人気ブログランキング |
ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

M天体と幽霊・・・

星々の中に浮かぶ幾千の銀河や星雲などのM天体、写真集や図鑑では明るくカラフルで、いつみても感動することが出来る素晴らしい被写体だ。
私も普段撮影する天体は、カメラのセンサーに何百秒と光を溜め、それをまた数十コマコンポジットし、画像処理を重ねて綺麗な天体写真に仕上げている。下の例がそれだ。
b0100253_1951412.jpg
客観的にこういう写真を目にすると、望遠鏡で見た時こんな風に見える・・と誰もが思ってしまうところ。そりゃぁ私だって写真のように肉眼でも見えたら凄い感動で、もっともっと一般の人も天文への興味が強くなるはず。
と こ ろ が・・実際にはこの天体は望遠鏡で覗いたときこんな風にしか見えない。
b0100253_1954464.jpg
ちょうど私の25センチ望遠鏡で見た感じを逆画像処理?で再現したものだ。広い夜空の空間で、こんな微かで淡く小さな天体にどうやったら気づくか・・?私たち?天キチ?はその天体の場所、明るさ、大きさがあらかじめ頭に入っているので、何とかこいつをファインダーに入れて主鏡へと導くわけだが、いつも思うことは、こんなに微かなもの、幽霊と一緒じゃないかって・・。
目をいくら凝らしたからと見えるものでもなく、ある種の心眼に近い第三の目?みたいな器官がこの天体を察知するのだと思う。
だから天キチ、天バカの人には、暗闇に浮かぶ微かな幽霊をも見分ける特殊技能、特殊能力が備わっているのだと今夜確信した。

・・・そんな微かなM天体を目を通じて脳に焼き付け前頭葉での画像処理と、想像力を働かせたとき、こんなに微かな天体がとてつもなく壮大な夢とロマンに満ちた宇宙空間に輝いているんだと、嬉しくてしょうがない、そんな気持ちにさせるのだ。宇宙恐るべし・・。

今夜撮影の予定があえなく仕事で断念、またやればいいさ。
by phyton_info | 2015-03-12 20:07 | 宇宙 | Comments(0)