ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

<   2017年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ちょっとまだ疲れが残っているけど楽しかった。「アストロフェスINみずがき2017」は無事終わり、
その夜に見えた美しい土星や星雲星団の姿が頭から離れない。
たぶん雨になるだろうと予想していたアストロフェス当日、雲は多いものの晴れ間ものぞき、ぞくぞくと集結する天文愛好会メンバーが手際よく機材を組み立て、参加者に太陽の姿を見せていた。
b0100253_20245533.jpg

太陽望遠鏡には黒点やプロミネンスも見えていたという。いつしか戻ってきた夏の日差しに外にいるのはとても暑い。有難いことにアストロフェスへの参加者は時間とともに増えていく。
b0100253_2027742.jpg

じつは、前日の金曜日夜にNHKのニュース番組で今回のアストロフェスのイベント告知をしてもらっていたので、それを見た方が昼も夜も沢山みずがき湖を訪れてくれたのだ。会員の皆で夕食を済ませたころ、細い月が輝き、もしかして土星も見えるかも・・と、皆も私も望遠鏡のセットを始めていた。・・・ここからは、皆必死で私もあたふたと望遠鏡を動かしているため写真がないのだ・・。
夜の観測会の様子は、みずがき天文愛好会のホームページに詳しく乗っているのでそちらも見てほしい。
久しぶりに見る土星は30cm反射の600倍で、とても大きく本体の模様やリングの隙間も見えた、しばし快晴となった星空ではM13 M15 M22などの球状星団、細かな微細星が分離してとても美しかった。リング星雲はドーナツの形が濃く見え、参加者皆で感動した。自動導入した天王星と海王星は薄青に輝き、太陽系の奥深さを実感できた。
観測会は夜中までつづき、大勢の方とみずがき湖の美しい星空を共有共感したひと時だった。深夜、誰もいなくなった観測テラスを片付け、私も心地よい眠りにつくことが出来た。

・・・・こうして、楽しく有意義のうちに実施できたアストロフェスだが、その二日前の夜、少しの晴れ間を狙い、私はみずがき湖の望遠鏡を操作していたのだ。
そして、とれないどかない薄雲をとおして、強引に撮影した一枚を紹介しよう。
b0100253_20395772.jpg
プレアデス星団だ、5月以来の撮影で、機材のテストをするために遅くまでやっていたのだ。久しぶりの天体撮影は色んなことを忘れたり間違ったり、でもまたこれがたまらなく面白い。新月にはいつも来られるKさんと、この夜は始めた会ったアルプス市の青年と、わいわいしながら私のテスト撮影は順調に進み、2日後のアストロフェスを迎えることになったのだ。

・・・一人で見る星空も良いものだが、こうして沢山の仲間と星を見上げるのはもっと楽しいと実感した今年のアストロフェスだった。
by phyton_info | 2017-08-28 20:45 | 宇宙 | Comments(3)
毎日の涼しい曇り空に「もう秋だなー」と思ていたが、ここ数日は夏が復活し日焼けに磨きをかけながら草刈りなどをしていた。
暑いのは嫌だから、もう秋でもいいやと思ったものの、ここにきて沢山のソフトクリームを仕入れてしまって・・やっぱ残暑君に頑張ってもらおうと太陽大歓迎に切り替えた。
色々忙しくしていて手が回らないことも続出で、今回フィトンチッドのジュピターに三匹の子猫が生まれていたのだが、なかなか見に行く時間もなく、ようやく先日その可愛い姿を見ることが出来た。
b0100253_21412946.jpg
ようやく細い目を開けた子猫はシャム系で、グレーや白っぽいのや雄二匹、雌一匹だ。ジュピターに子猫が生まれるのも久しぶりの事で、小さいモフモフを手に載せしばらく可愛がった。
以前は一度に子猫が15匹も生まれたり、子犬が7匹生まれたり・・お店で里親探しも必死だったが、今回はどの子も良い飼い主さんが見つかるといい。

・・・もうすぐ秋風の吹くころ、涼しい夜に山羊座やくじら座の小さな星たちが瞬くのを心待ちにしている。今週末のアストロフェスINみずがきの日はきっと星も見えるはず。
by phyton_info | 2017-08-21 21:49 | | Comments(0)
いったいどうなってしまったか?8月の夏休み真っただ中、そしてお盆・・なのにずーっと、ずーっと、雨ばかり降っていて、涼しいを通り越し、朝晩は冷えるではないか。
楽しみなペルセウス流星群も、星空も・・全然見えない寂しいこの頃。
でも、でも今月26日ー27日に「アストロフェスinみずがき」が開催される。その時はきっと晴れるはず、星が見えるはず。
ということで、フェス当日の内容を「やまねももんがさん」が作ってくれて、遅くなってしまったが、ここに紹介します。
b0100253_1058265.jpg
昨年同様、昼間の太陽観測は、望遠鏡でプロミネンスも観測できるはず。めったにお目にかかれない生の太陽活動は凄いのだ。
涼しくなる宵の口には土星も見える、昨年も夜には晴れて満天の星空が広がった。今年もそうなることと信じている。是非沢山の参加をお願いしたいし、お待ちしている。
駐車場は今年は自由に入れて、この夜は車中泊もOKとするので、夜遅くまで星を眺めることが出来る。
まだ検討中だが、ビジターセンターレストランで、アストロフェスにちなんだ宇宙メニューや宇宙夜食を作れるよう計画している。
今は戻り梅雨とか、何とか前線とかで、雨ばかりだが、アストロフェス当日頃はきっといい天気になるはずだ。
by phyton_info | 2017-08-16 11:05 | お知らせ | Comments(0)
台風5号が去ったここ山梨はカンカンの太陽が照り付け気温上昇、甲府の最高気温は37.5度の猛暑に、涼しいはずの増富みずがき湖も30度を超え、なかなかの暑さに逆に感動している。
さて、昨年夏から始まった、みずがき天文愛好会主催の「アストロフェスINみずがき2017」を今月
26日、27日にかけ開催することになった。
b0100253_1644040.png
昨年同様、昼は太陽望遠鏡でのプロミネンス観測や、星空写真の説明、夜には40cm、30センチ、25cmなど反射望遠鏡による天体観測を行う予定。晴れたら美しい星空とともに土星やそのリングも見えそう。アストロフェスへの参加は無料で、夜遅くまで天体の観測が出来る。
この日に限り、駐車場への車中泊も可能で、ファミリーや、友達と、また天文ファンの皆さん是非来てみませんか?

問い合わせは 「みずがき湖ビジターセンター」0551-45-0081まで。
by phyton_info | 2017-08-09 16:09 | お知らせ | Comments(3)
一瞬のぞいた月はもうだいぶ大きくて、今回の新月期も終わりを告げる。昼も夜もどんより天気で時折集中豪雨がやってくる天気がまだ続く。
なんだかんだとやっているうちに暦はめくれ8月に・・。夏本番、嬉し楽しや夏休みの頃だが、何だかすっきりしない。
やっぱ夏は暑くてギラギラの太陽が必要だと強く感じた。
もちろん、続く曇り空に天体撮影などしていなくて、良からぬものを天文サイトで捜してポチることもしばしば。
大事な大事な画像処理の方法も忘れがちになっていたので、出来の悪い画像を見栄え良く再処理しながら処理の方法を忘れないようにと、先日画面に落としたのがM27 亜鈴状星雲だ。
前回の画像はステライメージ7で、そして今回の再処理はステライメージ8で取り組んだ。元画像は180秒のノータッチガイドのもの。
こちらが以前のM27
b0100253_2244741.jpg
なんかこー、ギスギスしてませんか?くっきり出そうと各パラメーターを欲張って引っ張った結果こんな風になるのだ。バックの色もあまり好きでない色になってたし、周辺減光も放置したまま。この時はこれでいいやと・・。
そして今回・・・。
b0100253_227505.jpg
見やすく、自然な色で・・などと自分に言い聞かせながら作業し、17コマの元画像と、4コマほどのダーク。フラット、フラットのダークと、すべての枠に当てはめて一気にコンポジットにかけた。
デジタル現像じも、大きな冒険は無し、フィルター類は慎重にかけ、最後の方でトーンカーブ調整をかけ、その後PSeでカラー調整をした。以前のM27よりだいぶ見やすくなったと思うのだがどうだろう?
私の天体画像処理は、なかなか一度では終わらないし、人にも影響される優柔不断処理、寝転がってする怠慢処理、お菓子食べながらのながら処理。
みな色々な画像処理をするだろうが、今回は天候と多忙のため忘れてはいけないと奮起したもの。
長らく星見えないとため息が出るのは私だけではないはずだ。
by phyton_info | 2017-08-02 22:17 | 宇宙 | Comments(0)