人気ブログランキング |
ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

3時間のアンドロメダ・・・

15日の夜、久しぶりに天体撮影が出来ると喜んで開けた観測所。ホームセンターで買ってきたハロゲンランプを照らしながら望遠鏡のセットに入った。
前回のライトダウン観望会で接眼部のセッティングなど変えていたので、全体のバランスを撮り直し、コマこれなどをセットした。およその準備は出来たものの撮影計画がノープランだったので星空を見上げてあれこれ天体を想像し、ちょうど天頂に差し掛かるアンドロメダをたっぷり露出で撮ってみようと決めた。
極軸がやや心配だったが、合わせなおす気力が無かったので、そのままテスト撮影に入った。少し前にオートガイド化したEM200Bはなかなか安定したガイドを見せ、この夜の強風にも耐え順調に本撮影にと移行した。
1000㎜の鏡筒にEOS6Dはアンドロメダにはちょうど良く、画角いっぱいにその姿が浮かぶ予定だ。
タイマーリモコンは360秒の30コマを設定。上手くいけば3時間の露出が出来ることになる。あれもこれも撮りたい私にはとても長い露出だ。
PHDガイディングは安定したグラフを刻み、次々と撮影していく。これを見て安心し、最後までモニターに上がる画像をチェックせず30コマを撮り終えた。
b0100253_1412440.jpg
BKP250、EOS6Diso1250,360s×30コマ 、ステライメージ8にて処理。           翌々日になりいよいよ画像処理を始めた、ステイメ8に30コマを取り入れスタックするとすべての画像が採用?され、やはりガイドの安定さが証明された。
ただ、困ったことにダークは沢山あるものの、フラットが何処かに行ってしまい、一枚しか使えなかったのが心残りだ。
整理の悪い私はダークやフラットが、どれがどの鏡筒か、またカメラかが分かりづらくこんなことになるのだ。しかし3時間の画像は下手くそな画像処理にも耐え、あまり崩れることなく最後まで進んだ。色合いなのだが、今までいろいろ撮影してきて、銀河はバルジがややオレンジっぽく周辺の腕部は青っぽくなんて感じていたのでこのように仕上げた。
皆の大作には及ばないが、ようやくたっぷり露出のアンドロメダが撮れたことが嬉しかった。
by phyton_info | 2017-11-19 14:12 | 宇宙 | Comments(1)
Commented by やまねももんが at 2017-11-20 16:19 x
こんにちは。
昨晩はお声をかけて頂いて、ありがとうございました。
アンドロメダ銀河は、たっぷり露光した甲斐がしっかりと出ていますね。
撮影直後は白飛びしてしまっていると仰っていましたが、大丈夫じゃないですか。