人気ブログランキング |
ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

2019年 03月 09日 ( 1 )

昨夜のこと、ビジターセンターの営業を終え、駐車場をぐるーっと見回り帰ろうとしたとき、見てしまった・・、三脚らしきもの。誰かが車から三脚を下ろしていた。
そうか、今夜は晴れるんだ、きっと天体撮影の人が来るだろうと。確かに空はよく晴れていてピリッとした寒さで、このまま夜には星空が広がりそうだ。
もろもろの仕事を終え時刻は夜8時、案の定綺麗な冬の星座が見えていた。
ちょっと行ってこようと、車を走らせみずがき湖にやってくると、久しぶりのももんがさんや、常連の撮影者など4組が集結し撮影していた。私はくたくたのヘロヘロなので、何も持たずただただ星空を眺めて喜んでいた。皆さんと撮影のことや機材や画像処理、そしてウミヘビ座やカラス座といった大好きな春の星座を見つけて「いいなー」と連発してしまった。
・・・数日前のこと、宅配の車が止まり大きな段ボールが届いた。そう、少し前に修理に出していた赤道儀が戻ってきたのだ。
その赤道儀は、ケンコーEQ6PROだ、2月始めの観測で故障してしまい、気持ちもトーンダウンして、どうしようかと思ったところ、おやっまだ保証期間だとわかり、そうそう修理に出していたのだ。
そして帰ってきた白く冷たく重い本体を取り出した。↓
b0100253_21530431.jpg
赤道儀単体でもすごく重く手首が痛くなった。EQ6PROを使う人も多いと思うが、なんといっても大型なのにとても安価な事、16キロくらいは搭載できること、自動導入がサクサクできること、あなどれない素晴らしい追尾精度、Wi-Fiアダプタによるスマートホン操作が出来る・・・、まだ良いことはたくさんある。
b0100253_21563751.jpg
これをピラー客に載せる。ピラーは純正のもので、これまたとても安価で頑丈、白くてカッコいい、キャスターもついている。
b0100253_21593035.jpg
これにBKP250を乗せる、ガイド鏡はミルトル200ミリにQHYccdで。御覧の通り思い鏡筒が乗るのでバランスウエイトは4個。最後に鏡筒を乗せて電源を入れスマホで動かした、聞きなれたモータの音でキュィーント動いて正常に動作しているようだ。
極軸望遠鏡も、オートガイドも、あれこれ色々な機能がついているEQ6PRO、たまに聞いていた基盤の故障が多い・・、なんて言われていたが、今回はまさにそれだった。でもメーカーでも次々改善し、旧型からはあらゆる点が改善されている。25センチ級反射や大口径屈折などを乗せて観測するにはとても使いやすい赤道儀だ、ほめ散らかしているが、そう私はこの赤道儀を販売していて他にも天文機材を取り扱っている・・・、ということを思い出した。
なので今シーズンは、優良機材をどこよりも低価格で一生懸命販売する・・、と誓った。何かお探しの方気軽にお声がけしてほしい。



by phyton_info | 2019-03-09 22:10 | 天文機材 | Comments(0)