ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

カテゴリ:きのこ栽培( 4 )

もうすっかり秋らしい気温になっている北杜市、台風や大地震など相次ぐ災害に見舞われ大変な思いをしている人もいる。幸い今回の21号台風も少しの被害で遠ざかり、5日の夜には晴れると読んで天体撮影に臨み、夜半過ぎから何天体か撮影することが出来た。
秋と言えば地域の行事や運動会、稲刈りなどが有り、やることは相変わらず満載だ。
そんな中、散水を始めている我が家のシイタケハウスに今年初物のシイタケが出ているのを見つけた。
b0100253_15092876.jpg
今年もいよいよきのこのシーズン到来。我が家の肉厚シイタケを楽しみにしていてくれる人も多いので張り合いで管理している。今月の下旬にはビジターセンターに並ぶだろう。
今年もビジターセンターに増富のきのこ入山証を販売し始め、松茸の問い合わせなどもき始めた。き色々な味覚が円熟味を増す秋、それに誘われて食べ過ぎぬよう個人的には要注意の秋だ。

by phyton_info | 2018-09-07 15:15 | きのこ栽培 | Comments(0)
冬場はのんびりと・・なんて言っていたのはいつの事か?今から4年ほど前に家業のきのこ栽培をつぎ、今では規模を拡張し、毎日がきのこの作業で追われていた。そして先日からはついにきのこの植菌作業が始まった。
この時期に組合の一年分のきのこを植菌するので、約一か月間は納豆を断ち、しいたけ菌を植えるのだ。まだ数日ながらもすでにへとへとに疲れてしまって膝もがくがくしている。ローテーションでビジターセンターもオープンしているのでなおさらに忙しい。夜作業が終わる頃金星やシリウスを見かけると、あーっ撮りたいという衝動に駆られもするが、今はお預け、PC上で勉強のみしている。
私はどちらかというとずく無しで、農業など出来ないと思っていたし、周りもそう思っていただろうが、こんな風にいくつもの仕事を掛け持ちで長い間続けていることを自分が一番不思議に感じている。
季節は進み、日の光、風のにおいが春に近づき、星々はさらに先へと季節を進ませる。
もう始まってしまった私のオンシーズン、ビジターセンターも、きのこも星も、色々新しい企画を考えながら前に進めていこう。
by phyton_info | 2017-02-23 14:49 | きのこ栽培 | Comments(0)
きのこの城と言っても、なにも私が大儲けしてきのこ御殿を立てたという話ではない。いつものようにきのこの収穫をしているとき、まるで城群のような菌床を見つけ、おおーっと驚き撮影したものがこれ。
b0100253_214573.jpg
まるで山にきのこ型のお城がいくつも出来ているような姿でしばらく見入ってしまった。時々変わり種きのこを見つけるのは楽しみな事。まだまだ我が家のしいたけ販売中です。
by phyton_info | 2017-02-08 21:07 | きのこ栽培 | Comments(0)
天体写真のシリーズが続き、画像処理に疲れたので少し休憩、今日は変わり種のパンを紹介しよう。ご存知の通り私は実家の稼業で規模の大きいキノコ栽培もしている。若いころは農業なんて大嫌いで、まさかシイタケ栽培を引き継ぐとは夢にも思わなかったが、今となれば可愛いしいたけちゃんで、手塩にかけ肉厚特大のしいたけを栽培している。
幸いに我が家のしいたけを買ってくれる方も多く、今朝は南アルプス市のパン屋さんに納品に行ってきた。
b0100253_19404288.jpg
「パンのルーブル」さんだ。何年か前から我が家のしいたけを販売したくれたり、オリジナルのしいたけ入りパン、創作パンというのだろうか?を作り販売している。そしてそのパンを今日初めて見せてもらった、それがこちら。
b0100253_19461499.jpg
食パンの上に大きく切ったシイタケがのり、チーズなどと一緒に焼いてある。「わっ、すごーっ」て思った。珍しいし美味しいということでよく売れているとか。名前が何だったかなー?聞いたはずなのに忘れてしまった。
店頭の袋入り生シイタケを買って、ご自分で作るという方もいるそうだ。
こうして我が家のしいたけは有難いことに余ることなく売れていき、その分日々の仕事も忙しい。今ではこうしてシイタケや農業のノウハウや、機械資材を残してくれていた亡き父に感謝の日々だ。でもあまりに忙しいと好きな天文をする時間が減ってしまう。今夜も星空の下で撮るべきか寝るべきかなどと可笑しなジレンマを繰り返すのだ。
by phyton_info | 2017-02-01 19:55 | きのこ栽培 | Comments(0)