ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

<   2015年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

11月30日、今日はフィトンチッドの創立記念日。染色や自然体験を通じ、心の森林浴を楽しんでほしいと今から28年前に活動はスタートした。1987年、小さな工房から始まった草木染、フエルト、星空教室、1989年から旧富里分校を借り受け、カフェやギャラリーの運営、2009年からは、みずがき湖ビジターセンターの管理運営も始まった。走り続けた28年は深く良い思い出、スタッフや友人、知人、地元の人に、そして家族にも支えられながら何とかたどり着いた今日。記念日を味わう余裕も無いし、いつも右往左往のフィトンチッドだが、まだ先に足跡を付けていきたいと思う、これからも応援してもらえると嬉しい。

・・外は大分寒くなり、ビジターセンターの薪ストーブにも火が入った。冬ばれの青空の下、二階の東テラスでは30センチ反射などの格納用観測所を作り始めている。
b0100253_23324033.jpg
いつでもスピーディーに、そして暖かく天体観測ができるようにと、これらの他ホールにはストーブとコタツも用意し、観測体制もばっちり。
来月14日夜には好条件下でのふたご座流星群も待ち構える。きりっと冷え込んだ夜に、宝石を散りばめたような星空を散策してほしい。
・・・明日はいよいよ12月、早すぎだよね。
by phyton_info | 2015-11-30 23:37 | 暮らし | Comments(0)
信じられないほど暖かかった昨日からは一変、今日はどんより寒く夕方には雨が降り出した。ビジターセンターの冬支度をしようと計画していたが思ったほど進まず、天気同様なんだかどんより過ごしてしまった。
早目に帰宅しテレビを見だしたが、だらだらしていてはいけないと、天体の画像処理を始めた。
今日の主役はあの有名なウルトラの星M78星雲だ。多くがその名前をしっているだろうこの星雲はオリオン座の三ツ星のすぐ上にある。距離は1600光年、星雲中にある10等星の重星に照らされた反射星雲だ。
b0100253_22434342.jpg
名前こそ有名でも少し地味な星雲なので、好んで撮影する人は少ないと思う。たっぷり露出するか、枚数を重ねる事で、周辺の分子雲が写るかもしれないと撮影してみた。
撮影方法はいつもと同じ、30センチ、1500㎜のノータッチガイド、ISO2500 露出30分。
何だか複雑な星雲のからみの中からウルトラマンが出てきそうな気もする。
by phyton_info | 2015-11-25 22:49 | 宇宙 | Comments(0)
いよいよ3連休最終日。
ここまでが何というか増富観光のオンシーズン、明日からは冬モードとなるのが一般的だ。これから長く寒い冬になるが、この頃は冬も楽しく感じる。山歩きも出来るし好きな天文も出来るからだろう。ビジターセンターの営業日も冬営業に変わり、月、木、土、日曜、の営業になる。休みが多くなるのでようやく私的な事や家の事も出来るようになる。
そんな楽しいであろう冬を想像しながら眠い目でM33の画像処理に臨んだ・・が、設定の使いまわしが上手くいかず。不完全燃焼のM33となってしまった。
b0100253_12345166.jpg
せっかくやったので載せちゃえ、とアップした。前回たしか10月にも撮影した33だが、その時は2コマを強引にコンポジットした荒れ荒れの画像。今回はそれでも15コマのコンポジットをした。なんだか33は少し苦手でになっている。
1500mmのノータッチガイドは良くても2分から3分、友人たちのキュィーンて動く自動導入が羨ましく感じる。今しばらくはこの体制で手動の醍醐味を味わいながら先々を考えようと思う。
by phyton_info | 2015-11-23 12:40 | 宇宙 | Comments(0)
もうすっかり初冬の景色が広がるみずがき湖、木々の葉は落ちたけど例年より気温が高く過ごしやすい日が続いている。
暖かい分晴れの天気はあまり続かず日替わりのような天気だ。そんな中昨夜は甲斐市から参加の若い女性の方が天体観察会に参加してくれた。いつになく張り切っている自分がそこにいた。

星といえば、少し前の15日夜に抜群の星空の元、二階テラスで朝方まで天体撮影をし、眠たい目をこすりながらも丁寧に枚数を重ねていた。
しかし繁忙期の疲れがたまり、画像処理はお預け、少しだけマイペースに戻し体調の回復を図っていた。
ようやく今夜画像を引っ張り出し重ねたり色調整したりといじくり始めたのだが、やはり30センチ1500ミリとなると、当然コンポジットが難しく、SIの自動ではお化けのような画像が上がり、仕方なく主導で16枚をコンポジットした。
天体は彫刻室座のNGC253、この銀河のいい画像はなかなか撮れていない。私はこれが苦手なのだろう。
でも時間も過ぎたし「載せちゃえ」と半端なままでアップすることにした。
b0100253_23235818.jpg
あらは目立つがとても大きなこの銀河はM31、M33についで3番目とか4番目の大きさだという。中心を出すか周辺を出すか?なんていじくっているうちに分からなくなってしまったもの。
忙しかったビジターセンターの繁忙期ももうすぐ終わる、寒さも厳しくなるが、二回のホールにはストーブとコタツも用意した。なるべく暖かな環境でいろんな方に美しい星を見てもらおうと工夫している。
空気が澄み渡り賑やかな星座の見えるこの冬に、みずがき湖で天体観測を楽しんでみては如何だろうか。来月14日夜にはふたご座流星群もピークとなる。今観測会を開こうかと検討中だ。
by phyton_info | 2015-11-21 23:32 | 宇宙 | Comments(0)
15日の日曜が過ぎればもうお客さんも来ないだろうと、そして早目の冬支度をしようと、そういう予定で考えていた。それで15日日曜の夜には過労の体で天体撮影に臨んでしまった。でももの凄く良い空で、夏の銀河も秋の銀河も、そして冬の銀河もばっちり見えていた。みずがき湖駐車場にはKさん、やまねももんがさん、Mさんも来ていて、撮影の合間に楽しく天文話をしてもらった。
・・・そして私の撮影も徹夜となる。
翌日月曜日、たいして来店も無いだろうと朝の支度をしていると、バスが来てどばーっと忙しくなり、お昼前から食事もどばーっと来て・・。いつ休めばいいのさ・・?
暖かな日が続くのでキノコも大量、袋詰めに追われへろへろに。でもこれは有難いこと、考える暇も振り替える暇もないほど忙しいのはやっぱり有難い。
徹夜で撮った画像も処理はお預け、火曜の今日もまだあっちへバタバタこっちへバタバタ・・。
しょうがない、動けるうちは我武者羅に働こう。
冬支度・・なんか綺麗な言葉に感じる。
by phyton_info | 2015-11-17 14:03 | 暮らし | Comments(2)
山の葉は次第に落ちはじめ、曇りで気温も低くなっている。まだ一連の紅葉狩りの流れで来店者は多いビジターセンター。昨夜は天体観察会が行われ、県外から来た星空ファンのお客さんと初冬の星座や昴を観測した。レストランを一階に引っ越したため、二階のホールは丸ごと天文仕様星空空間となり、ホットカーペットやコタツも設置した。今年の冬は皆で温かく星を見るのだ。
少し前になるが、10月の12日になかば強引に撮影を決行したものの、撮りっぱなし何もしなかった画像をようやく処理し始めた。
b0100253_17335712.jpg
この変わった星雲はランニングマン星雲とか走る人とか呼ばれている星雲で、あの有名なオリオン大星雲のすぐ上に位置している、オリオン星雲ばかりに気を取られてしまい、今までこれを単体で撮ることはしなかった。画面右下にオリオン星雲の一部を入れて撮影した。
F1500ミリなので、かなり大きく撮れて、星雲の中に人が走っているような模様が浮かび上がる。その下には暗黒星雲か分子雲のうねりが黒っぽく漂っている。撮影中もそのご最近まで名前も知らなかった星雲だが調べていくうちに興味が増してきた。かなり劇的なエリア、空間らしい。
後で聞いた話、この夜の星空は晴れてはいるものの空に霞のようなものがかかり続け、撮影には向かない日であったとのこと、私は疲れてぼーっとしていた時期なので、全く気が付かず、最近になってそれを知った。
写真はBKP300、ISO2500、120s×13コマスタック、SI PSなどで処理したもの。

これから星空は増々輝きをまし星空観測のシーズンが到来する。どうぞ、この星が綺麗な時期に、寒さ対策しながら双眼鏡や望遠鏡で星々のきらめきを観測しませんか?
みずがき湖天体観察会を実施中です。0551-45-0081ビジターセンターにお申し込みください。
by phyton_info | 2015-11-12 17:50 | 宇宙 | Comments(0)
昨夜から今朝にかけ雨が降り続いた。こういう日は大いに期待できる、そう雨に濡れた紅葉は格段に美しい。綺麗な紅葉が更に色を濃くし、通期途中ずーっと綺麗だ・・を連発してしまうほど。
そしてみずがき湖に到着し朝の開店準備をしながら何気なく見るとそこには巨大な鏡が出現しているではないか。
b0100253_16284185.jpg
一年の中でも、この紅葉の時期に鏡が出現する確率は高くない、雨上がりで風が無い午前に時々こんな風になる。前に見たのはもう4年くらい前になる。慌ててカメラをとり二階のテラスから撮影した。慌てすぎてレンズが曇っているのを知らず何枚もミスった。
みずがき湖の紅葉はますます色を深め美しい、明日は天気も良くなるだろうか、もう少し今週いっぱいが見ごろのみずがき湖紅葉2015だ。
by phyton_info | 2015-11-09 16:33 | 自然 | Comments(0)
今日は雨の日曜日、みずがき湖を訪れる人もいつもよりは少ないものの、傘をさしながら紅葉を楽しむ人もいる。
みずがき湖の紅葉は終盤を迎えている、少し前よりオレンジ色が濃くなり、雨に濡れた葉は余計深い色に見えている。
もちろん私も超繁忙期で、すぐそこの紅葉を撮影するのもままならないほど、二日ほど前の午後、お客さんがすいた好きにカメラをとり湖畔に走った。
b0100253_1402798.jpg
東の高い山に西日が射し、輝いているように見えていた。湖畔の遊歩道には沢山の人が歩いて紅葉を楽しんでいて、なかなかカメラを構える事が出来なかったが、ビジターセンターを入れていつものショットを撮影した。
明日あたり雨が上がるとすれば、深いオレンジの紅葉がまだ楽しめる、高い山の上は葉が落ち始め、低いところに色が移る・・。
ここでは贅沢な紅葉の景色が見られるのだが、正直ゆっくりと紅葉を見てみたい、なんて、この気持ち分かってもらえるだろうか。
by phyton_info | 2015-11-08 14:05 | 自然 | Comments(0)
昨日、11月3日は増富の特異日、ものすごい数のお客さんでごった返し、ビジターセンターも大わらわだった。一夜明けたもののまだまだ紅葉狩りのお客さんは多く、大忙しモードに変わりはない。
通常の土産やレストランの他に、キノコの売れ行きがただ物ではない。
・・・ビジターセンターの営業を終えると私たちは町に買い出しに下り、大きな段ボールを積んで帰ってくる。その途中に我が家のきのこハウスに寄り収穫するのだ。懐中電気を頼りにキノコを探す。するとこんな物が目に飛び込んだ。
b0100253_15544719.jpg
そう、ひら茸の赤ちゃん。夜に見るとまるで金属で形作られたオブジェのように見えてかっこよかった。これも数日で大きく成長しビジターセンターに並ぶ。
今年の紅葉は天気に恵まれ紅葉狩りにはうってつけの日々が続く。みずがき湖の紅葉は今が見ごろ、まだまだこれからも変化しながらクライマックスへと向かう。
見ているだけで心動かされるような見事な増富の紅葉。明日も天気の予報、ぜったいこーし。
by phyton_info | 2015-11-04 15:58 | 農業 | Comments(0)
今日は久しぶりの雨降り。
外は少し寒いものの、見ごろとなっている紅葉が濃く見えとても綺麗だ。雨に濡れた山々も私は魅力的だと思う。突然霧が晴れ、紅の山肌が見えてくるのだ。これはたまらない。
少し前の先月30日にみずがき湖畔を歩いてみた時の写真を紹介しよう。
b0100253_12212062.jpg
まず鹿鳴峡の方向、高い山の上から下の方へ、紅葉のグラデーションが綺麗だ。毎日大勢の方が紅葉狩りに訪れ、ビジターセンターも利用してくれている。
b0100253_1223161.jpg
写真を撮りながらも店が気になり、足の構え方がおかしくなってしまう・・左足は固定、右足は帰り道に大きく向いていて・・。さっと写真を撮る。
増富大橋の方がいくぶん紅葉の色が深く見える。何にせよ2015年の紅葉もピークを迎えている。これから10日間くらい、グラデーションや色の移り変わり、雨の天気などによる色の深さ加減・・など。
うっとりするようなみずがき湖の紅葉を楽しんでほしい。

*遅ればせながら、昨日行われたもみじ祭りウオークに参加してくれた450人を超える皆さん、またスタッフの皆さんご苦労様でした。
by phyton_info | 2015-11-02 12:29 | 自然 | Comments(0)