ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

明るくなったカタリナ彗星・・・

このところ冬型が安定し、少し冷え込む日が多く、夜になると素晴らしい星空が広がっている。連休前の7日夜には懸案だった書類作りのためビジターセンターに泊りで臨んでいる・・はずだった。が、夕方Kさんが撮影に来られ、また星空があまりにも美しすぎたため、ついつい観測所をを開けてしまった。Kさんや星空がいけないのではなくすぐに星心にシンクロしてしまう?私がいけないのだ。まあ書類はのちのちでも作れるが、この星空は今夜しかない、これは使命だ・・など都合よく考え撮影に入ったのだ。
この夜はMT160の調整をメインにやり出し、昼間目視で合わせた光軸その他を確認しながら撮影は進んだ。
冬型の天気、寒いことは寒いのだが夜中になってもまだプラスの気温、全く苦痛は感じない。あれこれ撮影しながら日付は変わり8日の午前1時半、ニコンの双眼鏡は核のしっかりしたカタリナ彗星を捕えていた。この時カメラはまだMT160に装着されていて、出来る事ならそのまま少し広い視野で撮影し、広がったテールを撮ってみたかった。しかし先月初めからBKP300の直焦点で撮影し続けているため、ここで変更しては観測という意味からは良くないだろうと、BKPにカメラを付け替えた。
b0100253_20561066.jpg
彗星は先月から次第に大きく見えるようになり、この時には目測で5.8等ほどで双眼鏡ならすぐに見つけられた。広い視野で写すと開いた日本のテールが伸びているようだが、1500㎜で根元辺りをクローズアップするとそれは扇状に広がっているのが分かった。また彗星の動きは速く、短いショットにしなければ薄いところが塗り替えられてしまう感じがした。
写真はISO2000、120秒露出×15コマを彗星核でコンポジットした。撮影している間双眼鏡を使いあれこれ宇宙散歩を楽しんだ、東の低空にはかんむり座も上がり、近くには球状星団M13も良く見えていた。
明け方になると風が吹き始め、この辺で止めておこうと午前3時には観測所を閉めた。このあと少しは書類の事を考えなきゃ、と一応考えては見たものの頭はボーっとしていて未だ出来ていない。
スチュエーションが大事だからとか出来ない理由をこねくり回し、今日に至る。

PS・・3連休です、天気も良く新月期、大勢の方が星空に親しんでいることでしょう。もちろん私も星空に夢中ですが、昼間の活動も精力的にやっている?つもり?です。
干支のお猿さんのフェルトマスコットも完成し、椎茸もたくさん並んでいます。現在雪も凍結も無くスムースに来られる増富温泉ですからみずがき湖まで来たら是非寄ってください。
美味しい甘酒もあります。
by phyton_info | 2016-01-09 21:11 | 宇宙 | Comments(0)