ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

モーションタイムラプス、やってみたかった・・・

すっかり星ブログとなっている「みずがきの森から」だが、それだけ今回の正月観測に時間を費やし、多くのデータが得られたという事。
もちろん、星以外の自然関係、きのこ関係、犬関係・・など、お伝えしたいことは沢山あるが、もう少し星シリーズを続けたいと思う。
今回紹介するのは、モーションタイムラプスと言い、星が時間とともに移動する様子+地上の風景も移動するという複合的動きのタイムラプスだ。よくテレビの宇宙番組とか車のCMとか、ネット動画には度々登場していて、いつかああいうのを撮ってみたいと願っていた。
星を動かすための撮影方法はわかっていたが、地上の景色をどう動かしたらいいのか?私の小さな頭では今までは理解できなかったのだが、そうだ・・・、スカイメモsがある、これを水平に設置して赤経体を回せばと理解し、正月の観測夜に実施してみたのだ。
そのモーションタイムラプスがこちら・・・。
前回のタイムラプスは、私が天体望遠鏡で撮影している様子を固定されたカメラから数時間撮影したもの、今回はビジターセンターからみずがき湖畔に降り、その通路付近にスカイメモsを水平に設置し(ようは経緯台として使用)0.5倍速で逆回転させたもの。
星空は西に移動し、地上風景は東にふる、という設定で3時間ほど撮影したものを動画に繋ぎ合わせた。
見ていると何だか体が浮き上がるような感覚になり良い感じだと思った。山から次々と上る星座や恒星も臨場感が有り嬉しかった。
時々、ここにカメラを仕掛けて撮っているということを知らない他の観測者の光が通過してこれもまた楽しい。
こうして欲張り天体観測は続き、二台の冷却CMOSと一眼レフによるタイムラプス撮影と、あれこれ頭が混乱しながらも何とか撮影出来て次への意欲もわいてきた。

by phyton_info | 2019-01-11 20:35 | 宇宙 | Comments(0)