ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

薪ストーブは赤く燃え・・・

曇りの天気だと思っていたが、朝から小雪が舞い始め、昼頃には辺りが白くなるほど降っていた。そんな天気だから今日は寒くて寒くて・・・、ビジターセンターの薪ストーブも全開に燃える。
以前書いたが、北杜市増富辺りは殆どが森林で、ほんの少しの軟傾斜地に人が暮らしている。ほんの50年前までは人々が使う燃料は薪や炭が主流だった。それがいつの間にかそれが石油、ガス、電気と変わり、森林燃料(バイオマスエネルギー)はほとんど使われなくなっていた。
しかし、いつ頃からだろうか?山村の一部にだけ使われていた薪ストーブ、炭コタツ、くどと言ったボイラー?を見直すナチュラリスト的な人が出現し、また、都市部からスローライフを求め山村に移住し北欧製の薪ストーブなどを使う者が増えてきて、やがて東日本大震災など幾多の自然災害を経験し、それらの需要は大きくなってきた。
その森林の燃料、薪は地元住民にとっては殆どただで手に入る安くて暖かな燃料、しかしもともと界隈に山林など所有しない人は安くて物の良い薪を探しているはずだ。
物の良い、というのは広葉樹の薪などで、一部鋳物ストーブでは針葉樹の脂や油分がストーブの寿命を縮めるからと敬遠される傾向にある。
・・・ずらずらと書いたそこまで計算しているわけではないけど、今回近くの山林の樹木を使ったナラの薪や、広葉樹の薪を販売することになった。
b0100253_20423798.jpg
この薪は毎日フィトンチッドの校庭でスタッフさんがコツコツ作ってくれていて、もう大分たまり、別の直売所でも販売している。
今回、一部をビジターセンター入り口で販売している。凄く良いナラノ薪と広葉雑木の薪が有る、もう十分乾いているのですぐに燃やせるもので、ストーブ、暖炉、バーベキューなどにいかがだろう?
いよいよ本格的に寒くなり、薪が足りないという方は如何だろう?

by phyton_info | 2019-01-20 20:48 | 暮らし | Comments(0)