人気ブログランキング |
ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

好きです、小宇宙・・・

寒い日が続きますが、夜上を見上げると綺麗な星空が見えています。
先週は一週間連続で天文関連の仕事?や遊び?趣味?みたいなことをしていて、昼間の仕事がかなり辛く感じました。
土曜日の夜中にも一人星空に漕ぎ出し、みずがき湖の宙を見つめていました。ラブジョイ彗星を撮るためでしたが、その前に上がってくる春の小宇宙も撮るつもりでした。
北斗七星の柄の先にある子持ち星雲M51は、大好きな天体ベストテンに入る美しい小宇宙です。
b0100253_20152920.jpg
私の場合天体導入は手動、ガイドはノータッチでやっています、眼視で天体を確認してからシャツターを切ります、殆どが口径160ミリ焦点距離1000ミリで撮るので極軸は入念に合わせ、ノータッチで追尾させます。ですから望遠鏡のセッティングは一般より早くでき、すぐに撮影にかかれれます。
b0100253_20211381.jpg
こちらは、しし座のトリオ銀河ですが、ししの太もも半分外より・・・という風に頭に記憶しているので、目で見つけるのです。当然淡い天体なので、なかなか入らないと投げ出して夜食にしようか?なんて諦めることも有りますし、自分の目の限界を追求しているような良い気分も味わえます。つーか古いんだよね~  そういう年なのかも?
こうして、星図とにらめっこして天体を探すスタイルはまだまだ続きそうです。
前回の投稿のラブジョイ彗星に続いて、今日は大好きな小宇宙を載せました、処理がいい加減なところはいけませんが、まだ12月中旬なのに夜中には春の星座や小宇宙がつぎつぎ上り、これからますます寝不足の続く冬となりそうです。
こんな、淡い小宇宙や、綺麗な星団、ふわっとした星雲を観測しにみずがき湖へ来ませんか?大きな望遠鏡で宇宙を散策しましょう。
by phyton_info | 2013-12-11 20:32 | 宇宙 | Comments(0)