ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

<   2016年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

食べ過ぎは良くないと分かっている。でもお腹いっぱい食べる事の幸せが勝ってしまう。
b0100253_1459399.jpg
たぬき蕎麦に玉子を落として、また肉になる脂肪になる。
雪予報外れ・・。雨で雪も解けだした、明日は天気になるか?星も見えるか?こっちへ来てみろし。
by phyton_info | 2016-01-30 15:01 | ごはん | Comments(0)
よほど美味しいのか、フィトンのジュピターは蛇口から直飲み。
b0100253_237423.jpg
増富の水は平成の名水100選に選ばれている。これでいれるコーヒーが美味しいわけだ。
by phyton_info | 2016-01-28 23:09 | | Comments(0)
先日の大雪がなかなか解けないみずがき湖、普段天体観測会や撮影に使用している二階のテラスにもまだ30センチ近く積もったまま。
教室や撮影を再開出来るようにと今日星友の田中さんと除雪作業をした。天気は良く空もみずがき湖も綺麗で気分も良いのだが、体力的にとてもきつい作業で、高校バドミントン部の合宿を思い出してしまった。
b0100253_22291381.jpg
二人で一生懸命除雪し、一時間半ほどで観測スペースを確保する事が出来た。これで観測会の予約もとれると一安心。
昼前には日差しも強くなり床の氷も解け始めた。よし、天気も良いのあれもやろう・・。と、念願だった観測所のペンキ塗りに取り掛かった。
b0100253_22372040.jpg
こちらも二人で一時間半ほど塗り、「ぎんぎら銀」観測所が出来上がった。太陽を反射して眩しいこと・・。宇宙っぽいね、と話しながら塗装が終わった観測所を眺めながらコーヒーをいただいた。
b0100253_22411964.jpg
良い天気とは言っても朝晩は厳しい冷え込みとなるみずがき湖、気が付けば湖面もぎんぎら銀だ。次に西側、40㎝反射の
観測所も雪かきしようと二人で取り掛かるが私は体力的にきつくなりちょこちょこ手を休めてしまった。夕方までには西側の観測スペースも確保でき、いつでも観測会OK。でも冬の増富にはお客さんは少ないのだ。いっぺん来てみろしー。
この他二階南側テラスも、一階通路も、予想以上に進んだ除雪作業。膝はがくがくだけどいい汗かいた。
しかしまた雪の予報を聞いてしまった・・。別にいいけど・・。
by phyton_info | 2016-01-27 22:52 | 自然 | Comments(0)
奄美や沖縄で雪が降ったという今回の寒波、ここでも色んなものが凍り付いた。まだ多くの雪が残るみずがき湖も見事に凍った。
b0100253_23215857.jpg
双眼鏡で湖面を探すもカモやオシドリは見えず、ヨシャーの湯の方に行っているようだ。そちら側の湖面およそ15%を残しほぼ全面凍っている。
ビジターセンターの二階テラスから見ているのだが素晴らしい景色だ。
そして明日の朝も強烈な寒さになるという、気を付けて過ごそう。
by phyton_info | 2016-01-25 23:27 | 自然 | Comments(0)
前の日曜から積もり始めた雪は翌日の昼には50センチに・・いろいろ大変な思いをして雪かきに励み、今日現在道路は綺麗に除雪されている。しかーし、また今夜降るという。少しだけにしといて。
道路が開いているので増富温泉にも行けるようになり、ここビジターセンターにも少しお客さんも来ている。
お客さんが玄関先でなにやら写真を撮っているので、何だろ?と近くに行くとこれこれ。
b0100253_1613824.jpg
かちかちのつらら特大。暖冬からここにきてついに爆強寒波がやってきた。明日からはやっぱり氷点下18度の予想がでたまんま。これが抜けたらきっと春に向かう・・そう信じたい。

* 明日日曜は営業しています、暖かなカレーうどんなど如何ですか?
by phyton_info | 2016-01-23 16:17 | 自然 | Comments(3)
うーっ寒っ。
ここ何日か寒波襲来で激寒のみずがき湖、いや爆寒か。スマホの天気予報に週末最低気温、氷点下17度とか出ていて・・なんかの間違いじゃないの?そして・・。
b0100253_21132950.jpg
みずがき湖もこんな様子だ。八ヶ岳を超えて雲がやってくる。おおっ寒っ。でも、でも綺麗ではありませんか。
大雪が積もった道路は綺麗に除雪され、公園や山々には積もったまま、日が射したり曇ったり、時間があればずっと見ていたい景色。ビジターセンターでは暖かな室内から凍てつくみずがき湖が見られます。
by phyton_info | 2016-01-21 21:17 | 自然 | Comments(0)
星空をバックに赤く咲く薔薇星雲は星空へのロマンを掻き立てる神秘的な散光星雲だ。とても良い天気が続いていた今月中ごろ、まだ暖冬の色は濃く、夜の観測も楽だ・・などと言っていた。その夜、MT160の調子を見るべくいくつかの代表的天体を撮影していた。薔薇星雲は一角獣座にあり、その中心には散開星団が輝いている。その星団を目印に私は手動導入している。構図を整え本撮影に入った。露出は150秒を連写。9コマをコンポジットした。
b0100253_21475079.jpg
撮影中は氷点下3度ほどでそんなに寒く感じなかったため、5㎝のの双眼鏡で星々を渡り歩き、視野を薔薇星雲の方へと向けた。当然この淡い散光星雲は写真でなくては表現できず、目では見えない・・と、ずーっとそう思っていた。双眼鏡が薔薇の中心部の星団を捕えた時、何とその周りにふわっと星雲の広がりが見えるではないか。何度見直してもやっぱりふわっと薔薇星雲が目で確認できた。赤いというよりも淡い青っぽいガスの広がりが面積を持っている。「嬉しい」いよいよ目も悪くなり始めたころにこんな淡い天体が見えたのだ。それだけみずがき湖の星空が綺麗だという事だろう。何だか感動してしまい、その後観測のたびに薔薇星雲を目で見て喜んでいるのだ。
・・さて、写真の方は少し自然な感じに調整してみた。過去に撮った薔薇星雲は赤く明るく派手にしたが、こっちの方がいいと思った。

・・やがて暖冬から厳冬へ・・そして大雪が降りみずがき湖も凍った。一気に真冬の要素がそろって、でも汗だくになり雪かきをし、明日からはまた通常の冬営業が出来そうだ。
白い積雪と厳寒、増富らしい。道路はほぼ除雪され車も通れます。でも走行にはもちろん注意して来てほしい。
by phyton_info | 2016-01-20 22:01 | 宇宙 | Comments(0)
17日夜から降り出した雪は夜中から18日昼間で降り続き、積雪は50センチになった。10年ほど前は雪が止むと即時除雪車が入り、通勤通学にはあまり影響しなかったという記憶があるが、今は違う、住民の高齢化、建設業者の減少と人手不足など複合的な要因でなかなか除雪は行われない。しかしそれを待つばかりでは家からも動けないし、急病人などにも対応できない。そしていつの間にか、それぞれ出来る範囲の人海戦術で除雪をするようになった。
昨日の雪が小降りになった頃、地元事業所の社員の方や近隣の住民が徐々に動き出し、無理をすれば家から動けるまでになった。もちろん四駆にスタットレスは必須。
シイタケハウスの無事を確認後、軽トラックでみずがき湖の様子を見に行った。何度もスタックしかけ、時間をかけ到着したビジターセンター。一通り見回りをし、二階のテラスに立つと、美しい光景が広がっていた。
b0100253_19422639.jpg
みずがき湖面に沢山の雪が積もっている。毎年これをきっかけに結氷が始まる、今年はどうなるか・・。
しばし美しい景色を眺め、見回りの後またまた強引な雪中群で帰宅した。
19日にち今日になっても公的除雪車は来ない、仕方なくまたまた人海戦術で雪かきをするのだが、我が家の玄関を出て驚いた。
b0100253_1947314.jpg
屋根に積もっていた雪が徐々に垂れ下がり危険極まりない。おっかなびっくり飛び越えて庭に出た。今日も地元事業所の方々と除雪作業。午後には何とか下れるか?という道路状況になり、四駆でグリグリと進み一路フィトンチッドに、ムーちゃんの無事を確認し雪かきをした。そしてみずがき湖へ、もちろんここでも雪かき・・。あー疲れた・・。でも暗くなるころには除雪車が上ってきた。
年に何度も降らないであろう雪にこんなにも翻弄されて、やれやれ。
by phyton_info | 2016-01-19 19:54 | 暮らし | Comments(0)
降るふるとは言っていたものの、暖冬を経験している私は、対して降らないだろうと特別な備えもしていなかった。昨夜8時ころから降り始めただろうか・・。
今朝起きると・・。
b0100253_12381612.jpg

こりゃ大雪だ、午前八時に38センチほど、雪はまだまだ続き峠を越えたころには40㎝を軽く超えた。
久しぶりに動けない状態。こんな時はゆっくり休めば、とも思うが、山村集落ではそうはいかない。
昼前からは家族総出で雪かきを始めた。庭に歩く通路は出来たが、道路は手付かず、いつになったら除雪車来るのさ。
というわけで、今日はみずがき湖ビジターセンターに行くことが出来ません。御用の方申し訳ありません。
by phyton_info | 2016-01-18 12:43 | 自然 | Comments(0)
1月7日夜の事、調子の悪かったMT160の調子を見るため何かの天体で試写しようとしていた。宙の状態はとても良く、何でも撮れそうだったがここは冬の絶景オリオン星雲を撮っておこうと、星生まれる領域に向けた。このオリオン星雲はカメラのファインダーで見えるくらい明るいため導入にはてこずらない、しかし構図は微妙で上に寄せるか右に寄せるか・・?などこだわれば難しくなる。
1600光年先の生まれたての恒星が青く輝き、MTでの撮影中にそんな光景を隣に設置してある30センチ反射で眺めたりした。
b0100253_15565143.jpg
長い露出ではないが連続撮影後24コマをコンポジットしSIなどで調整したもの。オリオン星雲は良く写る天体だが、後の処理にこだわるととても難しい。いろいろ試すたびに違うんじゃないか・・と思いだし二度三度やり直し、しまいには疲れてしまうというパターンだ。星雲の東側に明るい領域があり、薄いガス雲が広がっているようだが、これが本当か?とか結局MTの良い調整は進行中という事になった。

新月期も終わり、今日はどんよりしてこの後雪の予報だ。週明けにはかなりの低温予想で、氷点下10度を下回る日が続くという。暖冬に慣れた体の骨身に染みそうないやな予報。でも脂肪のジャンパーで乗り切れるかもしれない。
皆さん雪道の運転に気を付けて。
by phyton_info | 2016-01-17 16:05 | 宇宙 | Comments(0)