人気ブログランキング |
ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

2019年 06月 17日 ( 1 )

数日前から膝痛が悪化し、眠れない夜もあった。年齢的というより今までに膝を酷使しすぎたのだろう・・、そうね、体重もあるしね(あまり認めたくない事実)
その痛みに驚いてしまって、嫌いな病院に行ってきた。両ひざのレントゲン画像を見ながら説明を受けた、一瞬これを画像処理したらどうなる?細部の傷や変形のディテールが見えてくる?・・・なんて良からぬことを思い浮かべながら先生の軽度の、という言葉に少し安心した。
膝の使い過ぎ、動きすぎは良くないというが、運動して筋肉をつけるのは良し・・・、微妙な感覚。
・・・で、今日も田んぼの畔を草刈り機でブンブンバリバリ刈りまくり、この後どうなるか?
夜にはもはや日課となっている画像処理の勉強、教えてくれる人はいないので一人で試行錯誤、あーでもないこーでもない。
そして好きな天体螺旋星雲 NGC7293の再処理に挑んだ。↓
b0100253_20443374.jpg
名前はらせん星雲だが、前々から子の星雲は青い瞳のエリス・・いやいや青い瞳のお目目ではないかと思っていたが、処理を進めるとなおさらにそう見えてきた。
この星雲のこ何が?そうリング状の中の青い中心部が魅力的なのだ。昔トレビの泉の近くに螺旋階段を下りていくと正しくこんな感じの円い青い泉がある名所に行ったときを思い出した。それはこのように青く澄んでいた。
この星雲に吸い込まれたら別の宇宙に行けそうな気がする・・、そこが私にとって魅力なのだ。2015年秋にBKP300で撮影したもので、撮影データを生かしきれないままだった。
当時の画像がこちら↓
b0100253_20523398.jpg
星雲は良く出ているが背景のムラや、色彩の偏り、ノイズ低減が足りなかったようだ。もともとダーク、フラットとも撮影していなかったので、PScc、Lrccで調整しなおした。
このNGC7293は、星雲星団の書によるとファインダーや、小口径屈折では存在が確認できないようだと書いてあったが、そこはみずがき湖の星空、私には5センチファインダーで見えてくる。ちょっと嬉しくて謎めいて、大きくて、写りが良くて・・・、良いことだらけの星雲だ。
・・・、多分来月の半ばには梅雨が明け、乾いた高気圧に覆われた山梨県上空には満天の星空が広がるはず、そこに合わせ膝痛の治療と、リハビリで筋肉の強化をして、重たい鏡筒を扱う体力もつけようと・・、ストレッチに余念がない。


by phyton_info | 2019-06-17 21:01 | 宇宙 | Comments(0)