ブログトップ

みずがきの森から

phyton.exblog.jp

 山梨県北杜市須玉町   田舎暮らしのブログ

<   2017年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

今から30年前の1987年11月30日、バトミントンクラブ、そして天文の仲間数人でフィトンチッドを創業しました。山里で自然に囲まれ仕事をしていきたいと若い発想であれこれ考え、主に草木染の制作をする工房からスタートしました。
b0100253_21115349.jpg

そのころの日本はバブル景気の中にあり、作るものはどんどん売れていき、次々と新作品、新製品を考えました。
このころのニュースで覚えているのが大韓航空爆破事件、昭和天皇崩御、天安門事件など、世界は揺れ動き、そんなラジオ放送を聞きながら朝方まで制作に打ち込む日々でした。
やがて2年が過ぎたころ、江草の工房から現在の増富地区、旧冨里分校を借り受け拠点としました。
b0100253_21245153.jpg
日本はまだ好景気で、新設した染場でもっと大きなものも染め、衣類やセータ、木工品の制作、それらの体験教室、星空教室など出来ることは何でもこなしていきました。両親や友人、地元の方、役所の方など多くの方が若者の取り組む仕事に協力してくれました。このころ世界ではイラクがクエートに侵攻し、アメリカが軍事攻撃をはじめ、やがて湾岸戦争へと発展していきました。
私たちは制作を続け、多方面からの注文をこなす日々でした。
b0100253_21394261.jpg

日本の景気が怪しくなっりかけたころ、私たちは結婚し、やがて息子が誕生しました。初めての子育ては仕事どころではなく、大半をそれに費やし、蓄えもなくなっていきましたが、家でコメや野菜を作っているのが幸いし、制作を続けることが出来ました。
b0100253_22194313.jpg
やがて宇宙深くから百武すい星つづいてヘールボップすい星など大きな天象が続き、沢山の人とそれを観測しました。
b0100253_22231280.jpg
なかなか物が売れない時代でしたが、2001年全国植樹祭の記念品を受注することが出来、数万枚の白樺染の布を制作しました。
とにかく必死にもがいた時代で、数年間の記憶はあいまいです。趣旨に賛同してくれたスタッフも加わり、古い分校を修理しながら活用し、今思えば充実し楽しい日々を送っていました。
ずでにフィトンチッドには沢山の犬猫たちが住み、お客様の人気者です。子犬や子猫も沢山生まれ、フィトンチッドから新しい飼い主の元へ行くのです。癒されました。
b0100253_22301559.jpg
b0100253_22323321.jpg
フィトンチッドは当初から都会から田舎に移住すること、いわゆる田舎暮らしのお手伝いをしていて、このころに何組もの移住者があり、やりがいのあるライフワークとして積極的に関わっていました。
時代の流れでフィトンチッドにもホームページが出来、同時に当ブログ「みずがきの森から」も書き始めました。インターネットの効果に触れ、積極的にネット販売も始めました。一点物の草木染服は人気が高く、遠方からも買い求めに来てくれるようになり、日々染めやフェルトの制作に打ち込みました。
b0100253_22395578.jpg
もちろん良いことばかりではなく、大変でつらい経験も沢山しました。今となれば再び会えたら感謝を伝えたい人、お詫びをしたい人、でも私には怒りの感情はあまりなく、それが投げ出さずに長く続けてこれた一つの理由なのかとも思います。
次代はあらゆるものがデジタル化され、私も念願のデジタル一眼レフで写真を撮るようになっていました。しかし今のような天体撮影に再びのめり込むのは少し先の事です。
2008年の初夏の事、フィトンチッドの近くにあるみずがき湖畔に建つ「ビジターセンター」の管理者が公募となり、皆で話し合い応募してみることとなりました。沢山のアイディアを絞り、沢山の企画書類を作り、忙しい数か月ののち、フィトンチッドが指定管理者としてビジターセンターの管理運営をすることになりました。
b0100253_22521323.jpg
ここからは目の回るような忙しさです、経験のない大型観光施設の運営は大変で、売っても売っても出ていく経費に悲鳴を上げ、地下に電気を食う湖底人が住んでいるのかと思うほどでした。
ビジターセンターの経営はなかなか安定せず、常にピンチの状態で試行錯誤を続けます。さぞかし周りの人もハラハラしながら見ていたことでしょう。
b0100253_22562818.jpg
大変さの変わらぬまま指定管理の二期目が認定され、大変なことが当たり前で気持ちも慣れてきていました。
気が付けば私の両親も高齢で集落全体が高齢化していました。父の大変な仕事「シイタケ栽培」を継がないか?と言われ、断るわけにもいかないので無理を承知で仕事を増やしました。
b0100253_23023650.jpg
二足のわらじは心身ともにきつく、投げ出したくなるほどでしたが、いつもの事で何とかやっているうちにそれにも慣れていきました。自分でいうのもなんですが、苦労出来るだけ苦労すれば道も開けます。
経費削減と収益アップを図っていたビジターセンターに、プラスしいたけの収入も加わり、ようやくやりたい仕事の材料や、企画、宣伝も出来るようになりました。
こんな生活の中でしたが、私の魂を震わせる出来事がづぎっぎと起こります。デジタル新時代となった天文界をすこし引いてみていた私の前に、それらをひっさげた天文家が次々と現れ、当然のごとくそちらにのめり込み始め、気が付けば自ら大型望遠鏡を駆使し、天体写真を撮るという星沼にはまっていました。
b0100253_23131735.jpg
長く好きだった天体観測は楽しく、疲れていても体にムチ打ち観測に向かいました。星仲間は次第に増え、2016年には「みずがき天文愛好会」を結成し、更に天文にのめり込んでいきました。が、その頃突然父を事故で失い、悲しむ余裕もあまりないまま、一夜にして我が家の当主となってしまいました。あまりにも突然の事で、すべてが変わり、家の事、仕事、地域の事などなど、表現できないほどの多忙さとなり、そのまま二年が過ぎようとしています。喪が明け来年の年賀状のデザインを考えたり、正月の予定を組んだりしています。ビジターセンターの指定管理も9年が経過し、来年にはまた公募となります、そこをどうするか?もう少しやるのか?と色々考えるところはあります。喫茶として一時期貸していた拠点フィトンチッドも新年から私たちの管理に戻る予定で、再び草木染工房や、天文の拠点、集いの場としての機能を整備し、古いながらも頑固で懐かしい木造校舎で活動も再開するのです。二足どころか三足四足の草鞋を履いた私には、今後どんな暮らしが待っているのだろう?全力で走り続けてきたフィトンチッドの30年はまるで冒険映画のようです。色々な事が思い出される今夜、覚えていることをまとめながら、駆け抜けた日々の余韻に浸り、まだ続けられるという意欲と希望、夢も描くことが出来ます。家具工房の友人が言ってくれた「継続は力なり」の励ましに続けてきて良かったと心地よい安ど感が漂う夜となっています。
b0100253_23360696.jpg
感謝。


by phyton_info | 2017-11-29 23:37 | 暮らし | Comments(4)
先日21日夜、新しく入手したアイダスLPSD-1フィルターを試そうと撮影に臨んだ。NGC253など撮影したものの夜中に急に降ってきた雪にあたふたして撮りたかった馬頭星雲を諦めたのだ。
そんな中、馬頭を写野にとらえ試写したものが一枚だけある。
b0100253_22003542.jpg
BKP250+EOS6D、iso25600、11秒
この画像がビューされたときは驚いた、いつもと違いワンショットでいい塩梅に撮れていた。これがフィルターの効果か?試写なので良くはわからないが、今後通常露出で撮影してみたい。
b0100253_22043235.jpg
その画像を一枚物ながら調整したものがこれだ。こういう写り方をするのなら、以前の観望会でテナーさんがやっていた、天体をカメラで撮ってすぐ見せる・・。そんな使い方が出来そうだ。接眼部に近いカメラのモニターならアイピースをのぞく感じで数人で見られるから新しい観望会が出来そうだ。
・・・今日は暖かい日曜日で、ビジターセンターも賑やかだった、先日地元YBSテレビから依頼のあったみずがき天文愛好会や、ビジターセンターの様子などが明日16時頃から生放送される。良い生中継になればいいが、そうでなかったとしてもお時間ある方はテレビを付けてみて。

by phyton_info | 2017-11-26 22:11 | 宇宙 | Comments(0)
20日の夜、良く晴れていたので天体撮影をし、夜中に急に雪が降ってきた話をしたが、この夜は新しく導入したフィルターをテストするのが目的だった。撮ってだしのビュー画像が、画像処理したように写ってる感じの凄いフィルター。これで何を撮ってやろうかとまたまたノープランの私は宙を見上げてバブルを撮るか、馬頭は早い、それで南側の低空少し光害のある領域に達していたNGC253を選んだ。
くじら座βの少し下と認識していたが、自動導入ボタンを押した30センチ鏡筒は予想よりずっと低空で停止した。こんなに下だったか・・。フィルターの効果はどうだろう?とテスト撮影を始めた。
Kさんなどからフィルターを付けたら露出を長くしないと、と言われていたので露出はそのままISO感度を高くしてみた。ISO2000、360秒での画像はオーバーで白くなってしまった。さすが大口径という事か、そこでいつもより少しだけ高いISO1600で360秒の露出と決め、撮影に入った。
b0100253_2246128.jpg
長時間撮影をしたいものの、馬頭星雲も待ってるし、雲も通過するしで結局15コマの収穫となった。処理した画像を見てお分かりのように、銀河などの天体にはLPS-D1の特別な効果は見られないが、おそらく低空の光害はカットされたのだろう。何度となく仕上げたものの、拡大するとまだら模様が目立ち、どこかで強く処理をかけすぎだと思い、一手順ずつどこでこのまだら模様が発生したのかを突き止めながら再々と処理をしていた。
そして、今回はこのくらいだろうと仕上げた。
NGC253を撮り終えるころにはオリオン座も上り、今度は25cmに6Dを取り付けフィルターも装着し撮影の時を待っていた。
暖かな部屋の中で薄着になりくつろいだ、カップ焼きそばも美味かった。
このあとまさかの雪が鏡筒に積もることとなるのだ。
by phyton_info | 2017-11-23 22:54 | 宇宙 | Comments(0)
もうすぐ12月、急いで冬の準備をしなくちゃ。
いろいろ間に合ってない、星を見ていたせいで・・・? なんて言われないように急ピッチで仕事をしている。田んぼの土が凍る前に耕運するのさ、かなり遅れているので辺りにはだーれもいない。一人黙々とトラクターを運転する。
b0100253_2155327.jpg
ちゃんとやらなきゃ。
最近は星を見るために仕事しているのか、仕事するために星を見ているのか?冬とともに星に近くなっている感じがする。
空気は冷たくてほっぺが痛いよ。
by phyton_info | 2017-11-23 02:19 | 農業 | Comments(0)
おー寒っ、冷えてきたー。
前回の3時間露出したアンドロメダ、よく見なおしたらダメだこりゃ、前の50分のがいい。近いうちに処理しなおすとして、好天が続いているのに気を良くして昨夜みずがき湖での撮影をしましたよ。天気は良いけど寒くて風も強いし冬型で・・、ダウンの重ね着で臨んだのだ。何を撮るとは考えていなかったけど、実はアイダスLPS-D1というフィルターを購入し、それを試すのが主な目的。愛好会のKさんが使っていて、モニターに上がる画像はすでに処理済み?なんて勘違いするほどのコントラストとカラーをしていたのを見て、こっそり買ってしまったのだ。
・・・観測所を開けるころ宙を見ると満天の星空、出来ればBKP250に6Dで馬頭星雲をねらいたいと思っていたが、まだ時間も早く今のうちに南の天体を撮っておこうとNGC253を選び撮影をしていた。一旦撮りり終えて部屋で休憩しカップ焼きそばを食べたのが午前1時過ぎ、外は少し曇っていて風も吹いているようだったが気にしないで休んでいた。
そして午前2時、テラスに出てみると・・・、まじっ?雪降ってるじゃん、しかも白くなってる。
慌てふためく私、手当たり次第にシートをかぶせた。
b0100253_20405575.jpg
冬型が強まり山越えの雪が一気に降っていたのだ。望遠鏡はご覧のあり様、壊れてないだろうか?
朝まで晴れると思っていた私はこの事態にもめげす、GPVで午前3時には再び星空になるから、そしたら馬頭の続きをなんて目論んだが、ここで体がタイムアウト。眠くて仕方ない、片付けるのも嫌だが気力で店じまいし寝ることにした。黒い鏡筒に白い雪はとても強いコントラストだった。
by phyton_info | 2017-11-21 20:46 | 宇宙 | Comments(0)
15日の夜、久しぶりに天体撮影が出来ると喜んで開けた観測所。ホームセンターで買ってきたハロゲンランプを照らしながら望遠鏡のセットに入った。
前回のライトダウン観望会で接眼部のセッティングなど変えていたので、全体のバランスを撮り直し、コマこれなどをセットした。およその準備は出来たものの撮影計画がノープランだったので星空を見上げてあれこれ天体を想像し、ちょうど天頂に差し掛かるアンドロメダをたっぷり露出で撮ってみようと決めた。
極軸がやや心配だったが、合わせなおす気力が無かったので、そのままテスト撮影に入った。少し前にオートガイド化したEM200Bはなかなか安定したガイドを見せ、この夜の強風にも耐え順調に本撮影にと移行した。
1000㎜の鏡筒にEOS6Dはアンドロメダにはちょうど良く、画角いっぱいにその姿が浮かぶ予定だ。
タイマーリモコンは360秒の30コマを設定。上手くいけば3時間の露出が出来ることになる。あれもこれも撮りたい私にはとても長い露出だ。
PHDガイディングは安定したグラフを刻み、次々と撮影していく。これを見て安心し、最後までモニターに上がる画像をチェックせず30コマを撮り終えた。
b0100253_1412440.jpg
BKP250、EOS6Diso1250,360s×30コマ 、ステライメージ8にて処理。           翌々日になりいよいよ画像処理を始めた、ステイメ8に30コマを取り入れスタックするとすべての画像が採用?され、やはりガイドの安定さが証明された。
ただ、困ったことにダークは沢山あるものの、フラットが何処かに行ってしまい、一枚しか使えなかったのが心残りだ。
整理の悪い私はダークやフラットが、どれがどの鏡筒か、またカメラかが分かりづらくこんなことになるのだ。しかし3時間の画像は下手くそな画像処理にも耐え、あまり崩れることなく最後まで進んだ。色合いなのだが、今までいろいろ撮影してきて、銀河はバルジがややオレンジっぽく周辺の腕部は青っぽくなんて感じていたのでこのように仕上げた。
皆の大作には及ばないが、ようやくたっぷり露出のアンドロメダが撮れたことが嬉しかった。
by phyton_info | 2017-11-19 14:12 | 宇宙 | Comments(1)
いつもの年より忙しい今年の紅葉時期だったが、ようやく葉も落ち始め訪れる人も減ってきた。皆が言うように今年は春からずーっと天気が悪く、10月には立て続けに二つの台風が来たりと、天文ファンの方もあきらめムードとなっていたと思う。
そしてみずがき湖が紅葉のピークを迎えた今月初め頃からようやく天気が安定し、ビジターセンターでもライトダウン観望会などが出来た。
そろそろ私も星モードになろうかと、二階の観測所を開けると木の葉やらほこりやらが積もり、長いブランクを感じた。
そして機が熟したのは先日15日だ、朝から天気が良くその夜の星空を予感させる青空だった。必ず来るだろうKさんに頼まれていた我が家の新米も慌てて精米し、その時に備えた。
一旦自宅に帰りみずがき湖に戻ってきたのが20時、駐車時用にはKさん、ももんがさん、SKちゃんなどもすでにセッティングしていた。
私も色々なテストをしながら撮影しようと久しぶりの天文道具を運びだし準備を急いだ。
天気は安定していて抜群の星空が広がっている、久しぶりの撮影で何の計画もしていなかったので空を見上げてアンドロメダから撮り始めた。
たっぷりアンドロメダに露出した後、一度撮影してみたかったカタツムリ星雲に30センチの鏡筒を向けた。
ガイドが暴れるも我慢のひと時・・・。
b0100253_1316416.jpg
モニターに青く淡い星雲が浮かんだ。案外大きなカタツムリは青い星雲部と暗黒帯、恒星などでその形を成していてとても神秘的に感じた。淡いのでかなり持ち上げなければカタツムリにならないだろうと予測が出来た。
BKP300+EOS6D、iso1600にて360秒×12コマ。少しトリミング。
もっとたっぷりと時間をかけたかったが疲れもたまっていて12コマで終了とした。撮影の合間には駐車場に降りていき天文の仲間と楽しく話をした。
肝心の冷却CMOSは、BKPに接続しピントが出ることを確認したが、撮影ソフトがよくわからず写真というものにはならなかった。今後も勉強だ。
今回のカタツムリ星雲の近くにはクリスマスツリー星雲やコーン星雲もあり賑やかな領域らしいことは聞いていたが私にとっては未知の領域、今回を機に面白い形の淡い星雲を撮影していきたい。
by phyton_info | 2017-11-17 13:35 | 宇宙 | Comments(0)
まだまだ紅葉のお客さんの多いみずがき湖です。夜になり寒くなっていますが、夜空にはフォーマルハウトやくじら座そしてすばるも見えていました。
いよいよ明日夜はライトダウン山梨に協賛の星空観望会が開かれます。心配したお天気ですが、予報は晴れです。ただ風が強いようで夜にはかなりの冷え込みとなります。お越しの皆さんは真冬の服装で来てください。
明日は18時頃からビジターセンター一階で受付をします。その後二階の観測所に上がり、夏秋の星座解説や大型望遠鏡による天体観測を行います。
見えそうな天体、例えばアンドロメダ大銀河やすばる、機材の調子が良ければ遥かかなたの惑星、天王星なども観測できるかと思います。
夜には甲府市を中心とした地域で街の明かりが消えてきますのでいつもになく素晴らしい星空が見られると思います。
道路状況は凍結などは全くありませんが夜道ですのでくれぐれも安全運転をお願いします。観望会への参加は無料です。
ビジターセンターにはきのこやお土産を販売していて、夜の初めの方ではお店での買い物もできます。
観望会への持ち物は防寒着、手袋、マフラーなど、懐中電灯、お持ちの方は星座早見盤などお持ちいただいてもいいです。
では、明日の夜、満天の星空のもとでお会いしましょう。
by phyton_info | 2017-11-10 20:38 | お知らせ | Comments(0)
ご存知の通り紅葉の忙しさでPCも開けない日々が続いていた。今月上旬の三連休には体がおかしくなりそうな忙しさで、そこにきのこの最盛期も重なった。どーなるのかと思ったよ・・・。
そして今日は9日、まだ忙しいながらも少しは落ち着き、昼ご飯を食べることが出来るようになった。
ほこりをかぶってしまったカメラを取り出したのは昨日、どんより曇ったみずがき湖畔に一瞬だけ写真を撮りに行った。
晴れの紅葉も好きだが、どちらかというと曇ったり雨上がりの方が水鏡となるのでそんな時に好んで写真も撮っている。
b0100253_14173896.jpg
みずがき湖の紅葉は深い色へと進み、見ごたえがある。まだまだ来週も行けそうだ、そのころには大好きな12分の紅葉が見られそう。切なくも美しい12分の紅葉だ。
ピークから折り返そうとしているみずがき湖の紅葉、次第に移ろう景色がようやくここに来て意識できるようになった。
天気も晴れたり曇ったりの予報、色々な天気の時に見てみるのがお勧め。きのこ汁、甘酒も人気だよ。
by phyton_info | 2017-11-09 14:22 | 自然 | Comments(0)