ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

<   2015年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

まだ八月のはず、しかしよく降る雨は肌寒いくらいで、すっかり秋模様のみずがき湖。長そでが丁度よく、雨さえなければ過ごしやすい。
玄関のロータリーの百日紅も次々と花が開き見事になってきた。
b0100253_10491783.jpg
雨に降られて色も濃く見える。今日は土曜日だけど、こんな天気で人出も少なそうだ、涼しい天気に暖かなたぬきうどん、熱いコーヒーで天文書など読んでみるのもいい。
by phyton_info | 2015-08-29 10:52 | 山野草 | Comments(0)
もう八月も下旬、今日のみずがき湖は時々降る小雨で肌寒い。今季初めて長そでのシャツを着て出勤した。
外では秋の虫が鳴き、しっとりしていて雰囲気も景色も秋になってきた。夏とは違って色々なものが落ち着いた感じに見えてきた。 夕方にカメラを持ち公園の方に歩いていくと・・。
b0100253_15505866.jpg
毎年この時期に咲く百合の花があちこちに咲いている、なんていう名前かな? 鉄砲百合?湖の後ろの山も緑色が落ち着いてきた。
b0100253_15523960.jpg
こちらは夏から咲いていた花、こちらも名前が分からない・・。秋にはこんな風になるんだ。
雨が降ってくる前に、藍液に漬けておいたTシャツを洗って色止めした、これから色を重ねてカッコいいシャッを完成させる。
お客さんの増減はともかく、もうずーっと忙しいまま。ネットで冬用の暖かグッズを探し始めてもいる。
by phyton_info | 2015-08-26 15:56 | 山野草 | Comments(0)
みずがき湖で天体観測会をすると、大概の参加者の方が望遠鏡に興味を持ち、どこで買えるのか?幾らするのか?などと望遠鏡談義に花が咲く。
時は3月下旬、ビジターセンターで食事されたお客様がケンコー・トキナーの社長さんだった、天体や望遠鏡の話をし、何かの縁なのかなと思った。
5月にはケンコー・トキナーのホームぺ―ジ掲載用の取材をしてもらい、ますます縁が深まり、6月には天体望遠鏡や双眼鏡、パーツやレンズなどの販売店となった。
小さなブースを作り、積極的・・とまではいかないがセールスもし、双眼鏡やパーツが売れていった。
私自身が天体観測をしているので、説明には少し自信も有る。デモ機を覗いて驚くお客さんに薦めている。
そして昨日、後輩のはち君が購入してくれたスカイウオッチャードブソニアンが届き、早速一緒に組み立ててみた。
b0100253_18393782.jpg
ドブの組立は私も初めて、説明書を見ながら台座から上に上にと組み立てていく。難しくはないが構造を理解するまでには初めてだと戸惑うところも有るかもしれない。作業しながら各部の作りの良さと、便利機能に驚かされた。なるほど・・を何度も連呼しながら短い時間で組み上げた。
b0100253_18423668.jpg
組上がってみると凄くカッコいいではないか。白い台座に黒い鏡筒のコントラストも良い。
各部の動きも滑らかで程よい抵抗も有り、天体導入にも導入し易そうだ。全体を眺めたはち君も喜んでくれた。このドブソニアンは口径20センチ、大きさ重さもお手頃、価格も5万円ほどとこちらもお手頃。
数年前にケンコー製のSE250を目の当たりにし衝撃を感じた私、今の時代安くて凄く良い望遠鏡が沢山作られている。
これらを自分なりに調整したりカスタマイズしたりで、機材いじりの楽しさも増す。天体観測や
天体写真はハードルが高い・・と思っている方、安価で高性能な望遠鏡や赤道義で、これから天体撮影などにチャレンジしてみては?
みずがき湖で天体望遠鏡を購入してもらうと、その場で組み立て方、使い方、細部の調整もするので、持ち帰ってすぐに月や土星、星雲を観られるはず。
子どもに、お孫さんに望遠鏡の購入を考えている方、どうぞみずがき湖の望遠鏡ブースを訪ねてほしい。
来月にはきっと素敵な星空が待っていそうだ・・。
by phyton_info | 2015-08-25 18:53 | 自然 | Comments(0)
前から一部で言われていた、BKPや、ケンコー製の大型反射鏡筒の謎。一生懸命極軸を合わせ、順調な追尾をしていると思ったはずが、「あれっ動いてる」なんてことが度々あって、天文仲間と話したのが、鏡筒バンドからのズレだ。
それら大型反射鏡筒は、ミラー部分がとても重く出来ていて、それを保持するためにバンドのネジを固く締めていたが、先日やっぱり動いていた・・5ミリくらい下がった。
b0100253_15214218.jpg
天体を追尾して天頂付近に達するとそのズレが発生しやすくなる・・ようは、鏡筒が下にズレ落ちるのだ。天文家の皆さんがあれこれ対策していると聞いて、私も簡単に出来そうな対策を施した。バンド内側のアールの部分に4か所ゴム版を張ってみた。これでどうなるかはまだ試してない。

なかなか晴れないこの頃だけど、少しの時間を見つけては望遠鏡の整備も続けている、BKP300の天体導入用に、ケンコートキナー製MILTOL200ミリを300の鏡筒背中に搭載し、眼視での導入をサポートしてもらおうとしたり、大型の星雲撮影用のMT160を整備したり・・、大変だけど楽しみでもあるこれら整備。
来月の新月期には満点の星空が見られるだろうか?
少し蒸し暑さを感じるみずがき湖でお客様と星の話に花が咲く。
by phyton_info | 2015-08-23 15:31 | Comments(0)
八月も結局天気が悪いまま、もう新月期も終わってしまう。昨年の八月の方が晴れの夜が多かった気がする。
そんな折、少しの晴れ間を雲をかき分けながらたどり着いた渦巻銀河の光芒をBKP300で捕えた。
b0100253_13272469.jpg
このM33銀河はアンドロメダ銀河の近く、三角座にあり、割と明るく大型の銀河だ。1500㎜の焦点距離ではかなり大きく写る。ただ、常に雲が流れている状況下で2コマだけしか撮れなかった。これをS7でコンポジットしたものをやっつけ処理した。もっとたっぷりと露出を掛けたいものだ。
毎晩空には雲が居座り、所どころにぽつんと星が見えるだけ、少し不完全燃焼の夏の天体観測だ。
ただ、天気が悪ければそれなりに機材整備やパーツの整理も出来、これもよしか。
これから月は大きくなり、秋に入る、月もそうだがまだしばらく土星の見えるので大きな望遠鏡で大きな土星の姿を楽しみに来ませんか?

みずがき湖ビジターセンターでは、 天体観測会、天体写真教室を随時受け付けています。

お問い合わせ 0551-45-0081 ビジターセンターまで。
by phyton_info | 2015-08-21 13:43 | 宇宙 | Comments(0)
昼間の太陽ももうそんなに暑く感じない。風は涼しく空も高くなった・・。
増富にはもう秋が近づいている。亜熱帯のような酷暑の夏も終わった。ビジターセンターには松茸やキノコ採りの問い合わせ、アケビや栗といった秋の味覚のお話をするお客さんも多くなり、いよいよ秋らしくなってきた。
増富の秋と言えば見事な紅葉だ、今年も紅葉の問い合わせが増え始め、観光会社の下見も多くなってきた。
b0100253_14234275.jpg
この画像はみずがき湖の地図をスマホで撮ったもの、かなり忠実に書かれているものだ。紅葉の頃このみずがき湖一周コース、いわゆる「湖畔紅葉ライン」の紅葉がお勧めだ。反時計回りに周る人が多いが、最後の方できつい坂があるので、逆の時計回りも良いかもしれない。
通仙峡が見える増富大橋や展望台、ヨシャーの泉など、わりと平坦な舗装道路に見どころが沢山有る。みずがき湖一周は4キロ、徒歩一時間のちょうどいい紅葉狩りコースとなっている。ビジターセンター以外でも対岸のダム事務所のトイレが使えるのでこれも安心だ。
みずがき湖の紅葉の見ごろは10月中旬からやく一か月間。日々山の色が変わりとても綺麗だ。
増富温泉やみずがき湖で紅葉を楽しみたいという方や団体の方、ビジターセンターまで問い合わせてほしい。
電話0551-45-0081まで。
by phyton_info | 2015-08-19 14:33 | 自然 | Comments(0)
少ないスタッフで走り回った今年のお盆も終わろうとしている。天気が比較的良くて、連日沢山のお客さんで賑わったビジターセンター。
残暑は厳しいが、ここは増富もちろん涼しい。お盆が終わればもう秋だね。
b0100253_15545723.jpg
南側の公園にあるカエデも少しずつ赤くなってきた。少し歩くとみずがき湖公園のあちこちで紅葉らしき兆しも見えている。秋は早いからあっという間に紅葉シーズンになるね。
b0100253_1557156.jpg
今年のフィトンチッドの染物は新しい染に挑戦し、すっきりした色のストール類が沢山できた。でも暑かったからあまり売れず、これからのシーズンに期待だ。
ビジターセンターのエントランスでは今年も活躍してくれたラジウム星人が座っている。いろんな方と記念写真に収まりご満悦か。
b0100253_1671953.jpg
お盆が過ぎると少し静かなみずがき湖となる、そんな夏も秋も同居した静かなみずがき湖で過ごしてみませんか?風景写真や天体写真を撮るのにもお勧めなスポットです。
by phyton_info | 2015-08-16 16:09 | 暮らし | Comments(0)
昨夜のこと、ボーイスカウトさんの天体観測会を行い、晴れないだろーと、室内の準備も並行して行った。
観測会開始時間になると少し雲が切れてきて、南に土星がちらちら見えだした。全員に見せられないかもしれないと思いつつも、まずは40㎝90倍で見てもらった。少し小さいけど土星の環や、カシ二の隙間も見えた。
空は次第に良くなり、土星の周りに雲が無くなった。
これはチャンス・・と、一気に高倍率を掛けてみた。600倍、これほどの高倍率で観測したことは過去にない。
少しゆらゆらしながらも、土星の環、その中の模様、土星本体の薄い模様も見えていた。そして
土星おおきいっと歓声も上がり、よく見ると土星の月も見えていた。

口径が大きければここまで倍率を掛けられる、昨夜の土星は今までで一番大きく一番綺麗な土星に見えた。
b0100253_11511042.jpg


・・・土星はまだしばらく南の空に観測できます。見てみたいという方はみずがき湖ビジターセンターの天体観測会にご参加ください。
by phyton_info | 2015-08-15 11:51 | 自然 | Comments(0)
袋にどれだけ入る?ナスは8こ、キュウリは12本以上入る。お盆人気の詰め放題100円。
b0100253_13443675.jpg
こんなにすみません・・と言いつつ沢山入れて・・。いえいえ、詰め放題ですから。
b0100253_1346629.jpg
この時期美味しい夏野菜。詰め放題、明日もやってます。
by phyton_info | 2015-08-14 13:46 | お知らせ | Comments(0)
それでも星が見えるかと外に出てみた昨夜、今日は晴れるかと外を見る私。夏の時期ってこんなに天気悪かったっけ?
四方に飛ぶベルセ群も遠い記憶になりつつある。
今夜はいけそうか?雲が切れるか? 記憶の中に飛ぶ流星。
by phyton_info | 2015-08-13 16:40 | 暮らし | Comments(0)