絶対に美味しいという。派手な色のキノコは敬遠してきたのだが・・・。
b0100253_17435093.jpg
せっかく貰ったんだし、「是非食べてみろし」「絶対うまいよ」の言葉で、たまご茸を食べる事にした。どんぶりに塩を少し入れて、たまご茸を手でさいてそれに入れる、その上から熱湯をかけた。
b0100253_17462644.jpg
すると、とても良い香り。少しお湯がオレンジ色に変わった。いざ・・。食べてみると珍味。食感は白身の魚のよう。ふわふわしている。私とキノコの関係は知る人ぞ知る・・・であるが、こうして一つまた前進した。
これからの時期、自分の採ったキノコが食べられるか毒なのか?と、キノコを見せて鑑定してくれと頼まれることが多くなる。
山のキノコも少しは知っているが、今後に向かい少しずつ新種のキノコも食べていきたいと思った出来事だ。
・・・さあ、ついに夏本番、遅すぎるエンジンが掛り昨日あたりから残業で染物だ。ビジターセンターにようやく新作の染製品が並ぶ。
暑いほうが好き、でも耐えられない・・と言う方は明日からの猛暑日、増富みずがき湖で涼んでみては?
by phyton_info | 2015-07-24 17:53 | 自然 | Comments(0)
日付はもう22日早朝だ、後輩のはち君となかなか晴れないねと、曇り空の下でテラスの床に寝転がり星空を待っていた。時刻は1時半頃、東の宙が少し開けてきた。よく見ると微かにアンドロメダも見える。行けるか?
BKP300をアンドロメダに合わせ、急いでリモコンを押した。ピントなどはそのままでいいやと、とにかく撮影を始めた。
b0100253_2014735.jpg
1500㎜ともなると当然銀河ははみ出し、バルジからおよそ半分を画角に入れたつもりで撮ったのがこの画像。ISO1600 180秒×2コマコンポ。アンドロメダでかすぎ。以前のBKP250 F1000㎜と比べてみた。
b0100253_2045764.jpg
二分の一銀河の撮影には1000㎜の方が良さそうだ。ただ、この1500㎜の焦点距離は他の小さい銀河や惑星状星雲には威力を発揮しそうだ。
・・・また曇ってきましたねと、はち君の言葉に応える気力も無くなりかけ、解散撤収となった。
再び30センチの鏡筒バンドを緩め気合で持ち上げた、館内の床に卸そうとしたとき「おっとっと」危ない、でも堪えてセーフ、危うく倒すところ。・・汗。

まだ色々撮りたい気持ちは有るものの、少しづつ試験的な事も取り入れ進歩しようとしている。この梅雨時も何日も星空を求めて、たとえ短時間でも撮影をした。こりゃ一年中大変なことになりそうだ。
今回の新月期もそろそろ終わり、8月にはペルセウス群も待っている、疲れるけど止められない綺麗な星空観測。是非いろんな方にも体験してほしい。

星を観たくなったら私まで連絡ください。
by phyton_info | 2015-07-23 20:16 | 宇宙 | Comments(0)
昼間は強烈な日差しが肌を射し、椎茸ハウスの中は46度にも上がってしまった。急いで裾を開け屋根に二重の寒冷紗をはり温度を下げた。
じじと息子と三人での作業は頻繁な水分補給をしながら進み、天体撮影明けの一日は辛く厳しかった。
もうすぐ日暮れ、空を見上げると綺麗に晴れていた。これは昨日のこと、作業を終え、家で夕飯を食べる頃には気持ちは固まっていて、暗くなると同時に再びみずがき湖へ向かった。
昨夜の天気は前半良好で、ゆっくり撮影できると信じていた。照明を照らしてこの前と同じBKP300をくみ上げる。でも息子が居ないため一人で重い鏡筒を持ち上げ運んだ。連日の天体撮影なので少し頭がぼーっとして、体も重い。でも宙に広がる星空や銀河を見ていると疲れも癒される気がしていた。
望遠鏡のセッティングが終わり、まずは南中過ぎたばかりの土星をケンコーデジアイピースで動画撮影した。このケンコーデジアイピースはあまり感度が高くなく、撮影中の画像は良くは感じないが、時々シーイングが落ち着くとカッシーニや他の隙間まで写り、案外いいじゃんて思った。昨日の土星画像がそれらだ。
ネットでもデジアイピースでの作例があまりなく、これで撮ったものとしては良いのだろうと、天文仲間のKさんも感心してくれた。
さて、この夜の撮影は久しぶりのBKP300+EOS7Dによる直焦点撮影。でも夜がふけてくると宙は雲が増えてきた。望遠鏡を向けて撮り始めると雲がやってくるというマンガのような天気に悪戯されながら撮ったのがオメガ星雲M17だ。
b0100253_22274415.jpg
iso1600.180秒×3コマスタック。久しぶりの直焦点に忘れたり戸惑ったり、しかもパーツが見つからなかったりで、嫌になったが、何か撮らねばの気持ちで撮影した。オメガ星雲を知っている頃には後輩のはち君も合流していた。しばらく撮り始めると曇り、休んではまた撮影の繰り返し、ただ、この夜の成果は1500㎜の焦点距離で180秒ノータッチガイドが出来たこと。これで感度を少し下げて撮る事が出来た。
ただ、真夏なので冷やしてないカメラはノイズが目立つ。
この星雲はフィルム時代から何度も撮っているが、30センチ1500㎜となると感覚がつかみづらいと感じた。
こうして晴れているとすぐに撮りたくなる重症に陥り、体力を奪われ寝不足にもなる、しかしこの太い体格は全然痩せる事を知らない。

・・・機材を撤収し再びテラスに出るともの凄い星空、しばらくあっけにとられたように見上げたが、昼間の仕事を考えて明るくなるころに布団にもぐった。(涼しいから布団が必要)
by phyton_info | 2015-07-22 22:40 | 宇宙 | Comments(0)
梅雨明けして以来猛暑の続く毎日、でもここ増富みずがき湖は他から比べれば天国。昨夜、涼しくなったころ久しぶりにBKP300をセッティングし、初めてとなる土星の撮影にチャレンジした。
空のほうは晴れたり曇ったりですっきりしないが、土星は22時くらいまで見えていた。1500ミリのBKPに2倍バーローを付け、6ミリのアイピースでのぞくと500倍の倍率になる。めったに使わぬ高倍率でも集光力が大きいので暗くはならない。
宇宙空間にぽっかりと浮かぶ土星がとてもきれいに見えていた。
b0100253_19454398.jpg
しかし、土星など撮ったことがなく、なんとなくネットで見聞きした知識と記憶に辿っていろいろなパーツをくっつけた。
今回のカメラはケンコーデジアイピース。暗くなってから望遠鏡の下で小さな取説の文字を読みだす。よくわからないので、ぶっつけ本番で撮影しながらの勉強となった。
画像は、デジアイピースで動画2分を撮影し、動画処理ソフトでスタック、フォトショップで調整したもの。ソフトの使い方はもちろん、やったことの無い撮影なのだが、天文仲間のkさんがマニュアルなどを作りわざわざ届けてくれたので大いに参考になり、何とか土星とわかる写真が撮れた。
ネットや上級者のブログを見ると、もっとくっきりはっきりと映し出されているが、私の初めてはこんなもの。
土星の撮影後は曇り空に、毎日暑いので夕涼みも兼ねてちょこちょこと撮影している。
by phyton_info | 2015-07-21 19:54 | 宇宙 | Comments(0)
ようやく梅雨明けです。完ぺきとは言えませんが良く晴れ渡り、気温も上昇。昨日は寂しかったお客様も今日の天気に誘われ大勢来店してくれました。
食事会の予約も頂いていたので、今日のレストランは久しぶりの二階営業で、綺麗なみずがき湖の景色を眺めながら皆楽しそうに食べていました。

そう、この季節になると良く聞かれる「朱色の花は何ですか?」「上の方で赤い花がいっぱい咲いていました」・・なんてことをよく聞かれます。
その花は花豆の花です。この時期特に黒森地区に栽培されている花豆が一斉に花を開くのです。
b0100253_18292060.jpg
花豆の花はこのように朱色をしていてとても可愛い花、ビジターセンターにも少しだけ残った種を植え、花の鑑賞をしようと湖につながる通路に植えました。
この時期ならではの可愛い朱色の花豆、みずがき湖から上流には沢山咲いていますのでドライブしながら見てください。
この花が晩秋に大粒の花豆となるのです。ときどき白い花も見かけますが、白い品種でしょうか?それとも時折そういう変化をするのでしょうか?
子どもたちには待ちに待った夏休み、しかも梅雨明け、素晴らしい夏休みとなりますように。
by phyton_info | 2015-07-19 18:34 | 山野草 | Comments(0)
台風の影響が残っているのか、ここみずがき湖も数日間雨や曇りのぱっとしない天気が続く。こうして休みなく仕事をしていると、ふと曜日の感覚が分からなくなったれする。何と、山梨県下も一部を除き夏休みに突入とのニュースをやっていた。
・・・もう夏休みか。
慌てて繁忙期らしい準備を始めるも、なかなか進まぬうちに夏休みが終わるのが私の常でもある。
梅雨真っ只中の6月末、綺麗に晴れ渡った星空の下で撮った銀河、その中で北東側の山におちる銀河を再処理してみた。
b0100253_1630341.jpg
3コマをコンポジットし、色彩調整をした。赤い散光星雲がよく浮かびあがり、アンドロメダやM33も分かる。山の近く低空に見える赤い雲は何だろうと調べてみたら、どうやらカリフォルニヤ星雲ようだ。たしかスカイメモを片付けようとしていたときチラチラと昴が見えていたのでその近くだ。
台風が日本列島を襲い、このまま梅雨明けかと思ったが、まだぐずついている。この新月期に再び綺麗な銀河が見られるだろうか?

PSいよいよ夏休み、遊びに勉強にスポーツに、そして夏休みの課題、自由研究もある。自由研究の
 題材は数あれど、謎に満ちた宇宙や天文、星座などの自由研究は如何だろうか?みずがき湖ビジ  ターセンターでは、大型望遠鏡や双眼鏡を使って星空を観測することが出来る。この夏見ごろの土 星やさそり座、夏の大三角など、今年の夏は星空に親しみ、自由研究とするのも良いかもしれな  い。今の時期暗くなるのは夜7時半頃、ビジターセンターのお蕎麦でも食べた後、涼みながらの星 空観測をお勧めしている。
 問い合わせ・・・0551-45-0081 ビジターセンターまでどうぞ。
by phyton_info | 2015-07-18 16:41 | 宇宙 | Comments(0)
先ほどまで台風の影響による大雨が降っていて、すぐ下の県道から通行止めになってしまった。なので来店者は無し、建設業者と役所の車が時々通るくらいで、寂しいみずがき湖なのだ。

猛烈に厚かった数日前、夕飯を食べた後外に出ると良く晴れていて、久しぶりに星が見えるかもしれない・・と、みずがき湖にやってきた。
この日の撮影は、ケンコートキナーさんから依頼されている赤道義やレンズでのテスト撮影、どれをどう組み合わせようかと迷い、今回はスカイメモsプラス400㎜F8ミラーレンズとした。スカイメモは軽く、ちょいと移動するにはちょうどいい、二階のテラスに運んでセッティングする。今回は400㎜での撮影なので極軸を丁寧に合わせねば・・と、のぞき込むも、ちゃんと説明書を見てなかったのでおおざっぱになってしまい、慌てて取説とにらめっこして良く理解できた。これでバッチリか?
b0100253_11453576.jpg
このミラーレンズにはファインダーが付かないので、この夜は目で導入した。直接のぞき込んでもF8の視野は暗く、恒星もまばらで、時間を掛け、ようやくアンドロメダが視野に入った。スカイメモSで400㎜が何分追尾できるか・・?まったく分からなかったし、ミラーレンズが小口径でF8なので露出も感度も高くしなければならないが、そのぎりぎりのところに決めて撮影を始めた。
上がってきた画像は少し光量が足りない感じだったが、8コマをコンポジットしてみた。星像は良くて、周辺でも問題ない。少し大きな赤道義で長時間露出を重ねれば細部まで出そうな感じの良いレンズだった。
特筆すべきはそのコンパクトさと軽さ、他の400㎜ではありえないほど。
スカイメモSの方も400㎜を2分は追尾できる事が分かった。極軸の精度をあげれば更に長時間も可能なようだ。
宙は晴れたり曇ったり、撮影しているところに雲はやってくる、別の場所に移すとそこにもやってきて、雲間を狙う撮影となったが、今年の梅雨に入ってから二晩もみっちりと撮影が出来たことは嬉しい。
ケンコーのスカイメモやミルトル望遠レンズ、トキナーレンズなどは、ここみずがき湖ビジターセンターでも販売しているので、興味のある方は問い合わせてほしい。

もうすぐ梅雨明けです、夏には綺麗な天の川や土星、さそり座など、星空を見上げてみませんか?
by phyton_info | 2015-07-17 12:07 | 宇宙 | Comments(1)
連日の猛暑、皆さん元気ですか?ここみずがき湖も暑いです。そんな暑さの中草刈りをしたのが月曜の日、もう少しで全部終わるはずの夕方に憎き蜂に刺されたのです。
この辺で「すがり」と呼ばれる小型のスズメバチで、攻撃性は弱い方なのですが、草刈り機でぱっつんと切ってしまったので一斉に向かってきました。
刺されたのは左手の親指、大したことないだろうとその後もきのこ作業や畑の作業そして熱い風呂・・と、これがまずかったのでしょう。
こんなになりました。
b0100253_1641852.jpg

まるでグローブです。一日過ぎたくらいから急に腫れてきて痛痒く鈍く重いのです。見事に晴れ上がった手首に家族も感心していました。
二日が過ぎた今日の午後辺りから徐々に腫れも引きはじめ、回復しています。小さい蜂と侮っていたのがいけません、今後は慎重に作業したいと思います。
皆さんは蜂や虫刺されの時どんな薬を付けますか?何か特効薬が有りましたら教えてください。

PSビジターセンターレストランで、冷やし山菜蕎麦始めました、暑い日は冷たい御つゆでさっぱり と食べてください。
 「山菜蕎麦、冷たいのでねー」と声を掛けてください。
by phyton_info | 2015-07-15 16:09 | 昆虫 | Comments(0)