人気ブログランキング |
ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

木暮祭のほうとう作り・・・

数日前から朝の冷え込みが強くなり、昨日は3度まで下がり、けさも同じくらい冷え込んだ。そうなると紅葉も一気に進む。みずがき湖から見える通仙峡の山々が色づいてきた。もうすぐ綺麗な紅葉景色となりそう。
そんな中、昨日はみずがき湖より7キロほど上流の金山平で「木暮祭」という祭りが開かれ、そこで甲州名物ほうとうを作り、参加者におもてなしした。
木暮祭とは、奥秩父の山々や自然を広く世に紹介し、奥秩父の開拓の父と呼ばれる木暮理太郎翁の功績を称えしのぶ祭りで、県内外の山岳会メンバーや、地元の関係者で執り行われ、たまたま通りかかった登山者にもほうとうをご馳走・・なんてこともありな祭りだ。
b0100253_11140471.jpg
大鍋で作るほうとう、美味しそうではないか。白菜、ニンジン、かぼちゃ、クリタケ、しめじ、イグチ、エノキなど具沢山で、それらからいいだしが出るのだ。
年間に食べるほうとうの中でも、こり木暮祭のほうとうが一番おいしいと感じるのは他のメンバーも多分同じだろう。
b0100253_11180531.jpg
標高1400メートルの金山平は綺麗に紅葉が進み、これから標高差700メートル余りを駆け下りてくる。帰り道の本谷川渓谷では所々真っ赤なもみじが川の流れに映り、白樺も鮮やかな黄色に変わってきた。いつ頃が紅葉の見ごろか?と、いつも聞かれるが、今もうすでに高いところは見ごろで、大きな標高差ゆえに約1か月の間、何処かの地点がピークを迎えていることになる。
紅葉見物は、出来ることなら同じ場所を3回訪れてほしい。少しずつ変わる色の変化がとても心にグッとくるから。

by phyton_info | 2018-10-22 11:23 | ごはん | Comments(2)
Commented by 北杜の犬 at 2018-10-25 15:55 x
美味しそうですね。ご近所なのに初めて聞くお祭りでした。来年のためにブックマークに入れました。
Commented by phyton_info at 2018-10-26 16:27
こじんまりしたお祭りですがもう59回となりました。