ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

星生まれる領域・・・

1月7日夜の事、調子の悪かったMT160の調子を見るため何かの天体で試写しようとしていた。宙の状態はとても良く、何でも撮れそうだったがここは冬の絶景オリオン星雲を撮っておこうと、星生まれる領域に向けた。このオリオン星雲はカメラのファインダーで見えるくらい明るいため導入にはてこずらない、しかし構図は微妙で上に寄せるか右に寄せるか・・?などこだわれば難しくなる。
1600光年先の生まれたての恒星が青く輝き、MTでの撮影中にそんな光景を隣に設置してある30センチ反射で眺めたりした。
b0100253_15565143.jpg
長い露出ではないが連続撮影後24コマをコンポジットしSIなどで調整したもの。オリオン星雲は良く写る天体だが、後の処理にこだわるととても難しい。いろいろ試すたびに違うんじゃないか・・と思いだし二度三度やり直し、しまいには疲れてしまうというパターンだ。星雲の東側に明るい領域があり、薄いガス雲が広がっているようだが、これが本当か?とか結局MTの良い調整は進行中という事になった。

新月期も終わり、今日はどんよりしてこの後雪の予報だ。週明けにはかなりの低温予想で、氷点下10度を下回る日が続くという。暖冬に慣れた体の骨身に染みそうないやな予報。でも脂肪のジャンパーで乗り切れるかもしれない。
皆さん雪道の運転に気を付けて。
by phyton_info | 2016-01-17 16:05 | 宇宙 | Comments(0)