ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

LPS-D1フィルターで馬頭撮ってみた・・・

このフィルターでの効果はよくわからなかった。ただ、燃える木星雲が通常より赤く写り、カラー調整に少し戸惑う感じだ。
何度も色々な機材で撮っている馬頭星雲だが、手動導入しやすいのは助かる。今使っているEM200には自動導入機能は無いため、明るく入れやすいものから順に撮影することになるのだ。
b0100253_22304436.jpg
25cmF1000㎜にフルサイズカメラの画角は色々撮りやすく、この馬頭星雲にしても周辺の恒星をアクセントとして画角に入れることが出来る。散光星雲には強い組み合わせだ。
最近ではこの6Dと、ASI1600MMを使いディープスカイ撮影をし、3台目の7Dを連れて公園や駐車場を徘徊するというカメラ3台体制で、上手くいくと成果も大きいが、とても忙しくあっという間に明け方になってしまうので、皆のように撮影計画を立てて臨まないと星空の下を右往左往してしまう事になる。
新しく導入したASI1600MMは、まだ安定運用に入っていない、慣れないのでフィルタースイッチり入れ忘れ、ピントの確認不足などミスが続いて、今回も撮影はしていたのだがお見せできるものは撮れなかった。
しかし少し前のモノクロのM51のように、解像度は抜群で、時間をかけて丁寧に撮影すれば嬉しい一枚が撮れるだろうと期待している。

・・・今日も一日中強風が吹き、別のハウスをやられてしまった。時は年末27日、慌てず焦らず、まずは無事に年を越そうと思う。

by phyton_info | 2017-12-27 22:45 | 宇宙 | Comments(0)