ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

<   2017年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

かなり飛んだという双子座流星群、観測予定に入れていたのだが一番晴れて条件の良い夜を用事で逃してしまい、14日夜には曇られて中止。沢山の流れ星は見られなかった。
そんな中、このところの冷え込みは強く夜に晴れていることも多いのだが、私の嫌いな強風が吹き撮るか撮らないか迷う日が多い。少し前からはまたテレビのロケ隊が来ていたりして、その中でもビジターセンター二階の観測所も撮影され、昨日には再びの後日収録、ここでも観測所をたっぷり撮ってくれた。
そんなで、ばだばたしていたのだが12日夜にはチャンスとばかりにみずがき湖に向かい、20時頃から天体撮影に入っていた。
この夜の目的は、冷却CMOSと天文ソフトAPTを上手く使えるか・・・をテストすることだった。望遠鏡にカメラを接続し撮影しようとすると強風が吹き床に置いたキャップやパーツが飛ばされたりして落ち着いて作業が出来ない。
何処かが上手くいかずなかなか撮影に入れず、結局カメラを外して室内であれこれテストしていた。
強風でも星空は素晴らしく、何かしなきゃもったいないと、隣のBKP250にEOS6Dを取り付け手ごろな天体を目視で捜した。
画角的に、また赤い星雲をと、あれこれ考え馬頭か?バブルか?・・いや薔薇行こうと、ファインダーでそれを探した。ベテルギウスの東少しのところにばら星雲の真ん中にある星団が見えた。これがいい目印となる。
以前と違うのはフルサイズカメラとアイダスLPS-D1フィルターを付けていること。どんなだろーと、期待は膨らみ試写のモニターを食い入るように見つめていた。ビューが上がると、素晴らしいばら星雲が浮かんだ、ほんの10秒の露出なのに、まるで処理した画像のように見えるから驚いた。フィルター恐るべし。
PHDでガイドしながらリモコンを押し、しばらく見ていたら強風にあおられたリモコンが鏡筒にカンカンと打ち付け、なんか呆れてしまった。また時折雲も通過したようだが何とか13コマをコンポジットすることが出来た。
b0100253_22012712.jpg
フルサイズの画角はなかなかいいもので、ばら星雲もほとんどが収まる。撮影後すぐにダークも撮ったのでその温度も良かったと思う。ちなみに氷点下7度位まで冷えていた。何より驚いたのはあれほどの強風下で星が点になっていたこと、そしてほとんどをコンポジット出来たこと。架台が良いのか鏡筒が短いのが良いのか、PHDの制御が上手なのか?わからない。けど結果的には良かった。
仕上げてみるとばら星雲らしく出来たので今後の星雲の撮影にも期待できそうだ。
・・・寒い夜が続くがまだ新月期も残っている、頑張って綺麗な星々を沢山手に入れよう。

by phyton_info | 2017-12-15 22:10 | 宇宙 | Comments(0)
日本付近に居座る寒気のせいか、今朝の冷え込みは強かった。昨日までの強風は弱まり、ピリッとした冬ばれのみずがき湖。
ロックフィルの淵に立つと湖が青く見えている。
b0100253_10422277.jpg
空の青が映っているのだ。こんな風に時折みずがき湖は色を変え楽しませてくれる。寒さの強い年末だけど、まだ積雪は無く道路の凍結もない。こんな冬ばれの日に自然の中を散策するのも楽しそうだ。

・・・ビジターセンターは木、土、日、月に営業しています。暖かな食事は如何?

by phyton_info | 2017-12-14 10:46 | Comments(0)
強い寒波の影響で昨日から寒さと強風が吹きすさむ。予定されていた三つの忘年会も無事終え、星モードになろうと準備をし今夜もみずがき湖にやってきた。双子座流星群も近く、時折明るく長い流星が飛ぶ。しかーし、色んなものが飛んでくほどの強風が止まずどうなることやら・・。
・・・昨夜の事、遅くに帰宅した私は何となく画像処理でもするか・・と、以前撮ったM42の画像を引っ張り出し、試行錯誤していた。
多段階露出をコンポジットしようとしたのだ。4段階の露出の画像をそれぞれコンポジットし、それらを更にコンポジットすればよし、なんて軽く考えていたのだが、そんなに簡単ではなかった。
ステライメージ8の自動合成では何だかんだといちゃもんを付けられ拒否されたりプログラムが停止したり・・。刺激が強すぎたのかな?
そこで従来の位置合わせからする古典的な方法で最終コンポジットをすると、色々悩んだ末、合成した画像を現わしてくれた。
そしていつもの細かな調整をしたのがこちら・・・。
b0100253_00024364.jpg
びみょーな感じだが、以前のような中心部の飽和は無くなり、そのあたりの構造も少しわかるようになった。各露出のコンポジットには同じフラットを使ったのだが、それでは合わない、フラットのレベルやガンマを調整しなければ上手くいかないようだ、仕方なくステライメージの周辺減光補正で大まかに修正し、会わない部分はトリミングし切り取った。
何度も何度も深夜まで頑張ったのだが、忘年会帰りの体と頭ではこれが精いっぱいだった。もっと綺麗な色合いに仕上げたかった。
これで多段階露出が効果があると実感できたが、先のコンポジット拒否の件など不明な点は多く残る。今後に期待・・。
今夜の強風はいまだ止まず、ガイドグラフは圏外に飛び出すほどの乱れよう。仕方ないから時々飛ぶ流星を見ながら過ごそうと思う。

by phyton_info | 2017-12-13 00:14 | 宇宙 | Comments(0)
連日厳しい寒さが続き、朝晩は当たり前に氷が張るようになった。先日の大きな月も少しずつ欠けけ出し、夜の初めは綺麗な星空も広がっている。
そんな折、以前購入したZWOの冷却カメラの使い方がよくわからず困っていた私に、ショップの星見屋さんが「みずがき湖まで教えに行きますよー」と連絡をくれ、なんと先日6日の夕方から来てくれたのだ。これは有難い機会だと、望遠鏡への接続からPCへの接続、そして難解だった撮影ソフトAPTの使い方を細かく分かりやすく指導してくれた。
b0100253_20340301.jpg
ドライバの相性などで少々てこずりいよいよ撮影という頃には氷点下5度位に冷えてきて、カメラを冷やす必要もないくらいだった。星見屋さんが、○○さん何行きますか?の問いに、ファーストライトはNGC891となった。とはいえまだテスト段階なのでLRGBをそれぞれ60秒×5コマとした。APTのスタートボタンを押しても電子シャッター何の音もしない静かなもの、PCのモニター上で刻々とカウントが進み、やがてL画像が浮かんだ。
もちろんモノクロ画像だが、この感動といえば何にも代えがたいものだった。そして初めてRGBの合成をし、なんちょうにかカラーの天体画像となったものがこちらだ。
b0100253_20425661.jpg
見よう見まね、説明書も理解できないままカラー合成をしたものを同じくステライメージで画像処理を重ねた。露出時間の少ない画像ながら綺麗に暗黒帯がはしっているのが嬉しかった。よく見るとお分かりだろうか、恒星の周りに青いハロが見えるが、これはフィルターのせいか?コマコレのせいか?それともコンポジットの後遺症か?
b0100253_20480981.jpg
こちらは、同じ30センチにEOS7Dで撮影したNGC891だが、APS-Cサイズのそれよりも今回の冷却カメラの方が若干大きく写る。一見大した差は無いように見えるが、拡大すると差は歴然・・!処理しても細部が潰れず、安心して拡大も出来る。
星見屋さんと二人であれこれ撮影しながら、みずがき湖の星空にいたく感動してもらい、カチカチに凍り付きそうな星空の下で色々な天体や、PC上での作業手順を繰り返し教わり時間は過ぎていった。
何かを感じてふと視線を上げると東の空に大きな月が上ってきた。星空は一変、明るくなってしまったが、それでもここの宙は凄いと絶賛してもらいながら撮影も続いた。冷却無しのCMOSセンサーはマイナス8度を示していた。

by phyton_info | 2017-12-08 20:56 | 宇宙 | Comments(0)
昨夜の事、月に興味のあるお客様向けに天体観測会を開催した。総勢9名の参加者と大きな月を望遠鏡で観測し、寒さの中、時間を忘れて月面の様子を観察した。その時の月がこちら・・・。
b0100253_14554588.jpg
今朝になって知ったスーパームーン。確かに大きく明るかった。25センチ反射で眼視観測し、30センチ反射でモニターに映したり、写真や動画を撮影し、記念にメモリーカードに収めて持ち帰ってもらった。
皆既月食でもなかなか撮らなかった満月の直焦点、こんな機会にたまたまのスーパームーンで撮影出来て私も記念になってしまった。

by phyton_info | 2017-12-04 15:00 | 宇宙 | Comments(2)
12月、早すぎる時の流れにあたふたして、あっちにこっちにドタバタの日々。ビジターセンターは冬営業に突入し、火、水、金曜がお休み、時間は10時~16時までとなっている。もちろんこれ以外に私などがいる場合はちょこちょこと開けたりしているが、お間違いの無いよう・・・。
先日夕方の時間に生放送となったビジターセンターでのテレビ撮影、今日になりようやく録画゛を見た。上手いものだ・・私でなくテレビ局の方がた。
b0100253_20270364.jpg
これは、まだ当日の準備をしているところ、据え付けの2台にKさんの太陽望遠鏡、ヤマボウシさんのAPのシステム、佐久ちゃんのスカイメモSなども組み立て、まるで大きな天文現象を観測しているプロジェクトのようで壮観だった。
駆けつけてくれた皆さん有難うございました、また残念ながら待機されていた会員さん、とても良い愛好会PRになったと思うので、今度録画をながします。
・・・12月になったけど、わりと暖かでお天気もいいから?ビジターセンターへもお客さん来てくれて、なので奥のスペースにまた天体写真飾ったのだ。
お昼に食べたのは・・
b0100253_20343698.jpg
月見そば、玉子一つ落とすだけで更においしくなる。最近はこれがお気に入りで、一日に何回か食べてるのだ。
売り場には我が家のきのこ達、大粒の花豆、野草茶は相変わらずの人気商品。30周年セールはやってないけど何かサービス出来ればなーと思案中。
夜になると一気に冷えて氷点下となるけど、せっかくだから天体観測会も多めにやりたいなー。見せる日と撮る日を決めてみようかな。


by phyton_info | 2017-12-02 20:41 | お知らせ | Comments(0)